昨日は、マネジメントと打ち合わせをしてきました。
 
 
jimusyo.jpg
 
 
コツコツと地道に努力を重ねていきます。

1本1本のライブを大切にしていることや、
そういう意識の元で進めていることって
案外伝わりにくいことなのかもな、なんて
急に思うようになりました。

バンドってのは、極論で言うと
ストリートであれライブハウスであれ何であれ、
よっしゃ音出すか「ジャーン!」みたいに、
即、音を出すことが可能ゆえに
連続してガムシャラなことを出来るメリットがありますが、
シングルプレイヤーはソレが出来ないに等しく、
1本のライブをするだけでも、それまでの段取りが全然違うわけだし
それに限らず色々な制約で、地下作業的な部分が大半を占めるため、
まるで活動の中身が誤解されがちなんじゃないのかな、と。

特に俺とか色んなことやってるタイプなので
1つ1つのことを、どんなパワーバランスでやってるか見えない部分なので
「どれにも本気です」なんて口で言っても、
ふとした何気ないキッカケで
「どうせ今はこっちをしてて、コレはやってないんじゃないのか」
って思われてしまうと、その人のその思い込みって
なかなか第三者が拭うことの出来ないものとして根付くので
こういった生き方も、それはそれで大変だな......みたいな。

まぁ、とにかく今までも今もこれからも、
見えないところでも常に色々なことを凄く真剣にやってるわけで。
テレビ/ラジオ/雑誌/ネット/その他メディア露出、
キャンペーン/ライブ/イベント出演、
どれもしてないとしても、結構マジメに日常の中で音楽と向き合っていたり、
違うことを進めてるときも自分の中にあるマルチなことが
連鎖してドカンと弾ける瞬間をイメージしてみたりしながら
ひた向きに過ごしているのだよ、という話。