お知らせ

前回の記事で
「年内に来年の抱負を書くぞ!」
なんて言っていたけれど、、、
気がつけば年も明け、半月近くが経ってしまいました。。。
抱負は、また今度書きますね。。。多分。。。
今年も宜しくお願い申し上げます。。。
 
 
〜〜〜〜〜
 
  
時ってやつは常に流れていて、
今、こうやってブログを書いている間もそうで。 
何もしていないと、あっという間に置いていかれそうな感覚にもなるね。
そう感じてしまうほど自分は止まっている時間が長いんじゃないだろうか。
だからこそ「進む人」「進んでいる人」は、凄いな……と思う。
 
進んでいくと、大切にしていたい過去の事象が凄い速度で遠ざかっていきそうで、
それよりも大切に思える未来がやってくる保証なんてないのが人生だから、
未来を信じるってのは結構難しいことで、
どうしても足踏みをしてしまうというか。。
  
俺だって人である以上、時の流れの中で何らかの成長をしていきたいし、
時の流れとともに年老いていくとしても、
醜くても抗って、自分なりの美学をもって衰退していきたいとは思うのだけど、
(人であるからこそ、何もしたくない怠惰に過ごしたい〜という気持ちも同居するけれど)
それでも、未練なのか何なのかが進むことに対し臆病風を吹かせてくる。
 
だが、結局は同じ時間の同じ場所に居座っていたとしても、
進んでいく人や時間とは遠ざかっていくもので、
それは時にして思い出と離れていくことよりもよほど耐え難いもので。
 
「それしかない」なんていう理由であったとしても、
進んでいく姿は眩しく煌びやかに見えるから
その輝きに目が眩んで見えなくなってしまわないように、
自分もやはり、進まないといけないんだと思う。
 
3年半ほど前に、
「それでも進まなアカンで」
と言われた真の意味を、今になって理解してきている気がする。
 
その時も何かを理解していた気でいたから、
未来にもまた違った意味を感じる日がくるかもしれないけれど。
  
 





先週頭から体調を崩し、検査を受けましたところ
新型コロナウイルス陽性との診断を受けました。
 
 
また、行政および医療専門家の指導のもと療養を続け、
厚生労働省の基準を満たし全快しましたことをご報告いたします。
  

 
 
 
 

……ということで、、、
誕生日企画に向けての準備をするどころじゃなく、完全にくたばっていました!
 
 
正直、噂に聞いていたより大変と言いますか……
ナメてたわけでも何でもないんですが、
医療機関の人にも言われましたが、結構重めの症状だったので、本当にしんどかったのです。。
 
 
 
この1週間、まったくといっていいほど仕事ができず、
予定がズレ込みまくってしまったことで、
今月は売れっ子アイドルのごとく分刻みで予定が入ってしまっているのですが、
せめて26日は、配信ぐらいはしたいと考えています。
  
 
できればグッズの作成とかもいいかな〜とか思っていたりしたんですが、
流石に間に合わないので、少し先送りします。
 
 
あとは、そうだな、、、
誕生日に便乗して、また宣伝しておくか。
 

「お祝いがてら(?)ツイキャスのメンバーシップに入ってください!!!!!」
 

ぶっちゃけ入会しても、
これといって何か大きな展開はないのですが、
 
1)どうでもいい情報が得られるぞ!!
2)応援してる気分になれるぞ!!
 
この2つが大きなメリットです!

↓↓↓ 入会の詳しくはこちらの記事から ↓↓↓
 
 
ーーーーー
 






 
このブログ読者の方々にとって、かなりどうでもいい話を書きます。
 
 
「ONE Championship」という格闘技団体がありまして、
少し前の大会で、青木真也という選手が出場しており、
試合結果から言うと、負けたのです。
 
が、その試合(ONE 163)の前後のインタビューがどれも良くてですね、
そうなんだよな〜と、しきりに思わされたのです。
 
要約すると、

・試合前
「SNSや動画の数字に踊らされるな。それは客側に踊らされてるということ。こちらが主導権を持つべき」

・試合直後
「何のために頑張っていいのか、分からない。もう嫌われるのも人に辛く当たるのも疲れた」

・翌日
「負けて話題になる選手になれていることは有難い」

などなど、、、といった感じで、
どれも「経験」を経て辿り着いた境地であると感じる要素があって、かなり味の濃い内容だなと。
 
嫌われるのが怖くない時期というか、
なんなら「嫌われたいぜ!」と思うぐらい
無敵感と共に生きていた時期もあったので、こういうの凄くわかる。
本当に同じ意味かどうか何とも言えんので「わかる」と言うと齟齬があるかもしれないけれど、
少なくとも「わかる気がする」。
 
いつからか、誰も彼もを敵にまわしてやっていくことができなくなっていて、
なんか自分で自分がどうあるべきかわかんねー!!みたいな気持ちになっていて……
 
けれど、少なくとも俺から見る青木真也という選手は、ヒールに徹していた頃よりも
人間味が出てきてからのほうが圧倒的に魅力的なので、
そうだよな、自分だってもっと「自分にしかない踠き」みたいなものが露呈するぐらい必死になれば
きっとどこかで誰かが、それまでの自分が積み重ねてきた経験を買ってくれるに違いない、と
そんな風に思えたりもするわけで。
 
格闘は文字通り闘いなわけだけれど、
生きてりゃいろんな戦場があるのだから、
自分だってファイターであることを忘れちゃいけないな〜、なんて思った次第。
 
ま、なんだかんだ言って、ふとした瞬間の、ふとしたキッカケで
精神なんて生き返ったり死んだりを繰り返すものなんだけども!
 
 
ーーーーー
 
 
ということで、次はできるだけ年内に「来年の抱負」を書くぞ〜。
 

あ、田澤さん誕生日おめでとうございます
 

前回の更新を読み、楽しみにしていてくださった皆様へ


すみません。
 

11/26または27に開催を企てていたソロ公演についてですが、
イベンターの協力により空き会場も見つかり、
スタッフワークも含め、かなり大詰めまで話し、
告知解禁に向けて内容を整えていたのですが、
今しがた破談となりました。
 
ゆえに一旦、公演の予定をすべて白紙に戻させていただきます。
ご期待に沿えず誠に申し訳ございません。
 
 
詳しくは、なるべく誤解が生じないように
質問などに答えながら、配信などでお伝えできればと考えておりますが
(今夜か、遅くとも明日には実行できるように調整します)
ココでザックリと概要だけをお伝えしておきますと、
9月8日に政府より出された最新の「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に則り
客席での声出し可を中心とした公演を企画していたのですが、
会場側の見解が「声出しでの催しに対して様子を見たいので、発表はしないでほしい」とのことで、
交渉に折り合いがつかず、今回の判断に至りました次第です。
 

先方の言い分も、ある種は理解できますし(ガイドラインがあるので、全面的理解はできないのですが)
とは言え、自分も久々の公演をヒヨって妥協したものとして行うことはできず、
お互いが気持ちよく同じ目的をもっての開催をできない以上は、強引に進めるべきものではないと考えました。

 
兎にも角にも、まずは状況の共有までとさせていただき、
細かい自分の考えなどは追って口頭でお伝えさせてください。


あらためて、楽しみに待っていてくれたミンナには本当に申し訳ないです。
頑固かつ交渉下手でスミマセン。
 
別日にはなってしまうと思いますが、火がついてしまった以上は必ずどこかで公演の開催はしますので、
それまでお待ちいただけるとアーティストとして心から嬉しいです。
 
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 

↑このページのトップへ