昨日は、ENDLESSのライブにゲストでお邪魔してきました。
誘われた段階では知らなかったんですが、幸也サンやコウジ君もいて、
先輩だらけの中、恐怖で震える数時間を過ごしておりました……(((( ;゚д゚)))
 
と、冗談はさて置き、、、
 
昨日は、ホンットーーーーーーーーーーーに久しぶりに自分でヘア&メイクをしました。
他の出演者はメイクさんにやってもらっていたんですが、
俺は、なんとなく初心に還ろうというか何というかを思ってセルフで。
楽器や衣装も自分で運び、なんならソフトケースにギターを入れて背負って運んだのも久々だったんじゃないかと。
 
ライブ自体は、全体の5分の1ぐらい? 4分の1かな? ぐらい出演させていただき、 
オフホワイトをデュエット形式で、
あとはENDLESSの楽曲3曲(Closing World / Painkiller / 月と太陽)をギタリストとして披露させていただきました。
客層的に、俺のソロには関心を抱いていないであろう方が多い印象でしたが、
オフホワイトも、そこそこには楽しんでいただけたのかな〜というのと、
ENDLESSの楽曲に関しては、本編のラストセクションとアンコール曲ということで
責任重大なシーンを担わせていただき、地味に身も心も疲れた気がしています(笑)
 
特に、最初にTETSUサンから「どの曲やりたい?」と聞かれた時に
「月と太陽かRain」と言ったぐらい『月と太陽』には思い入れというか何というかがありまして、
前のブログにも書いたように、彼との出会いがなければ、
俺はいわゆる「メロディーの立った音楽」を作っていなかった可能性もあるぐらいなんですが、、、
そのキッカケになったのがこの「月と太陽」のCDで、
正直なところ今でも『変わった曲だなぁ〜』というのが一番の感想で(笑)、曲がいいとかそういうのはあまり思っていないんですが(あくまでも主観ですからね。主観ついでに書くと、Rainは曲としても好きなんです)、
ただ、その当時に「こういうのがメロディアスな曲なんだ」とか「こういうアレンジとかビートも存在するんだ」みたいなのを感じたことを思い出さされ、
ノスタルジックな気持ちと同時に初心に触れられるような楽曲の1つなので、
それを自分が、当人たちの横でプレイできたのは、少し感慨深いものがありました。

 
そんな感じで、、、写真とかは撮り忘れたので何も存在しないっす!!
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
次、ワイがステージに立つのは、
11/11(土)の東京・白金高輪SELENE b2
GIG「ヨシノリズム3」
です。
公演詳細→http://www.ys1126.com/live.html

 
本日(8/28)からプレイガイド先行開始しました。

▼イープラス(プレオーダー)
9/3(日)23:59まで
コチラから

▼チケットぴあ(プレリザーブ)
9/4(月)11:00まで
コチラから
 
 
 
先日、マネジメントチームや、ライブ制作チームと長時間の打ち合わせをした際に、
かなり深めの話になってしまい、自分の中でそのことについて整理してからブログに書こうと思っているんですが、
なかなかゆっくりと考える時間を作ることができていないです。
おそらく月が明けたころには書けるかな?と思っていますが、
それまでにも上記プレイガイド先行でチケットの購入をしてくれる方が多ければ、
考え方にも色々と影響を及ぼすと思うので、どうぞご協力ください。
(すでに買った人も、よかったら宣伝協力してくんろ)