月別アーカイブ / 2010年05月

俺はよく、肉を食べます。
 
 
牛も豚も、、、まぁ鶏も、たまに魚も。
 
 
そんな俺にとって、、、
いや、俺に限らないことだけれども、
最近ニュースになっている宮崎県で多発している口蹄疫に関しては
とても関心の深い事柄だと思います。
 
かく言う俺も、このニュースに関して、かなり疎いです。
きっと、知らない人も多いでしょう。
 
人への害は、ほぼ無いといわれていますが、
家畜間では広まり易い伝染病で、
16日の段階で、殺処分の対象となる牛や豚は
累計8万頭を越したそうです。。。
 
数字を見てもわかるように、コレは物凄いことです。
 
もちろん畜産業をしている人にとっては気が気で無い、、、
むしろ、そんな言葉さえもチープであろうニュースですが、
消費者側からしても、考えるまでもなく問題ですね。
 
 
何が出来るってほどのことじゃないですが、
支援運動が行われているので、下記にて紹介しておきますね。
 
 
----------------------------
 
義援金は、県共同募金会と協力して実施。
県庁本館やみやざき物産館など5カ所と、同会に設置された。
今後、県内の26市町村にも設置していく。
7月30日まで募り、畜産農家への見舞金とする。
 
■義援金の問い合わせ…福祉保健課(0985・26・7075)
 
 
「ふるさと納税」(1口5000円以上)を利用した申し込みが急増している。
県財政課によると、寄付金の使い道に「口蹄疫対策」と書かれたものが多く、
今月7日からの1週間で1600件以上になった(09年度は16件)。
9割が県外からだという。
  
■ふるさと納税…財政課(0985・26・7014)。
 
 


先日、カニの身をほぐしたアレを頂きまして、 
ご飯にアレして食べました。
 
 
100514.jpg
 
 
調味酢がついてたんですが、
酢が好きでないので、
ご飯に醤油を混ぜて炊いて、それにアレして食べました。
 
非常に美味しく頂きました。
 
 
 
ところで、
昨日は17日のライブに向けてのリハでした。
 
約1ヶ月ぶりに爆音の中でギターを弾き、
歌を歌ったので、非常に疲れました。
 
で、夕方少し居眠りしてしまって、
その後眠れず、こんな時間から眠ることになってしまった、と。
 
ライブの日は、少しはマシな生活リズムに戻しておきたいですな。。。
 
では、わっしみなさい!
 
 

さて、寝ます。
 
 
今日も僕の知識や感性はマンガで成長しました。
(マンガを3冊読みました)
 
最近、apple含め様々なメーカーやメディアが
マンガ等での物事の表現への規制について論議しています。
 
マンガやゲームの世界での表現に規制は必要かもしれないけれど、
必要以上の規制をして表現の自由を殺し、
仮想世界の面白みが半減してしまわないことを願います。
 
 
だいいち、昔からマンガも映画もドラマもゲームも、その他も
結構エグい表現してたと思うのだが?
 
 
専門学生の時、800人の生徒の前で校長に
 
「アナタは普段、どんな本を読んでいますか?」
 
と、生徒を代表して俺が質問されて
 
「専らマンガです」
 
と答えた。
 
 
すると校長に
 
「マンガなんか読んでも馬鹿になるだけです、もっとためになる本を読まないと」
 
とマイクを通して言われたので、逆にバカにしてやりました。
何故なら、その数日前に、
受験時のテストの点数が良かった者の上位数名を呼び出し、
2年制から4年制に編入しないか?という講義(?)に俺は呼び出されていたから。
 
別にソレがどうとも思っていなかったし、
4年制に編入もしなかった俺ではあったのだが、
少なくとも何日か前に優等生扱いした者に向かって、
「マンガなんて読んでも無駄」なんて言ってるコノ人は何なんだ、と思ったので。
 
 
勿論、マンガに限らず、色々なメディアにおいて
規制はあるべきだろうと思うのですが、
まず規制を外側が固める以前に、作者が良識内で考えるべきかと。
そして、それを編集やA&R等の周囲の人間が校正すべきと思うのです。
 
 
作品が受け手に影響を大きく与えるのは承知のことですが、
その作品を生んでいる人も、きっと日常の何かから影響を受けています。
 
そう考えていくと、改めるべき風潮はもっと別のところにあるんじゃないか?
少なくとも俺はデビルマンを読んで
「よっしゃ暴力賛成!殺せ、殺せ!!」
なんて気分になったことは無いけど、やはり描写は秀逸だと思うのです。
 
だから何をどう改めるのが先決だ!
とか、そういう具体案のない俺がとやかく言うことではないのかもしれないが、
アーティストが表現に対して窮屈になっていくのって、
正直あまり面白いことではないな…と感じながら
昨今のニュース記事に目を通している俺でした。
 
 
わっしみ。
 
 

↑このページのトップへ