そんなこんなで、Waive@新宿BLAZE 2days公演が終了しました。
 
ご来場くださった皆様、
チケット購入するも様々な理由で来られなかった皆様、
購入に至らなくも関心を抱いてくださった皆様、
スタッフ含め関わってくださった皆様、
どうも有難うございました!!
 
 
9月からはツアーが始まります。
BARKSなどのニュース記事にも書いていただいてましたが、
おそらく昨日/一昨日のライブを経て、
そして、このツアーを経てバンドは『化ける』と感じています。
それぐらい2月の渋公と、今回……何なら今回の初日と2日目でも違ったバンドのようなライブを展開できたという実感があります。
 
もう、かなりギリギリなので、このブログを読む頃には過ぎてしまっている人もいるかもですが、
本日(2日)の23:59まで先行予約を受け付けています。

▼以下リンクより予約受付中!
 
 
 

あまり興味ないかもしれない話をするが、聞いてくれ!!
 
2日目の楽屋弁当のパッケージが、めちゃくちゃジャガイモを推してくるのよ。
 

 

なんかイモ推しな中身なんかな?
と思って、開けたら、、、、
 
 

 
 
イモ、無いんよ!!
 
 
手前にある揚げ物がジャガイモのコロッケとかなんかな? と思ったんだが、
椎茸なんよ!!!!
 
 
びっくりしたよね。
 
 
 
あと、マイクプリを持ち込むようにして、自分のギターの音を少し変えました。
コレが結構スゴいというか効果覿面というか……
ライブ中の外音は俺は聞くことができないのでわからないけれど、
モニター上で返す音(インイヤー込み)が、もう全っ然違う!
これは、やったほうがいいですね。
ツアー用に、もうちょっと持ち運びに便利なレベルの(運搬しまくって壊れても許せるレベルの?)マイクプリを買おうかな? と考えるレベルです。
完全にプレイヤー向けな話なので、読者の90%は意味不明かと(笑)
 

 
 
 

こちらは開場前の客席の様子。
椅子のあるライブハウスにも、少し見慣れてきた感あるね。
何かに固執しすぎず、臨機応変に考え、置かれた環境下での最大の楽しみを探せるような
そんなことが少しでも多くできる人生でありたいものだね。
難しいけれど。


 
 
 
さて、そんな感じです。
 
ライブ後のニュース記事を幾つか貼っておきます。


近年、ずっとナタリーさんは我々を取り上げてくれません。
KANA SEAね。
 
 
なんか長々とした感想もあるような気がしつつ、
とは言え、わざわざ長くするようなことでもないかもしれないな……と感じてきたので、
最後に少しだけ書いておきますと、、、
 
歴史の教科書にも載るであろう世界的ターニングポイントの最中の時間を今、ミンナで生きているわけで、
とんでもなく大変だし、意思の疎通も難しく、意見の食い違いも生じやすいのかもだけれど、
『正しいかどうかとか、そんなことどうでもいい』
『この想いにだけリアリティーがあればいい』
と思える一瞬一瞬の連続の中で生きて、死ぬ。
そんな感じでしかないのかなと思う。
その一瞬は違った想いでも、この一瞬は同じかもしれないし、
人と人なんて、長いスパンだったり短いスパンだったりで、ずっとそういった波と波を繰り返すだけのものなのかもな、と。
 
それぞれが歴史の証人のような気持ちで生きて何らかの結末を、いつか迎える。
それがハッピーエンドかバッドエンドかなんて、ぶっちゃけどうでもいいというか……
どっちでもいいから中身が濃いべきだよな、物語って……と、強く感じた2日間だったよ。
 
  
 


追記)
お陰様で物販類やBlu-rayも結果として好評なようです。
ミンナいい子だ(笑)
 

※こちらの記事、予約投稿をしています! 
ライブ終了直後の更新ですが、以前に仕込んでいます。ご了承ください。



どうも、こんばんは。
杉本善徳です。
 

今年2月にWaiveが渋公ことLINE CUBE SHIBUYAでライブをしたじゃないですか?
そのときにライブ配信をした『Live Heaven!』というプラットフォームがあったのを覚えている方も多いと思うのですが、
あのシステム(もとい、あのシステムを作っている会社)の顧問に就任しました(笑)

「なんでやねん!!笑」と思う方もいるかもしれませんが、その辺はまた今度話します。
今、時間ないので本題のみで進めます、スミマセン。
 
 

業界最高峰とも言える高音質/高画質と、もとより立派なシステムではありましたが、
アレからの約半年間で、いろいろとモディファイを重ね、
各種機能を追加し、操作性なども更に改良し、
いよいよ改めて再稼働!!!!!!!
 
 
……の前に、、、
 
 
ちょっと動作テストをしたいな、と思いまして、、、、


▼長時間配信
▼各種システムの実装
を試す配信トークライブを実行することに急遽なりました。
(Waiveのライブの直後なのに別件でゴメンね)
 

 
内容は下記の通りとなります。

【詳細】
2021年8月8日(sun)
16:00配信スタート予定

『〜テストの部屋〜』
動画配信プラットフォーム「Live Heaven!」ローンチ間近テスト配信

▼番組URLは、コチラ▼
(更に詳しくは、リンク先を参照ください)

▼少しだけチケット代をいただきます(ここもテストしたいので)。
▼豪華ゲストあり(ギャラのこともあるので、投げ銭してね(テストしたいので))
▼約4時間予定のトーク配信!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※出演者

shuji(ex. Janne Da Arc)/
DAISHI(Psycho le Cému)/
mitsu/橋本裕也(渋谷REX)/
山縣悠己/阿部冬夜/

杉本善徳/
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

また後日、ブログで触れるチャンスあれば触れます。
よろしくご確認ください!




今年に入ってからの仕事の多くが、何故かトラブって着地できない展開になっていて
とにかくどれも解決しないからタスクが増し続けている状態で、
ストレスというか、思考が追いつかなくなってきており困っているのが私、杉本善徳です。どうも。
 
 
さて、そんな中ですが、
Waiveのツアーが発表されました。
緊急事態宣言下に解散中のバンドが、ツアーを発表。
なんていうか、、、
「奇跡も魔法もあるんだよ」って感じですね。
救いがあるか無いかは、一旦保留にしつつ(笑)
未だフルキャパで入場させられない状態が続いているようなので、
皆さま、速やかに申し込みされることをオススメいたします。
  
 
Waive、今後のライブスケジュールは下記。
=======
▼2021年
・7/31 新宿BLAZE(完売)
・8/1 新宿BLAZE(完売)
・9/12 柏 PALOOZA
・9/18 大阪 BIGCAT
・9/19 名古屋 BOTTOM LINE
・10/2 横浜 BAYHALL
・10/9 HEAVEN’S ROCK 熊谷VJ-1
・11/23 渋谷 TSUTAYA O-EAST
▼2022年
・1/23 LINECUBE SHIBUYA
=======
詳しくは
 

コレらの公演を全て終えたら、またソロのこととかも考えるかも? です。
色々と難しい状況にはあるので何ともですが。
 

 
久々にWaiveの写真でメガネを掛けませんでした。
18年のMUD FRIENDSのときに、
公式カメラマンで入っていて昔からWaiveを知ってくれていたVIOLAに、
「なんでメガネしてないの?」
と言われたのをキッカケに、
キャラクターとしての杉本善徳を再度確立させるため装着し続けようかと思っていたんですが、
逆に今更もういいかな〜と思ってきたのでヤメました。
いくつかのメガネはご用意いただいたものの衣装との相性にピンとこなかった〜というのも大きいですが、
どこかの取材でも話したけれどステージングとかもそうで、あまり小細工せずとも自分である圧みたいなものを表現できるようになりたいと思っているんですよね。
まぁ、どうでもいいかこんな話。
 
 
衣装と言えば、私の着ているシャツの柄が、結構パンチのある柄でして、
有名なデザイナーの方のもののようです。
これは、またの機会にでも。
 
ーーーー
 
「またの機会」で思い出したけれど、
以前、「なぜ、水を飲み始めたか」についてを改めての機会で話す〜としていましたね。
 
まだ2ヶ月強しか飲んでいませんが、今も続けています。
 
というのも、かなり前から肌荒れというか、肌が赤くなる箇所があって困っていたんですが、
ちょっとした会話の中で「水を飲み続けると肌の赤みが取れる」という話を聞き、
「いっちょやってみっか〜」と飲み始めたのです。
 
上記の撮影のときなどにもヘアメイクさんに「めちゃ肌の透明感が増した!」と言われましたし、
先日、マッサージに行った際も先生に「めちゃくちゃ肌が綺麗ですね」と言われました。
効果アリな気がしています(実感も少しだけあります)。
もうちょっと飲み続けることで、より結果がハッキリするのでは、、、と思っています。
まずは3ヶ月の継続を目指しているのです。
 
ーーーー
  
あと、聞いていた人がどれだけいるかはわかりませんが、
先日のツイキャスで話した、「7月下旬で何か配信的なものの実験イベントやるかも〜」ってのは、
少しばかり延期になりそうです。
なんとなく現状では8/8あたりを目指したい気持ちにはなっています。
まぁ、これもまだどうなるかわからんので、確定したら報告します。
 
 
とりあえず、そんなところかな?
他にも何かあった気がするけれど忘れたので、ひとまず今日はここまでにしておきます。
 
またね。








↑このページのトップへ