月別アーカイブ / 2008年01月


昨夜は池袋CYBERというライブハウスに向かい、
Scar.のライブを観て来ました。
 
活動休止前の東京でのラストワンマンライブということでしたが、
とても楽しそうで、良いライブだったと思います。
 
ちなみにドラムの大亮は、このブログでもよく名前が挙がると思うのですが、
彼はとにかく腕っ節のたつ男でして、、、
「気は優しくて力持ち」をリアルで形にしました!みたいな奴です。
ギターのJUNYAは泰造と旧知の仲です。
 
ま、そんなプチ情報は置いといて、
大亮がどれぐらい強いかと言いますと…
多分、彼が手の平を広げて空を切ったららば、
そこに生じた風圧で、家の一軒や二軒なら半壊するでしょう。
 
 
 
これ、マジです。
 
 
 
しかし、これでは余りにも凄すぎて、逆に想像出来ないと思うので
もう少しわかり易い説明をしましょう。
 
 
ギターアンプの音を鳴らす『スピーカーキャビネット』という物があります。
 
ソレは大抵の場合、結構な重さなので、
我々は階段などで運ぶときは2人がかりで運びます。
両サイドから1人ずつで
「せーの!」
とか言いながら運びます。
それでも結構重くてムカつきます。
 
しかし!
 
しかし!ですよ、皆さん!!!
 
 
彼は、なんと…
 
 
 
それを1人で2つ運ぶのです!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
「そんなバカな(笑)」
 
「どうやって!?笑」 
 
なんていう声が聞こえてくる気がします。
 
特にバンドマンは本気でそう思ってそうな気がします。
 
 
しかし、彼は片手で一つずつ持ち、同時に二個持って移動します。
 
 
 
衝撃の証拠写真は、、、
コチラ 
↓↓
 
080113.jpg
 
笑顔でピースしてるよブ━(゚3゚)━ッ!!!!!!!!!


わかりにくいでしょうが、右手でスピーカーを持ち上げてます。
ぶら下げてるだけじゃなく、この男は持ち上げます。。。
 
この写真は撮影の許可は得ましたが、掲載の許可は得ていません…。
 
もし大亮の怒りに触れてしまったら、、、
1パンチで、俺は粉々に砕け散り、その粉は宙を漂い、
やがて海に辿り着き、世界を旅することになるでしょう…。
 
 
でも、暗いし、いい笑顔やし、、、ま、いっか!笑
 
 


『忘れたいこと、忘れたくないこと』
『忘れてしまうこと、忘れられないこと』
 
きっと全てが多すぎて、
どれが何だかわからなくて、
毎日毎日、色々あり過ぎるから
 
どれを忘れてしまったのかさえ、
どれを忘れたくないのかさえ、
考えることも出来ない日々だろうけれど、
「ふ」とした瞬間に何かのスイッチが入ったみたいに
色々なことが頭の中で駆け巡る。
 
大切なものを失くした記憶に
チクリ、チクリと棘が刺さる。
 
この世の全ての存在が、
一瞬たりとも本質の同一性を保てないように、
ただ前へ、前へと流れていくだけ。
 
 
言葉にならない殆どの感情が伝わらず消えていく。
 
不器用だけれど、懸命に明日へ駆け抜けて行くだけ。
 
 


辰吉から98年に王座を奪い、6年以上それを守った「あの」ウィラポンに勝ち、
その後、世界バンタム級の王座に君臨し続けている長谷川穂積。
彼が昨日の試合で5度目のチャンピオン防衛に成功した。
現役チャンピオンとして国内では初の所属ジムの移籍などを経て得た
この「5度目の防衛」という記録は(バンタム級では国内で最多防衛記録)、
その目に見える価値よりも、きっと大きいものが本人にとってもあるに違いない。
 
やはり
「夢や、揺るぎない目標を持ち、信念を貫く事」
これに勝る武器は無いな!
 
 

↑このページのトップへ