月別アーカイブ / 2007年10月


どうも、善徳です。
やっとゆっくりした時間が出来ました。
 
と、言う事で先日のことを詳しく(?)書きます。
 
4日はSHIBUYA-AXにJさんのライブを観に行きました。
 
104AX.jpg
 
俺様にしては珍しく開演前に会場に着けたので、メリーも久々に観ました。
 
ちなみにJさんとはお会いしたことはないのに、
なぜか電話で話したことだけありまして(笑)
ソロでのライブを観たのは実は初めてだったのです。
今までにも事務所の方から何度か招待状を頂いていたんですが、
毎回何らかのスケジュールと被ってしまっていたので…。
 
さて、細かく書くと、会場に向かう途中の渋谷駅近郊で元帥こと楠本柊生氏とすれ違い、
しかし妙に早足で神妙な面持ちで歩いていたので、声をかけられず
メールで
「今、渋谷ですよね?地味にすれ違いました。。。」
と送ったら
「お腹空いた、お腹空いたばかり考えて歩いていたよ…」
という返信が来ました…。
  
会場では昔お世話になったことのあるバックラインテクニシャンの
大月さんに久々に会いました。
この人はINORANさん等を担当しているのですが、
数年ぶりに会って声をかけたものの、特にお互い会話はなかったです(笑)
 
その後、俺様の車の修理などをしてくれている方に遭遇し
「ドレミ團のマコトが来てるんですけど、会いました?」
と聞かれたので、俺の横の席に呼んでもらって二人並んでライブを観賞。
 
途中、音楽ライターさん数名に会う。
あと、星子のオヤジ(笑)に会う。
さらにhideさんの弟の裕士氏に会う。
 
メリーの出番が終わって、素早い転換を経てJさんがステージに登場。
存在感がハンパ無くて、正直ビビった。
て言うかデカい!!
いや、多分体も大きいんだが、とにかくステージが小さく感じるぐらい存在がデカい。
 
サウンドの方向性的には、もっとドンシャリ系のベースにする人が多そうな楽曲なのに
Jさん特有の例の音で(よく見るampegなのに個性的な音)メリハリが利いていて
初めて聴く楽曲なのに耳馴染み良く、それでいてアグレッシブで
気がつけば前のめりになって観てました(笑)
 
しかし残念ながら次の用事が入っていたので、途中までしか観られないまま退場…。
マコトも大阪に帰らないと駄目だったらしく一緒に出ました。
帰路で連絡先を交換しあったんだが、別れ際に3回ぐらい
「絶対連絡してきて下さいね!絶対ですよ!!」
と言われた。。。
俺ってそんなに連絡しなそうなんだろうか…。
 
その後、先日のチェルシーホテルでのライブの際に
開演前グッズ販売に協力して下さったスペースが
CD屋としてオープンする前日だったので、挨拶に寄った。
 
すると入り口付近でどっかで見た事ある感じの風貌の男が歩いてきたので
ジロジロと見てみたら、松岡太郎とかいう名前のドラムやってる爺さんだった(笑)。
松岡爺もオープン前に挨拶しに来ただか何だかだったようだが、
缶ジュース1本ずつで買収され、二人で開店準備を手伝わされた。
いや、この文章だと店の印象悪いな(笑)
自主的に手伝ったと書いておこう。そうしよう。
 
俺様は自主的にオープンの準備を手伝った(笑)
 
松岡爺は本棚などを組み立てた後、終電の時間になったので帰った。
 
俺様はその後、翌朝まで準備を手伝った。。。
いや、邪魔をしていただけな気もするが…。
 
で帰宅してBLOG書いてバタンキューした。
 
 
 
。。。
 
 
 
翌日は新幹線に乗って大阪に移動。
例の如く隣に座ってた人は、ちょっとキャラが濃かった…。
俺様は品川から乗ったんだが、その男は東京駅から既に乗っていて、
早くもビールを飲んで顔を赤くさせながら酒のアテを歯牙んでいたんだが、
食べ終わってからも30分くらい、ずっと
「クチャクチャ」
「シー」
と歯の隙間に何か挟まっているのを気にしているような動作をしていた。
しかも本人はiPodか何かで音楽を聞いているから、そのクチャクチャがデカい…。
しかも股をガバーッと広げて座っていたので、
俺はそのオッサンが降りるまで(名古屋で下車した)端っこにチョコンと座っていた。
 
なんか、ムカつくのに怒れないタイプのオッサンだった。。。
 
 
 
。。。
 
 
 
で、今日と言うか昨日と言うか…6日。
 
大阪城ホールで行われたYUKIちゃんのライブに行った。
 
106JOHALL.jpg
 
色んなミュージシャンが
「武道館やりたい!」
と夢を語るけれども、俺様はそれを思ったことがほぼ無い人間で、そんな俺様が
「夢は城ホール!」
っていうぐらい大好きな会場なのです。
 
大阪城ホールに入るのは、おそらく10年ぶりぐらいで、
ライブを観に来たのは、多分もっと久しぶり。
 
記憶だと最後に観たのはJUDY AND MARYで、
その前に観たのはLUNA SEAだったんじゃないかなぁ…と。
偶然にも。
 
 
で、SONYの方の計らいで随分良い席でライブは拝見させて頂き、
久々に、真にファンの視点でライブを観る事が出来たような気がしました。
曲のこととかMCのこととか、色んなことに感動・共感したけれども、
多分このライブを観て得たもので一番大きなのがソレ。
 
どうこういった理由だとか、数字だとか、競争的な感覚だとか、
何て言ったらいいのかわからないけれど、様々の邪念を取っ払って、
アーティストはファンのことだけを考えていればいいんだ、と
そう思うぐらいにアーティストとファンの関係が素敵なライブでした。
 
やっぱり大阪城ホールも伊達じゃなかったし、とにかく素晴らしかったです。
夢があるってのは本当に素晴らしいことだ。
 
ライブを一緒に観た人も(昔、プロデュース的なことを少しだけしたミュージシャン)
とても勉強になったと言っていたが、誰がどう感じてどう解釈したかには
特別興味が湧かないほど、自分の中で音楽に対する理解が生じた1日でした。
ちなみに、どうでもいいだろうけど上記のプロデュース作品は未発表でお蔵入り(笑)
 
 
週明けには自分のツアーのリハが始まるし、
さらに今度はインディーズバンドのライブを観に行く予定も入っています。
なんと言うか、人間にはバイオリズムが存在するので
あまりこういう気分の時の発言を公にすると後々困ることも多いとわかっているんだけれど
やっぱり音楽って特別な素晴らしさがあるな、と感じる日々だったりするし、
俺は俺で、自分自身と本当に身近な周辺と、勿論ファンのためだけを考えて
もっと無垢な気持ちで音を楽しんで形にして、伝えていきたいなーなんて思った上に、
それを具体的にしたい気持ちまで高まってきたので
そろそろ新曲作ろうかな、なんて思いました。
 
 
こういう気持ちが持続するような素敵な毎日を繰り返せたら、
あっさりアルバム作るぐらいの曲数に達するんのに!!
 
なのにテンションを保って生きるのって本当に難しいからなぁ。。。
 
 
逆を言えば、所詮俺たちはファンが居ないと何も出来ないのかもしれないな。
そりゃ曲も詞も書けるだろうけど、、、けど、書けない。
書いたうちに入らないような心のこもってないものしか産めない。
…のかも知れない。
いや、産まれて来るものに違いがあるだけで、
勿論何も出来ないなんてことは無いけれど、ね。

 
 
だからって言ってしまうと、すごく弱く聞こえてしまうかもしれないけれど、
そうじゃなくて、強い意志で
だからミンナと一緒に音楽していきたい。
毎日色々ある未来だろうけれど1日でも多くテンションを今の高さ以上に保てるように
少しでも多く、ミンナの温度を感じていたいなぁ…。
 
 


オハヨゴザイマース!!
 
昨夜、実家の最寄り駅を下車して、
今更発見した店がコレです。
↓ ↓
 
1005kinjo.jpg
 
『お好み焼き』は商品やけど、、、
『甘党』って!!!笑
 
建物の見た感じからして、そんなに新しい店でもなさそうだったが、
なんで今まで気付かなかったのだろうか…。
 
 


今夜は実家に帰って来てるんですが…
 
 
1005.jpg
 
 
ブ━(゚3゚)━ッ!!
 

『あんこ(愛猫の名前)』が本読んでるー!!!!
 
 
しかも…
『ねこのきもち』読んでるーーー!!!!!!


ブ━(゚3゚)━ッ!!ブ━(゚3゚)━ッ!!ブ━(゚3゚)━ッ!!


↑このページのトップへ