なかなかブログ書く時間を作ることできず、遅くなりましたが
先日、パワーハウススタジオでRecをしてきました。
 

あ! ちなみに今日は12/24、母の誕生日です!!
感謝の日です。
 
 
さて、パワーハウスは年内で閉業します。
2001年、「Sotto...」のレコーディングをミュージックイン山中湖で行っていたものの、
当時の我々が下手くそ過ぎて(初日なんて1曲目のドラムさえ録り終わらなかった)、
予定がこぼれてしまって、都内に戻ってきてからの作業をここで行ったのが、自分にとって最初のパワーハウスRecで、
その後、多くの作品をここで作りました。

DSC08329.JPG
 
 
 
下の画像の空間、コアなファンの方は、見覚えのある景色なんじゃないでしょうか……?
わかりますか??
  
DSC08331.JPG
 
 
そうです「春色」のMVと言っていいのかどうかさえ危うい謎の映像で我々が何かしてる部屋です。
あのMVでRecをしているスタジオも、パワーハウスでした。
 
 
DSC08335.JPG
 
 
ちなみに、このテーブルは「そっと…」の作詞をしたテーブルです。

Waiveだと、
「わがままロミオ」で俺がオッケー出したテイクを当時所属していた事務所の社長にダメ出しされて、
別ディレクターを入れて再録したのもパワーハウスだったし、
「いつか」で「ほら見ろ、俺が言った通りイイ曲になったやんけ」と思ったのもココだし、
「C.」でアルバム「HURT.」のRec中で唯一田澤くんとまともに会話してハモ録りしたのもココです。
 
 
DSC08305.JPG
 
 
当時、今よりかなり贅沢にレコーディングできた時代でもあったのと、
我々が恵まれた環境にいたこともあって、ランドマークスタジオを使ってどうの〜とかの話もしてもらっていた中、
ここでの音の鳴りが好きでランドマークを使わず、パワーハウスでのミックスを所望したりもしていました。
 
右に見切れつつ写っているのはエンジニアの太田さん。
「Sotto...」のときからお世話になっています。
当時は、我々が破天荒すぎて、山中湖のスタジオで太田さんがキレて、合宿を放棄して東京に帰ってしまい、
翌朝マネージャーにめちゃくちゃ怒られたのに逆ギレしたのも、今となっては良い(?)思い出です。
 
 
DSC08301.JPG
 
 
太田サンの持ち込み機材&俺の持ち込み機材、そしてパワーハウスの備品。
 
ちなみに、ソロ最初の作品「極彩色の狂詩曲」もココで録りました。
そのときもエンジニアは太田さんでした。
出会いは山中湖で揉めましたが、以降19年もご一緒させていただいているわけで、寛大な方です。
 
ちなみに「ミンナノウタ」を録ったときは、
徹夜でRecにきた竹ちゃんが眠眠打破か何かを飲みまくっていたような記憶があります。
なんか、こんなことばかり書いてると、ちゃんとしたRecしてないみたいになるな(笑)
ちゃんとやってますよ!
 
 
DSC08316.JPG
 
 
先日の案件では、ドラムに楠瀬拓哉/ベースに中村泰造という布陣。
画像は、たっくん持ち込みの譜面的な何か。
スクランブルズのもののようです。
 
ちなみにseekもチラッと顔を出してくれました。
彼にとっても思い入れのあるスタジオなようです。
 
 
DSC08350.JPG
 
 
「極彩色〜」以降、あまり来ることがなくなっていたんですが、
昨今だと、「めっちゃすきやねん」に提供した2曲のベース録りと歌録りをココでしました。
 
あとは諸事情で公表できない某案件でドラム/ベースを録ったのが、おとといの案件を除いた場合の直近案件でした。
 
 
DSC08351.JPG
 
 
俺にとってパワーハウスでの最後のセッションが終わった時間。
 
パワーハウスの近くには、いろいろと自分の人生の中でも大きな大きな思い出が詰まった空間が沢山あるので、
近づいただけでも胸が詰まり、涙が溢れてしまいそうになります。
この日も、スタジオに向かう道中から気持ちが重くて大変でした(笑)
 
けれど、上記面々だけでなく他の作業も並行したもあって立ち会ってくれた方々も込み、
皆さんのお陰で楽しく、良いRecができたと思います。
ありがとうございました。
 
そして何より、スタジオの皆さんもありがとうございました。
 
 
最後に、
パワーハウスでのRecといえば天龍の中華料理だったんですが、
天龍はパワーハウスよりひと足早く閉店済だったのと、
もしまだ存在していても火曜定休だったので、12/22のRecは火曜だったために食べられなかったというのが、少し心残りというか何というかです。
代わりに食べた他の中華料理は、なんかイマイチでした(笑)
 
 
この日Recした曲が何なのかは、いつか発表できる日がきたら〜という感じでヨロシク。
覚えてたら。
 
(追記:ブログタイトルを「Dear」の歌詞からもじりましたが、Dearを録ったのは他のスタジオです)