( 'Θ')ノ( 'Θ')ノ( 'Θ')ノ オハオハオハ♪
 
 
ってことで善徳です。
オ、オハオハ…。
 
 
さて、昨日はマジで忙しくてヤバかったです。
疲労も困憊、脳みそもコンパイルな状態でして、
どれぐらい疲れてたかと言うと、、、
 
歯医者に行ったんですが、
口の中をいじられてるのに寝てしまうし…
寝ると口を閉じようとしてしまうから、
開けたまま固定する道具を装着されたというのに
それさえも噛んでおく力が入れられずに口から外れてしまうという、、、
「いやいや、眠過ぎやろ!」
みたいな状態になってしまうほどでした。。。
歯医者さんもお困りのご様子でした。
次回を予約することも出来ないスケジュールやしトホホっす。
トホホ…。
 
 
 
ま、そんなこんなもありつつですが
昨日はギター弾きまくり、歌いまくりでした。
 
080909.jpg
 
歌入れするまで、完成予想が自分の中でも無かった曲とかも(笑)
完成させてみると、むしろ想像を絶する良い感じになったり、
 
080908.jpg

逆に予想はしてたけど、結果全然違うものになって
「なるほど、ピアノでメロ鳴らしてた時とは、こう変化するのか!」
とか思ったり、面白かったです。
 
 
 
今日も少し今作「ディペンデンス」について話しましょう。
 
前作「春夢ホワイトホール」を録った際に話したことで
マニアックな内容やから覚えてない人がほとんどと思うんですけど…
ギターを録る際にATM25というマイクをメインで使って録ることによって
今までと違うタイプの音色で聴かせるようにしたんですが、
 
今作は再びSHURE57をメインマイクに戻しつつ、
何本かマイクを立てるんですが、
それらをマニアックな選択にしてみたり、
H/Aを色々違うものを使うようにしてみたり、
ギターアンプもエフェクターも少し系統の違うものを使うようにし、
ケーブルも違う物にし、電源も地味に換え、
一番大きな変化として、とある手法を駆使して録るようにしたので
聴き手にどれほど違いがあるかは
環境などにもよって違うので何とも言えないけれど、
個人的には、おっそろく音色に変化のある録り方をしてみました。
特に歪み系。
カッティング等は今までと同じ方向性で録ってます。
 
 
まぁ、マニアックやしどうでもいい内容でしょうけど。
 
 
さて、とりあえず全曲歌も入れ終わったし、
今からシンセデータを完成させますわ。
 
今日はそれらの作業の後、トラックダウンを開始するのと
アレンジ系の仕事をするので睡魔の誘惑に負けないように頑張ります。
 
 
 

 
 
 
では、、、
 
 
 
おやすみなさいzzz