月別アーカイブ / 2008年07月

 
ノートPCの温度が異常なんじゃないの!?
って思っている善徳です、ラリホー。
 
さて、今日は昼間から打ち合わせをして、
夕方はミサと高円寺20000Vというライブハウスに行き、
『下心』のライブを見てきたわけだ。
 
客席はローションと生クリームに塗れて、それはそれは悲惨な状態だった(笑)
が、とても楽しいライブだった。
普通に爆笑してしまったしね。
今度メンバー連れてゆっくり食事でもしようかな。
 
 
夜はムックのてつろーだっけ?
あ、それは銀河鉄道999か。
もとい、逹瑯とYUKKEと俺の三人で食事をしました。
  
電話で各々の居場所を伝え合いつつも、
『道端で偶然遭遇した』という設定で物事を進めて合流し
「善徳君と言えば、やっぱ肉っしょ!」
とか根も葉もないワケのわからんことを言われて焼肉屋に連れ込まれました…。
 
とりあえず3時間半?4時間程は店に居たと思うんですが、
ほとんど逹瑯で会話してました。 
そういやYUKKEがユッケ食べてた(笑)
あと俺に
「ほら、善徳君、ユッケ!」
って薦めてた(笑)
他の何が出て来ても薦めて来なかったのに…今考えたら何やったんやアレ(笑)
そんなYUKKEがこの日一番よく口にした言葉は
「梅酒」
じゃないかな、多分。
 
まぁ、そんな感じで(?)俺が酒を飲んでるわけでもないのに愚痴愚痴と話し、
そのテーマに乗っ取って話を進めて頂いて誠に有り難うございます的な。
 
彼らは明日も朝から忙しいらしいので、早めに切り上げました。
ま、俺は明日もたいしたことないんですけどね。
  
080722.jpg
 
写真は俺と逹瑯の足。
多分、近々また会います。
 
 

 
そんでもって帰宅後は『F』の続きを読みました。
昨日買って帰ってから昼の打ち合わせまでずっと読んでたんだが、
全28巻中、25巻までしか読めていなかったので、残りの数冊を読みました。
 
ところどころジョーを思わせるような展開がありつつ、
兎に角面白かった。
何度も心が震えたね。
名作だ。
 
このブログ読んでる男性で、このマンガを読んだことない人には読んでもらいたいな。
女性は、、、まぁ読んでもらいたいがオススメは特にしないかな(笑)
 
例えば『ガンダム』が「ロボットアニメだから…」なんて理由で
女性からを主に、そういうのを嫌う人に避けられがちなのと似たような感じで、
「レースマンガだから」とか「モータースポーツに興味が無いから」とか、
偏見によって避けられることも多いマンガだろうと思うんだけれど、
まさに『ガンダム』がただのロボットアニメでは無いのと同じく、
『あしたのジョー』がただのボクシングマンガでは無いのと同じく、
この作品も、きっとモータスポーツが舞台なだけの、もっと違うことが書かれたマンガだと思う。
 
命と呼ばれる火を燃やし、
誰しもの前にある壁とどう向き合い、
どう足掻き、どう生きて、どう越えるか、そんな話。
 
 
色々気になったので、参考程度にwikipediaで調べてみた。
 
『F』というタイトルは、察し易いように「Formula」の頭文字でもあるが、同時に
「Family」や「Father」の頭文字からも選ばれているらしい。
読んで納得の内容である。
 
080722F.jpg
 
そして作者は俺と同じ、大阪府八尾市の出身らしい。
 
人間、背負う業は違えど、
所詮は誤差でしかなく、
似ているのかもしれないな。
 
車だとか、楽器だとか、そんなことは関係なくて
人生のレースにおいてステアリングをどう回すか、
どうアクセルを踏み、どうブレーキを踏むか、
ほんの少しの差が人と人の運命を細かく分岐させていくんだ。
 
 


この夜の鈴鹿サーキットの描写が…
 
080721suzukanight.jpg
 
1ページめくると
 
080721suzukaday.jpg
 
昼の鈴鹿サーキットになります。
 
こういう劇的な描写があると、マンガ読んでて興奮が高まりますね。
 


頭が痛い。
 
今日は急遽オフになりました。
ま、家で仕事してたから完全なオフって気はしないけど。
 
夕方、散歩してたら公園に猫が居て
その猫に向かって石を結構な勢いで投げている不埒な男がいたので
今度は俺がそいつに石を投げておきました。
 
「お前の体のサイズからしたら、もっとデカい石がもっと速いスピードで飛んできたわけやぞ。」
 
と言ったら、ブツクサ言いながら彼女と鬱陶しそうな顔してどっか行きました。
アレですね、ウルトラマン。
正義を気取ってるけど建物を破壊しまくってるぜ!とか子供がツッコミを入れる感じ。
俺が猫に対していい奴っぽいけど、だからってそいつに石投げたらアカンよね(笑)
  
その直後、公園に遊びに来ていた親子(父と子)が砂場にいたんですが
子供が父親に砂を手で掴んで投げつけてました。
親は夏ゆえに汗ばんだ肌に砂を投げかけられ、砂まみれになって悲惨な感じでした。
子供も大人も、経験から色んなことを学んでいくしかないんですね。
 
 
その後は食事を適当に済ませ、本屋に行きました。
 
080720.jpg
 
『F』の全巻セット買っちゃったよね(笑)
1巻から読んでます。
 
 
全然関係ない話ですが、
先日のライブでギター弾いてくれたヨウジ君が今日は誕生日でした!
さっき「おめ!」ってメールしておきました(笑)
 

↑このページのトップへ