月別アーカイブ / 2009年06月


昨夜は結局ブログを書き終えたちょっと後ぐらいに、
昔、俺のマネージャーをしていた、現某バンドのマネージャーから久々に電話があり、
朝方まで色々について話していたので、寝たのは結局6時頃だった(笑)
 
で、今日は午前からHEROの打ち合わせをしてきた。
 
090625.jpg
 
これは打ち合わせの間、俺が飲んでたジュース。。。
 
ストロベリージュースなんだが…
底に苺の種が沈みまくってて気持ち悪かった。
 
でも、ゴマだと思えば全然平気!!!

、、、なワケなく、余計に気持ち悪かった。
 
苺とかキウィとか、種多すぎ!!
 
 
てな感じで、その後は別件の打ち合わせをし、
これからまた別の作業をします。
 
 
道中で『ギンギョウサン』とか言う漢方薬を買った。
薬局で薬剤師に相談してコレを勧められたんだが、、、
ホンマに効くのかな??
 
ちなみに難しい字やったから、とりあえず片仮名にしといた。
 
「コシ」とか「シコシコ」とかも、もしかしたら漢字が難しいのかな?
 
みたいな。
 
 


喉の違和感が日増しに酷くなっていく。。。
 
 
さて、今日は新システムのテストも兼ねてRecしてみた。
いろんなパターンの音色を試してみたが、
やはり今のシステムの方が良い。
いいことだ。
 
一生懸命ギター弾いてたら逹瑯から電話が鳴って、
魚群(seekのイベント)に声での出演を強要された…。
 
て言うか昨日seekから誘われて行かれへんって返事して、
今朝、逹瑯から電話あって行かれへんって言って、
夕方、小夜からメール来て無理やって返信してんけど…
仲間内での会話無いんかな?
逆に心配なってくるわ。。。
てか、なんでaieは誘ってくれへんのやろ…。
俺が過去に何度か間違い電話したからかな…?
(あ行で一番最初にメモリーされてるから、勝手に鳴らしてしまったことが数回…)
 
ちなみに準備の良い俺は、今日のイベントに行けないとわかっていた為、
事前にイベントの質問コーナー宛にメールを送っていたんだが(笑)、
それも無事に読んでもらえたようで良かった。
問題は質問の答えを俺が聞けてないっていう意味のなさやな。。。
 
 
さて、あまりに喉に違和感があって喋るのも辛いし、
むしろ何もしてなくても辛いので薬飲んで寝よ。。。
 
って言っても何の薬飲んだらいいか全然わからんけど…。
 
 
関係ないけど、このラーメン、、、なんかムカつく(笑)
 
090624.jpg
 
プロやのに、こんなん使うなよ!
っていう最初に思う部分も当然ムカつくんだが、
よくよく読んでみると
「コシ」「シコシコ」と「コ」と「シ」の片仮名使い過ぎやろ!!
っていうね。。。
 
どうでもいいよね、こんな話。
 
 


5月の中頃にブログに書いたように
ウチのスタジオのキューシステムを変更したのです。
実際に購入したのは随分前なんですが、5月まで倉庫で眠ってました。
 
これが以前使ってたもの。
 
090623furman.jpg
 
FURMANのコレはLANで接続するタイプのもので、
プロジェクトスタジオなどでは最近結構お目にかかるものです。
 
使い勝手が良く、コストパフォーマン高し。
ってことでコレを購入して使用してました。
て言うか、コレ以外のキューシステムってのが高価過ぎたり、
電気系統がややこしく、専用電源が必要だったりで
なかなか導入しにくいものだったりするのです。
 
 
が、5月に設置したものを
この度、エンジニアの太田氏の協力の元、
ケーブルを数種用意してもらって、ついに使用可能にしてみました。
 
コレ。
 
090623cue.jpg
 
…。
見た目的にはこっちの方が古くて汚いし、新アイテム感無いですが、
実際に音を聞き比べてみたところ、
コイツのほうがアタックが前にあって反応が早い。
しかも、音も太いので、今までより格段に使い易いと個人的に思ったわけです。
その分、取りようによってはピーキーな気もするけれど、
それはヘッドフォンの問題もあると思うので(ベタにMDR-CD900STを使ったので)
TPOに応じてそっち側でコントロールすれば良いかな、という感じでした。
なので本格的に導入を決定!
 
演者にもよると思うのですが、このアタック感ってのがかなり重要で
これによってプレイのタイミングが大きく変わるのです。
試しに少しギターRecしてみましたが、
今までより頭でイメージしているプレイを再現するのが楽になったので
作業効率も増したんじゃないかな、って感じでした。
 
 
てな感じで今日はライブに誘われましたが、地味に忙しいので行けまへん。
 
最近、ずっと喉がおかしくてイガイガしてます。。。
咳も出るし、何なんだコレはー!?!?
 
 
 
いったい、、、
 
 
 
何なんだー♪
 
 

↑このページのトップへ