月別アーカイブ / 2008年06月


仕事が溜まって尋常じゃない。。。
 
080617.jpg
 
とりあえず今日は徹夜でアレンジ作業をする。
明日は夜から外出せなアカンから、それまでに作曲もする。
少なくとも曲の母体になるとこまでは作る。
形にしっかりなったら追って物事を発表するよ。
何度も言うけど、自分が演奏する曲じゃないけどね。
 
 

そんなこんなで、
GIG「The BENDS.」から一ヶ月が過ぎたわけやけど、、、
なんか妙に時間の流れが早いな。
困った。。。
 
とりあえずfe-pipe.comにも書いたけど、真面目にスタッフ募集しよ。
完全に受け身の仕事しかやってへん。
仕事に限らずプロモーションも完全受け身。
ここ一年程、こっちから取りにいった仕事ゼロ。
こりゃアカン。。。
 
とりあえず実家に帰る予定も帰れず、
北海道に行く予定も行けず、、、
 
スケジュール通りに作業はまったく進行せず、
まさに5/18以降は5月病だったのかもしれないな。
 
080617sche.jpg
 
希望としては、この夏のハンパ無いプロデュースの量をそつなくこなし、
いくつか話を振ってもらっている作曲とかの仕事も、今までとは違ってきちんと完成させ、
あわよくば秋頃には自分で演る曲も書いて録音とかして、
これまたあわよくば冬にはリリースしたい気分だ。
 
以前書いたけど、俺の活動は今3年目に入ったわけで。
「3年目って凄く大事!」
とか言っておきながら今年はツアーしないとか言ってる意味不明人間なわけで(笑)
2009年は、その事も踏まえてギャンブル連続の年にしようと思っていて、
何度か話している「野望?」的なものを、そろそろ実行にうつそうと思っていて、
誰に話しても正直無謀としか言ってくれないことだが、
そんなことは自分でも承知しつつ、でも男は常に足し算のみってことで(笑)
ミサには去年から既に「早く実行せな、どんどん無理なるでー」って言われてたし(笑)
 
まぁ、そんなことはいいや。
とりあえず今は目の前の事柄をキッチリを乗り越そう。
殆ど受け身だろうが何だろうが、努力で目標を引き寄せよう。
 
fe-pipe.comの資料館の更新ついでに過去の自分の言葉を読んで
以前よりも歌うこと自体に楽しさも意味も感じるようになってるなーなんて思ったわけで。
 
肯定も否定も様々で、ワケのわからん要求や憶測だってあるし、
色々なエゴや私利私欲、各々の感情が世界中に、もちろん俺の周りにも渦巻いているけれど
今は今で幸せに違いない。
性格上、毎日毎日考え事ばっかりしてヤバい日もたくさんあるけど、
それでも時間は容赦ないし、それこそ砂に書いた文字が波に飲まれるみたいなもんで、
移ろい行く他人の心を俺がどうこう出来るわけじゃない。
でも?だからこそ?俺は俺らしく頑張ろう。
世の中には色んな努力家がいるだろうけど、そんなことどうでも良くて俺なりに。
 
目標を定めた。
念ずれば通ず。
もし叶わぬ夢でも、ソレはソレ。
誰が嘲笑っても、俺が認められる俺であろう。
 
 

 


どうも、善徳です。
今日も暑かったなぁ…。
 
さて、そんなわけで(?)夕方から整体だけ整骨だか何だかに行きました。
背中/首/顔の骨格の矯正をしてきたのですが、
 
ゴキッ!!!ギヂギヂッ!!!
 
など、聞いたことも無いような音がたくさん鳴りました。。。
また一週間後くらいに行くと良いらしいです。
まぁ、自分でも首とか顔とか歪んできてるな?と思ってたんですが、
整体師が触って、的確に言い当ててくれると何だか信用出来ていいですね。
 
ちなみにネットで色々調べて、比較的事務所から近いところに行ってみたんですが、
近所に猫がいました。
 
しかも犬もいました(笑)
 
 
犬は俺を気にしてプルプル震えてました(吠えるのを我慢してる感じ)。
 
猫はその犬を気にしてました(笑) 
 
 
080616.jpg
 
 
整体の後は、昨日失敗に終わった振り込みをし(昨日はUFJ休みやった…)
事務所まで移動している途中でお腹が空いたので、
人生初の独り焼肉をしてきました!!
 
以前から仲良くしている焼肉屋のオーナーに、
独りで焼肉を食べる時は、こう食べろ!こう注文しろ!ってのを教わっていたので
それに応用を加えた感じの注文をし、
独りだったので2000円程度で満腹になりました。
ちょっと贅沢っちゃ贅沢やけど、ファミレスとかでステーキ食べるのと変わらんし、
むしろかなり美味しくお得な気分になれました。
(寄った店が美味しかった、ってのも大きく作用してるだろうけど)
 
で、すったもんだありつつも(?)事務所に向かい、
なんだかんだと仕事したわけであります。
 
 
ところで、昨日のブログに書いたPTSD患者さんの件の続報(?)ですが、
今日は、その主治医さんからファンメールが届きました。
 
要約すると、その患者さんがCDを持ってきたときのことと、
それを聴いての感想と、それ以降に患者さんが前向きに生きるようになったことと、
他の患者さんにも聴いてみてもらったところ、
 
「先生、本当はまだ話せてなかった事があって…」
 
と、今まで話せなかったことなど心をより開いてくれる患者さんが多くなり、
自傷行為をしてしまう患者さんが、ここ1ヶ月程でかなり減少したこと、
今後も自分が診察に入る際には院内BGMに使用して良いか?
等といった事が書かれていました。
 
 
俺は、勿論のことかもしれないけど、
「そういう力がこもったCDだぜぇ!!!」
なんて思って作り出したわけではないんだが、
結果、こうやって聴いてくれる人の力になるっていうのは、
作品を産み出したことを肯定されたようで、率直に嬉しいね。
 
他にも色々な意見とか、感謝の言葉が届けられて、
あぁ、本当に良かったなー。
心を曝け出して作ったCDが、こんなに人々の中に入り込んでいるってことは
本当に幸せなことだな…と実感してます。
 
音楽ってものは、音の羅列でしかないわけで(無論リズムとかも存在するけど)、
それだけでは大して意味のないものなのに、
人の心に入り込んで、消化されて、そうすると凄く意味のあるものになる。
コレって何か凄いことやんね?
 
 
上手く言えないけど、音楽ってものを改めて見つめ直したわけです。
 
 


すき焼きの季節ですね。
 
080615.jpg
 
さっき、あまりにも美味そうな食べ物がたくさん載ってたので買ってしまいました(笑)
 
鰻/トンカツ/すき焼き/寿司/etc...
どれも非常に美味しそうだったなぁ…(゜ー,゜*)
 
最近、例のトンカツ食べてないな。
久々に行きたいとこやな!
 
 
さて、そんなこんなで、本日は
「鉄ぱいぷレーベル」のサイトを久々に更新しました(笑)
リンクから覗けるんで、気がむいたら見て下さい。
最近、あまり雑誌とかメディアに出てないんで、写真多めに載せてます。
 
 
しかし、まぁ何ですね。
音楽が芸術なのかビジネスなのか娯楽なのかっていうテーマについては頻繁に話してますが、
勿論どういった立場で関わっているかによって違ってくるとは思うんですけど、
ここまで顕著だと、そういった論議さえもナンセンスな気がしてきますね。
日本語青春パンクが流行ったと思ったら
やれ「歌詞にこだわれ」やれ「Tシャツを着ろ」やれ「音は一発録りしろ」と言い、
Visual-Keiが流行ってきたら
やれ「ルックスを磨け」やれ「演奏よりパフォーマンスだ」やれ「奇抜さ求めろ」と言う。
どんな事柄においてもムーブメントに乗ろうとすることは大切やとは思うけどね。
でも、ベタな話、ムーブメントに乗るより起こすこと考えてこそアーティストやん?笑
そんな事も、どうでもいいと思ってるけど(笑)
とりあえずA&Rが考えるよりも先にアーティストが考えているなら、もうそれで良いよ。
ベクトルの原点がアーティストにあるだけで良い。
それぐらい昨今は何も考えられない奴が増え過ぎている。
 
ま、何だっていいわけよ。
音楽に限らず何かがブームになって、この混沌とした世界に希望が見出せるなら(笑)
 
 
あ、それで思い出した!
 
MySpaceを地味にやってるんだが、
そこでメッセージを送ってきてくれた方の中にPTSDの症状がある方が居まして、
その方曰く「春夢ホワイトホール」が生きる勇気に繋がったらしいです。
いやぁ?、いい話ですねー♪
 
まぁ、ここまではよくある話(?)じゃないですか。
しかし、その方が今度は主治医にCDを聴かせたそうです。
すると主治医が音源の内容(曲、詞など)にそういう効果があると判断したらしく
CDを購入して下さり(笑)、他の患者さんの診察の際にも病院のBGMにしたらば
スムーズに診察が出来、自傷行為が減ってきて前向きに生きようとする人が増え出したそうです。
 
なんかコレって、なんとなく凄いことっぽいよね。
 
と言う事で、今からでも遅くないんでCD買って下さい。
ひとり1000枚買って下さい(尽の真似)
 
 

↑このページのトップへ