月別アーカイブ / 2008年07月

 
自分で忘れるほどなんだが、南無の旗に合わせて髪を染めて、赤と黒にした。
どうせすぐ黒に戻すやろうけど(笑)
 
あと、MCで言い忘れてたことがあって、
悔やんでも悔やみきれないんだが…
 
 
 

 
 
 
「竹チャン、誕生日おめでとう!!!!!!!」 
 
 


ただいま。
南無の日 GIG「NUM」に来てくれたミンナ、本当に有難う。
 
兎に角、本当にミンナのお陰でやりきれた一日でした。
 
 
 
実は4日と5日の体調の悪さは尋常じゃなくて、
病院も数軒行ったし、頭痛で横が向けなかったり、
会話の中でうなづくだけでも痛い状態だったんですが、
ライブ始まってしまうと案外関係ないもんですね。
 
何よりも観る側には確実に関係のないことなので、全力で演るのみなわけで。
 
薬を飲んだりで、汗が尋常じゃなかったけど、
って言うか、薬に関係なく会場の温度が異常だったと思うけど(笑)、
29曲だったかな?を会場を使って良い時間を軽くオーバーして披露させて頂きました。
 
会場の方々には迷惑をかけてしまったかもしれないけれど、
集まってくれたミンナが楽しんでくれたなら嬉しいです。
 
制作チームが会場の方に怒鳴られたりしたようですが、
俺のワガママの為に頭を下げてくれる人が居るなんて、本当に幸せなことです。
最近、あまりこういうのが無かったので
改めて自分は人に恵まれている人生だな、と思いました。
 
 
 
ステージには、今までやっていなかった試みで、
ドロップを背負ってのライブを希望してみまして、
デザインは例の待ち受けにして来るように言ったものだったのですが…
 
numtaizo.jpg
 
画像は泰造の日記からパクってきたわけですが(笑)
これを作るのにもスタッフの協力があったのは言うまでもないわけで、
さらには当日のリハの直後に俺が
「せっかくこういうデザインの旗とかあるんで、こういう照明でスタートして欲しい」
などと、ギリギリになって言い出したことまで叶えていただいたり、
NEXT GIGの発表の映像の投影なども協力して頂けたり、
色々嬉しかったです。
 
 
ライブ自体もとても楽しかったです。
 
楽しいって漠然とした表現で、曖昧な感じかもしれないけれど
でも、そうしか表現出来ないことってあるでしょ?
 
 
たださ、一言で「楽しい」なんて言うと胡散臭いかなとも思うこともあります。
何故かと言うと、俺がMCの中で
「お前ら、空気読めよ!」
とか冗談で言ってるのは置いといて(笑)
実際に『おいおい、、、空気読めって…』みたいな瞬間があって、
今日のライブだとソレはほんの一瞬の出来事だったのかもしれないけれど
そういう瞬間が無いわけではないから、偏に「楽しかった」なんて言うと
適当におべんちゃら言ってんじゃねー!とか思われることもあるかもな、って
そんな風に思うこともあるんです。
最近だと、アレはいつだったかな…
どこかでイベントライブの時もそういう瞬間があったな。
ま、本当に些細なことであって、何がどうってことじゃないんだけども。
 
完璧な空間って、そんなに簡単に存在しないと思う。
完璧を目指すこと自体がナンセンスなことも多いと思う。
でもさ、せめて俺のライブぐらい
俺が「最高ー!」と思える時間の連鎖が奇跡的に続いて欲しい。
だって、そうじゃないと集まっているミンナに
「最高」と思わせられなくなるかもしれないでしょ?
それでなくても上記みたいに、完璧なんて存在しないのにさ。
 
 
俺は短気なところがあるから、
スタッフ、メンバー、なんだかんだに時折キレることがある。
でも、最初にも書いたみたいにミンナが居てくれて良かったって思ってる。
全員好きで仕方ない。
 
集まってくれているミンナのことも勿論そうで、
はっきり言ってヤバいくらい好きで困ってる。。。
キモイぐらい好きで(笑)何なんだ俺は!って思うこともある。
 
初のワンマンGIGを代官山UNITで2006年の5月に行った時に感じたことがあって、
それから俺の感覚は、ある意味で偏ってしまったと思っていて、、、
ちょっと前のブログにも書いたけど、愛されたくて愛されたくてヤバくなってしまった。
全員に愛されたくてさー(笑)
あの日のステージって多分一生忘れないだろうな…。
もし二度と音楽なんてやらねぇ!って人生になっても、多分アレを越す幸せは無いと思ってる。
 
でも唯一、音楽に関わっていたら、あの瞬間より幸せな時が来るんじゃないかなって信じてる。
 
俺はワガママな人なので、こういう発言をする度に色んな人に
「愛されてるじゃん!」
「ワガママだよ!」
「贅沢だ!」
的なことを言われるわけですが(笑)
それの何が悪いねん!と。
真面目にそう思ってる。
 
 
多分、色んな幸せを経験してきたし、
今日が最高だ!ってライブの度に何度も思ってきたし、
まさにさっきまでだって、そう言う空間の中に居たんだけども
人間は悲しいかな色々なことを忘れていくもんで、
俺だってそうで、
その瞬間、それが全てだ!って感じているような事柄でさえも、
時間の中で風化して、分厚いノートの1ページや1行になっていくんだ。
もしかしたら、無くなって消えてしまうこともたくさんあるのかもね。
 
だからこそ、色濃く、消えない、色褪せることのない思い出を、
出来る事なら「幸せな思い出」を、
俺に下さい。
 
俺は、ミンナにあげられるように努力はします。
努力しか出来なくてゴメンなさい。
もしかしたら、その行動の中で幸せを失ってしまう人もいるかもしれないし、
絶対的なことなんて、あまりにも宇宙規模で無いに等しいことなんだろうけど、
今は凄く自分の欲求に対して貪欲になりたい気分なので、
それによって満たされる自分が居れば、きっとそのエネルギーをどこかに還元して、
その先に今よりも、むしろ今までのどの瞬間よりも幸せな瞬間を
きっとコレを読んでいるアナタ方1人1人に感じてもらえるように出来ると信じたいです。
  
 
ま、何が言いたいのかわからん人が大半かも知れないけど
俺は未来に読み返しても今日の記憶は無くなっていないだろうから、
いつだってこの日の気持ちを思い出せるであろうように記したつもりでいる。
 
 
変な話、今日はライブ中に暴言も吐いたし、
スタッフにもキレたし、久々に野生に帰ったと言うか(笑)、
懐かしいな!って思った人ももしかしたら居たかもな、みたいな
兎に角「あぁそう言えばこうだよな」的な感覚になれた日でした。
こういう気持ちになれて良かったな、って思ってます。
 
 
080706.jpg
  
 
写真はステージに出る直前の俺とメンバーです。
この時、すでにSEは鳴り始めています(笑)
 
俺はバンド形態で活動しているけど、バンドではありません。
そういうのって不思議なもんで、でも当たり前でもあって、、、
バンドはバンドの組み方があると思うし(俺はそう思う)
俺みたいな活動は、またソレとは別だと思っています。
 
いい意味でも悪い意味でも、この面子でバンドっぽくなっているので
なんかもっと初心に返って本能を開花させたいです。
決してフリダシに戻るわけではなく、初心で今を生きたいです。
 
 
先述のようにミンナ大好きです。
だからこそ頭がおかしくなりそうな時もあります(笑)
 
 

↑このページのトップへ