「光陰矢の如し」ということで……気がつけば5月も後半か。
アッという間にWaiveのツアーとZeppTokyo & リキッドルーム公演も終わり、
それからも3週間ぐらい経っとるがな! ブログ書きんしゃい!!
 
…ということで、、、
Waiveの各公演に参加してくださった皆さん、
協力してくださったスタッフの面々、
応援してくださった皆様、
罵ってくださったクソども、
どなた様も、ありがとうございました。
 
楽しんでいただけましたでしょうか?
多くの方に観ていただいたので賛否こもごもだと思いますが、
裏側で起きる面倒なことなどへの対処も含め(笑)精一杯やりましたので、
褒めるまでいかないにしても、暖かい目で見てほしいな〜〜〜〜〜と個人的には思っています。
 
今はセコセコとライブBlu-rayの制作を進めています。。
▼絶賛予約受付中!(グッズの通販もあるよ)→こちら
 
 
公演を終えてすぐは、いろいろと語りたいような気分だったんですが、
比較的早めのタイミングでアプレゲール復刊11( 通販は、こちら )で取材を受けたものの、
その段階ですでにちょっと話したいことが減っているというか、自分の中で整理してしまった感があったので、
なんかブログにとやかく書くことはないかもな〜となり、今日に至った的な感じです。
とは言え、このアプレゲール復刊11の取材は意味ある話ができた気がしているので、読んでほしいとは思っています。
 
あとは、そうですね〜、、、
BARKSのコラムにオチがついていないので、そろそろどこかのタイミングで〆に入りたいですね。
終演後、BARKSの方に
「個人的には再度、田澤クンがツアーを経てどう感じたのかを聞きたい」
とお伝えしたので、それが形になればいいなと思っています。
 
 
 
それから、これまた宣伝くさくなってしまいますが、
メモリアルフォトが売られているようです( こちら )。
これは外部連携でやってることなのでシステムなど含め詳細には把握していないのですが、
1枚ずつ買ったり、セットで買ったり、サイズが選べたりするようです。
気が向いたら買ってね。
 
 
先日、SNSでバズっていたらしい、新人カメラマンが撮ったライブ写真を売ってカメラマンの活動費にするのがどうの〜というのを、某媒体の方が取り上げていたので自分も目にしたのですが、
ものすごく単純な話、写真って「焼いたもの」か「データ」かで、かかる費用が全然違ってくるわけで、
データの場合、極論でいうと撮ってしまえば、そのあとは無限に増やしていくことができるので、
有料化する際に非常に悩ましいよな〜と思うのです。
仮に500人の顧客に対してライブ写真データを売り、客単価500円だったとした場合、
売り上げでいうと25万円になるわけですね。
細かいことを除くとデータ販売の場合は、そのほとんどが純利益にもなり得るわけで、
そう考えると上記の新人カメラマン活動に対するフィーとしては、いささか高価すぎるのでは?と思うのです。
キャパ500/客単500という計算がどうかは置いておき、仮にその3分の1だとしても日給8万円ほどで、
バンド側は基本的には自分たちの活動から生計を立てているので、他の活動は少なく、月内に打てる公演数も知れていると思うのだけれど、
これも若干の暴論であることを承知の上でいうと、カメラマン側は現場数を複数もつことが可能なので、
例えば毎週土日に上記のキャパと売り上げ、+αで週に1本ずつ更にその半分の売り上げとしても、
80万/月の売り上げになってしまうので、やはり新人にとってこれはどうなの感あるんですよね。
新人がそんなに仕事もてないでしょってのとか、いろんな細かいことは置いといてですよ。
ビジネスとしては、すごくいいアイデアだと思うんですが(お客にとっても良いなら)、
目的がそうでないなら、ちょっと自分的には違うかな〜という気がするんですよね。
特にこれって無責任な立場の人ほど稼ぎやすくなってしまうというか、
インディーバンドほどチェキを売りまくって生計を立ててしまって、それによって金銭感覚が麻痺ってしまうのと似ているんじゃないかなと思うのです。
目的の手前で金になってしまうと、その先に進めなくなることが多々ある。
金が目的のために必要な場合も多々あるので、そのときは必要なんだから用意しなきゃと思うけれど、
稼げる「スウィートスポット」みたいなものが目的の手前にある場合、
それはビジネスチャンスではあるけれど、ウサギとカメみたいなことになりかねない。
 
何が言いたいかというと、
上記の「アー写.com」の件についても、自分らで仕切れば正直めちゃくちゃ儲かると思うし、
あえて紙焼きせずデータ販売にすれば、それこそ全物販の中で一番の利益になってしまう可能性さえあるけれど(笑)、
「メモリアルなものを紙焼きで」というところに古き良きというか趣のようなものを感じたので、
それはそれでイイんじゃないかな〜、紙焼きすることとカメラマンのギャラ考えると案外安いっちゃ安いし、
みたいな感じです。
 
 
僕は、物販なり何なりで「あまり儲からない手段」を選びがちです。
よく怒られます(笑)
音源とかも、すぐに無料であげちゃいますし。
でも資本主義なので原価割れしてしまうのは当然好きじゃない。
ライブ会場の選定と一緒で、できれば完売までしてほしくないし、ガラガラになっても困る。
90〜99%の券売率と100%の着券率が理想です。
でも、「このタイミングは!」というときは売り切れてほしいと思うこともある。
それと同じで、「ここは稼がせてもらうよ」というときは、ガッツリ利益になることもします(笑)
でも、根底にあるのは『ギブ&ギブ』これです。
ギブ&テイクじゃなく、ギブ&ギブ。
 
その上で、10年以上前から言ってることだけど
「その利益で、また次の曲や公演、楽しんでもらえるものを創造するんだ」
ということを、頭の隅の隅の隅ぐらいにでも置いておいてもらえると嬉しいな、と。
 
 
 
さて、そんな感じで次はソロ公演なわけですが、
まだまだ先だな〜と思っていたら、案外日が近くなってきてビックリしています。
配布の新曲、Recしなきゃな。
これについてもいろいろと思うところがあって、
来場者には、それこそ「メモリアルグッズ」としてCDをプレゼントしようと思うけれど
音自体は有料で販売したいな〜と個人的には思っているんです。
かなり前からマネジメントサイドに、この意見は出しているんですが
未だ明確な返事をもらえておらず、先に券売になってしまったのを少し心苦しく思っています。
まぁでも、近年は必要以上にファンの方々のことや、
周りのスタッフなどのこと含め、『考えすぎ症候群』とでも名付けたいぐらい自分勝手さゼロの活動をしてしまっているな〜と思っているので、
そろそろ好き勝手にやったほうがいいのかもな、、、人生1度きりだしな、なんて思っています。
勿論、感謝の気持ちやら何やらをないがしろにしたいという意味ではなく、
あくまで牽引する側の人間であろうという意思の表れとしてね。
 
 
また長々と書いてしまったなぁ。。。
それでは、爪楊枝の溝を彫る仕事に戻りますかね。。。
 
 
 
写真の話が出たので、
最後に、カレンダーに入れようと思ったけどボツになった写真を置いときますね。


ELL2.jpg


 
実は、新元号が発表されたそうですよ……!
 
「令和」
だそうです。
 
知らなかった人もいると思うので、要チェックです!!!!!!!!!!!!
 
  
IMG_9319.jpg
(私がライブで使用しているギターアンプ、まだ修理できておらず困っています。。。)

 
 
 
で、まぁ、、、
Waiveの追加公演のタイトル内の××が令和になり
「まだ見ぬ”令和”へと駆け抜けてく」
となったようです。
ヨロシク。
 
ライブ発表当初から、この「××」には公表された新元号を入れるとなっていたのだけれど、
いざ公表されて入れ込んでみると……個人的には、どうにもしっくりこない(笑)
まぁ、慣れるのかな……ということで、こちらは当初の予定通り入れました。 
 
 
で、これは細かいこだわりというか何というかなんだが、
ソロの7/6公演のサブタイトルにある「get ready show the ××」の「××」にも年号を入れるつもりでいたのだけど(なんとなく上記と点と点が線になるような感覚が欲しかったので)、
こっちはソロなので独断で元号に変換するのをやめました。
なんかね、どうしても入れると野暮ったいというか、説明くさいというか……
とにかくWaiveのほうは新元号の初日なのでいいとしても、ソロのほうはライブ当日までにHOTなことでもなくなるだろうし、、、(笑)
なので、気持ちだけ汲んでください。
 
そして、この「令和」が、自分的にしっくり来ないのはナゼなのかを考えてみたんですが、
なんとなく自分的に、愛着というか近代的な感覚で馴染みのある年号って「昭和」「平成」は言わずもがなとして、
なんとなく「明治」「大正」あたりも含まれると思うのよね。
生まれを書くときにM・T・S・Hを見ることとかが大きな理由と思うんだけど。
そんな中で2度同じ文字で出てきているのが「和」のみで、
「令和」は、個人的には過去を引きずっている印象というか、
どうにも「新しい時代の幕開けだー!」という感じとは違って感じているのかな、と。
それはそれで趣きがあるので悪い印象というわけではないのだけれど、
昭和が平成になるときに感じた良い意味での違和感というか「ひとつの時代が終わるー!」みたいなのがないというか、、、まぁそんなところなのかな、と。
でも、この感覚って今の日本にはすごく当てはまっているような気もするんですが……皆さんどうなんでしょうね。
 
言うても、いずれ「平成!古っ!!」みたいになるんやろうけどね(笑)
 
 
 
あと昨日ですが、BARKSの連載を書きました。
近いうちに公開されると思います。
その中に「解散中」について自分の見解を記しておきました。
 
一晩過ぎて、あらためて考えることがあります。
たとえば、昔は「不治の病」と言われていたような病気が、
医学の発達によって治るようになったりするし
いろんなものの賜物ではあると思うけれど、時の中で変わっていくことって実際あって、
バンドの解散ってのも昔と今では全然違うもののような気がします。
少なくとも自分にとって、2005年に抱いた解散への感情と、
今、「解散」と聞いて思うこと抱く感情は全然違っています。
ようは上記の例えでいうと、当時は「解散」=「バンドという生命体の死」と同じだと思っていました。
でも、今思うのはそうじゃないというか……
いや、死は死なんだけれど、ゲームで3機死ねるみたいなのと似てるというか(笑)
とにかく実際のところ「死」とはまったく違うものなんだな〜と。
 
うまく言えないけれど、生命として生きていれば時の流れの中で様々なことが変わっていくし、
望む想いが強ければ、いつかまた巡り会えるというか……
そう思う(思いたい)な、と。
 
そしてその「望む想いの強さ」ってのが曖昧ながらも大切で、
逆説的に唱えると、これ次第で「死」が具現化するのかもな、とも。
 
そんな感じです。
 


で、下記件。
めちゃくちゃ久々の単独公演をします。
 
すでに最速先行受付終わりましたが、
一般発売は4/27〜です。
それまでにも何らかの先行とかはある(?)と思うので、来てね。
(Wvのほうも、いよいよ残すは東名阪のみ。大阪と東京は、まだ買えるのでヨロシク)
 
76web1.jpg
(最下部の「受付中!!」は嘘です)




なかなかブログを書けていないですが、
2/23に横浜Bay Hallにて、「wyse vs Waive」の2マンを行いました。
スモークが凄まじく(いや、換気の悪さが凄まじいのか)、
ステージも客席も、そして楽屋もモクモクでした。
廊下で撮った写真の私の霞み具合が物語ってますね。
 
IMG_9811.JPG
 
 
そんでもってワンマンツアー再開。
3/17は、仙台HOOKでした。
 
このツアー、仙台が一番会場が決まらなかったというか、
正直なところ、最初は他の会場を狙っていたので、ずっと空きを待っていたのですが、
発表ギリギリまで空かず、結果としてHOOKになったという経緯もあり、
超満員すぎて見づらかった方なども多数おられるかもしれませんし、そこは申し訳ない気持ちもありつつも、、、
HOOKは年内で閉館するとか何とかってことなので、
Waiveにとって解散ツアーぶり(14年ぶり)の仙台公演が、ここで行えたのは良かった部分もあるのかもな〜と個人的には思っています。

 
IMG_0401.JPG
 
 
なんせ、どこかの取材でも言いましたが、
自分個人としては、
「もう二度とないかもしれない」
と心の中では思っている仙台などでの公演だったりもするので。
 
そういう意味では明日の福岡もそうですし、
明後日の京都だって然りです。
あくまでも個人的にですが。
(最後にしたくない気持ちも同じように持ち合わせてますが)
 
 
 
昨夜、イチロー選手の現役引退が発表され、会見をすべて見たのですが
質問によってのバラツキはあれど、とても氏らしい内容に感銘を受けました。
 
若い頃(笑)は、
「全盛期で引退するバンド」
みたいなものが美徳とされていたし、していたのだけれど、
いろいろな事情や心情があってズルズルと今も音楽をしていて
その過程で何度も「醜いな〜」と自分に対して感じたりもしたんですが、
そういうのもすべて視点次第なのかな? と最近は思います。
 
まず「全盛期」というもの自体が視点次第で変わってくるものね。
常に最新が最高でもあり、
常に最新が最低でもある。
それが世の常なんじゃないだろうか、と思うから
いつまでだって続ける理由はあるし、
いつだって辞める理由はある。
その中で自分の覚悟をどこに置くかとか、
心の在り処を決めて、自分の意思に従って生きていくことなのかなと。
 
 
そんな中、久々のソロ公演を発表しております
 
ビックリするほど、ここまでの先行の申込み数が少なくて(笑)
ミンナがギリギリに申し込んでくれるに違いない〜と信じる心は、いつポキっと折れてしまってもおかしくない域だな、と。

まぁでも何ていうか、エンタメショーというものはこういうもんだからね。
「こうありたい」とアーティストが思う状況に辿り着くことは、
年々、日増しに、回を重ねるごとに難しくなっていく。

勝つことは簡単じゃない』というイチローの会見の言葉と、重みは違うかもしれないけれど相似関係にはあると思っていて、
自分の思う公演、自分の思う自分を1本でも重ねていくことは、とても難しい。
ゲーム自体と違って個々の抱く「勝利」は、もっと曖昧なぶん、
誤魔化しがきくというのもあるけれど、逆に脆くもあるよな、とも思うしね。
  
 
会話と一緒で、
「こんなことを言いたい」
と思うことまでは簡単なことだけれど、相手のレスポンス次第で変化していくもんだから
俺と、それを求めてくれるミンナとの「会話」は、
両者が揃ってはじめて成立するもので、
どちらかが欠けると「こうありたい」というイメージだけのものになってしまう。
儚いもんだからね、きっと。
 
 
76web1.jpg
 
1つ前のブログに詳細は書いたのでいらないかなとも思うけど、
一応置いておきます。
 
詳細はコチラ→ http://www.ys1126.com/live.html

先行申込の〆切は、3/29
 
 
今まで何度も言ってきているけれど、
ライブは先行予約が大事。
CDなどは、予約が大事。
あくまでもアーティスト側のエゴとしてはね。
 
受け手は、最終的には買わないという選択も込みで自由だから、強制する気はないけれど、
それも会話と同じ。
成り立たない会話になってしまうと、そこまでなのかもね。
 
もがき、争いたいものだね。

頑張ろ。

↑このページのトップへ