『忘れたいこと、忘れたくないこと』
『忘れてしまうこと、忘れられないこと』
 
きっと全てが多すぎて、
どれが何だかわからなくて、
毎日毎日、色々あり過ぎるから
 
どれを忘れてしまったのかさえ、
どれを忘れたくないのかさえ、
考えることも出来ない日々だろうけれど、
「ふ」とした瞬間に何かのスイッチが入ったみたいに
色々なことが頭の中で駆け巡る。
 
大切なものを失くした記憶に
チクリ、チクリと棘が刺さる。
 
この世の全ての存在が、
一瞬たりとも本質の同一性を保てないように、
ただ前へ、前へと流れていくだけ。
 
 
言葉にならない殆どの感情が伝わらず消えていく。
 
不器用だけれど、懸命に明日へ駆け抜けて行くだけ。