まずは、各所での誕生日のお祝いありがとう。
祝い忘れてる人々のうち、29日が誕生日だと思ってる人は、そのときでもいいです(笑)
完全に忘れてた人は……まぁ仕方ないよね、存在感薄いもの。
 
 
さて、先日メインで使用しているMacが故障しまして、修理に出しました。
サブマシンも、一部のキーボードの反応が悪く、ノートタイプなのに外付けキーボードをつながないとダメという状態で不便だったので、
メインを修理に出し、サブを上記の方法で使用しながら、もう1台を購入しました。。。
追加購入したのは久々にデスクトップというかタワー型のやつにしました。
これからはコレがサブになり(仕事によってはメインかも)、
今までのサブだったものがサブサブになります。どうでもいい情報ですが。
 
で、メインが修理から戻ってきて5日ほどが過ぎました。
 
下の画像は昨日の画面です。
 
IMG_8313.JPG
 
はい、完全にダメですね。
治っていません。
パーツを新品に交換してもらったのに、アカンがな!と。
 
ツイッターなどでは「使い方が雑なのでは」とか言われたりしましたが、
ノート型なんでそりゃあ持ち歩いたりするので丁寧とは言わないけれど、決して雑ではないです。
普通に使っててのコレです。
 
前のサブ(現サブサブ)もそうで、普通に使ってるんですが、
おそらく熱処理をMac本体がしきれなかったり、
もしくはバッテリーが膨張し出したりで筐体の形状が地味に変わったりした結果、
反応しないキーが生じ出した、という感じなんじゃないかと思います。
ようはハードワークによる寿命。
我々のような仕事では、このサブサブではパワー不足になってしまっているわけです。
 
ま、細かいことは置いといて、とにかくまたメインは入院ですね。。。
 
 
そんな中、ブラックフライデーでセールがあり、
PC追加による規格変更での機材追加購入を自分への誕生日プレゼントと言い聞かせて実施。
だいたいがソフト音源やプラグインやら何やらなのでデジタルデータですが、
規格変更部分のために、ハードも少しだけ買いました。
 
IMG_8275.JPG
 
Babyface Proは、以前からいろんな人に勧められていたんですが、
別にいいや〜と後回しにしていたんですが、これを機に導入。
かなり音が良くなったので作業が捗る……はずがメインPC故障。無念。
 
今は云百ギガのデータを追加購入したマシンに移管する作業をしています。
誕生日感皆無!!!
 
 
 
 
とはいえデータ移管中は、手持ち無沙汰になりがちなのです。
そんなこんなで、(家で)映画でも観ようかな〜となり、
以前に映画館でも観て、もしかしたらブログか何かでも紹介したかな?の、この作品を観ました。
 
IMG_8322.JPG

 
ジャージーボーイズ。
素晴らしき名作です。
 
 
なぜコレを観たかと言いますと、、、
 
今流行り(?)の映画「ボヘミアンラプソディ」を先日観てきたのはツイッターに書きましたが、
SNSはいろいろと面倒なことが多いので書きにくいこともあるんですが、
ざっくりした部分をハッキリと言ってしまうと、映画としては楽しめなかったのです。
 
いや、Queenは大好きなので(わかる人にはわかるでしょう)、むちゃくちゃ楽しみにしていた映画で、
初日はスケジュール的に行けなかったけど、行ける最速で観たぐらいですし、
もちろんいろんな部分で「おー!」とか「すげー!」みたいには思ったので、決してアンチではないです(笑)
ただ、何ていうか、、、これ映画である必要あるんかな?と思ったというか、
まどろっこしい言い方を抜くと、物語やヒューマンドラマ部分がぞんざい過ぎて、、、物語を部分的にしか見ていない人らへのわかりやすいアピールと(生死やジェンダーのこと)、
熱量の高いライブシーンと、圧倒的なまでのQueen自体の音楽力(&フレディの声)だけで押し切っていて、
観終わったあとに「いや、Queenがかっこいいのはわかったが…知ってたしな。。。」と思ったのです。
 
再度言っておくと、決してアンチじゃないです。
ラミマレックをはじめとした役者の方々の凄みは鳥肌モノで涙も流れたし、
先述の通りライブシーンもいいし、何より曲は最高です。Queen最高です(笑)

ただ、登場人物たちのパーソナルな部分は、よくわからなかったし、
各々が何に惹かれあっているのかも、よくわからなかった。
フレディがなぜ彼や彼女を愛し、彼ら彼女らがフレディの何に惹かれたのかも(少なくとも映画の中の情報だけでは)わからない。
こう言うと
「人間性だよ!」とか、何かそういうこと言ってくる人がいるかもだけれど、
その部分を、この映画で感じとることができる人は凄いな、、、ってぐらい、
どちらかと言うとクズとしてしか描かれていないと思うのだが。
愛や性の表現に悩む様を見て勝手に同じ気持ちになっているだけで、その中身はまったく見えないと思うのだが、、、なぜ惹かれたの?
廊下ですれ違っただけの人や、ナンパしただけの人を、、、??って思ってしまうのだ。
どうしても、そういうヒューマニティの部分が描かれていないので、作品としては謎。
ネタバレ含んでしまうから書きにくいが、作品以上に見た人々の感想に対して疑問だらけなのである。
 
だが、コレは言える。
Queenというバンド自体は超カッコイイ!!!!!!笑
  
現に映画を観た翌日にはQueenのアルバムを引っ張り出してきたり、なんなら買ったりしてしまう。
LIVE AIDの動画を観て「エーオ!」とか言ってしまうのだ(笑)
 
 
 
そして話は戻り『ジャージーボーイズ』。
くどいが、名作である。
今日も涙がこぼれ落ちた。素晴らしい作品だ。
 
知らない人のために書いておくと
「The Four Seasons」というバンドのお話である。
 
このブログを読んでいる人にとってはQueenよりは知名度が落ちるかも?とも思うが
世界的にも超有名なグループだ。
曲も然りで、Queenといえば「アレね!」みたいな強さはないかもしれないけれど、
きっとこの映画を観たら「あ、この曲か!」となるものが数曲あると思う。
メインボーカルのフランキーヴァリのソロ曲「Can't Take My Eyes Off You」とかは、
聞いて知らないと言う人をみつけるほうが難しいんじゃないだろうか。
 
この映画の好きなところは、
バンドの各メンバーのパーソナルな部分がわかりやすく描かれていることと、
何か得ると何かを失うというテーマの重さに対して音楽がどういう意味を持っているのかを
しっかりと、そしてわかりやすくポピュラーに描ききっていることだと思う。
アイツもアイツも、バカだけど素敵だったりして本当に切ないんだ。
そして上記「Can't Take〜」を歌い終えたあとのヴァリの表情は、何にも例え難い。
 
あくまで個人的にだが、バンドという形態の物語・映画としては、
ジャージーボーイズのほうが圧倒的に好きな作品だ。
できれば、ここまで読んでくれた人には観てもらいたいなぁ。。。
 
 
 
ただ、とても不思議なことがあって、
それで急にこの映画を再度観ようと思ったのだけど、

・ボヘミアン〜は、見終えたあとにQueenを聴いちゃう。買っちゃう。
 なのにDVDやBDにはまったく関心がない。
 
・ジャージー〜は、見終えたあとにもThe Four Seasonsは特に聴かない。
 けれどBDは即買いして、時おり観てしまう。
 
 
簡単に考えると、自分にとっては
Queenは音楽が好きで、The Four Seasonsは別に好きでなく、
ボヘミアン〜は映画は好きでなく、ジャージー〜は映画が好き
ってだけの話なんだろうけれど、
何となくそれだけじゃない気もする。。。
 
フレディマーキュリーもフランキーヴァリも、すごく個性的な声の持ち主で、
音楽性やアイデンティティも言わずもがなの一級品なわけだけれど、
ボヘミアン〜はフレディの歌声を可能な限り使っていて、
ジャージー〜は役者が歌っている(似てるし、何よりメチャ上手い)、
ここに大きな差があって、
やはり上手いし凄くても本当のフランキーヴァリの歌声とは別のものだから
フレディの声を聴いたあとは、Queenすげぇ!聴こう!!ってなるのかな、と。
そう考えると、やはりフレディの声ってのは理屈じゃ説明できない力を持っているんだな〜
みたいなことを思うわけです。
 

長々と書いているうちに自分の文章を書く熱量がなくなってきたので、
もっと言いたいことがあった気もしますが、そろそろ終わりにします(笑)
 
 
あ、そうそう。
ついでみたいになってしまうが(笑)
Waiveのツアーの先行申し込みの〆切が今日23:59までなんで、
忘れないようにね。
(※大阪が狙い目です!!)
 
↓申し込みは、コチラ↓

Waive_Top2-1.jpg




どうも、善徳です。


さて、そんなワケで……
まさかの展開ですが、2019年のWaive・ライブツアーが発表されました(笑)
 


TOUR「Wave to Waive」

2月9日(土)柏PALOOZA
2月11日(月・祝)HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
3月17日(日)仙台HOOK
3月23日(土)福岡DRUM SON
3月24日(日)KYOTO MUSE
4月6日(土)大阪BIG CAT
4月7日(日)名古屋E.L.L
 
  
本日より最速先行受付中!!!
http://www.waivewaive.com/


そして、
GIG 「サヨナラ?」愛しい日よ
4月30日(火)Zepp Tokyo
です。
  

肉の日を皮切りに……初めての場所や、個人的には超久々なところまで、
7+1箇所、巡ります。


Waive_Top2-1.jpg 
 
 
MUD FRIENDS初日、大阪公演のMCにおいて、
ついつい勢いで
「4/30のZeppワンマンに来てくれるなら、俺らも大阪もう一回来るよ」
と言ってしまい……(笑)、
その後の先行予約の数字が、そこそこ伸びまして……
有言実行マンとしては『じゃあ大阪公演やるしかねぇ!!』となったワケですが、
正直なところ、
もう1歩…いや、もう2歩ほど伸びてほしいというのが本音でして、
じゃあ、他の地域にもライブをしに行って、
そこからZeppに来てもらえばいいのでは!? と安直(?)な発想がツアー開催に繋がりました。


気持ちとしては、もっと北から、もっと南まで会いに行きたいぐらいなんですが、
いろいろな事情もありつつ(笑)至らない部分も多々あり、そうもいかず、、、
ただ、今の我々のできる最大限の形としてTOUR「Wave to Waive」に挑みますので、
各地に来ていただき、
Zeppにも来てください。
 

http://www.waivewaive.com/
http://www.waivewaive.com/
http://www.waivewaive.com/
 
 
ツアータイトルの「Wave to Waive」は、
MUD〜の最後に、逹瑯(MUCC)が
「ウェイブだけに活動に波があるからな~」
とボケてきたことに対して、田澤クンが
「そのウェーブちゃうわ! 俺らにはi(愛)があんねん!」
と言ったことがニュースサイトとかに、やたら取り上げられていたことから閃いたものです。
 
以前から「iがあるウェーブ」ってのは何度もアイデアとしては浮上していたんですが、
なんか照れくさいのかダサいと感じたのか何なのかで却下されることが多く、
それなのに今回、会話の中でサラッと田澤クンが言えたのは、俺の中でも驚きで、
この自然な感じが今のWaiveなんじゃないだろうか、、、と思い、
そこからいろいろと考えてみたのです。
  

「i」は、「愛(LOVE)」かもしれないけれど、
その手前に、まず「愛」って何なのよ!? とも思うわけで(笑)

きっと、愛にはいろいろな形や意味が存在していて、
「具体的にコレ!」なんてものじゃないだろうけど、
その、人の数だけ解釈が存在するかもしれない「i」というものを、
ツアーに参加してくれるミンナと我々の間で、できるだけ似た形…なんなら同じ形に(せめて開催期間だけでも)していき、
2月9日の1本目からZepp Tokyoに向けて
「i」というバトンが、どんどん具体化して紡がれていくような、
そんなTOUR「Wave to Waive」にしたいと思っています。
 
 
来てね!!!!
 

http://www.waivewaive.com/
http://www.waivewaive.com/

http://www.waivewaive.com/

http://www.waivewaive.com/



http://www.waivewaive.com/
http://www.waivewaive.com/



さて、本日より

Waive
GIG「サヨナラ?」愛しい平成よ
2019.4.30
Zepp Tokyo

チケット一般発売開始です!!!!
 
==================
《チケット購入は、コチラから》
イープラス▷http://eplus.jp/waive-gig/
チケットぴあ▷http://w.pia.jp/t/waive/
ローソンチケット▷https://l-tike.com/waive
楽天チケット▷http://r-t.jp/waive
==================
   
wv.jpg

 

Waiveにとって、初のZeppワンマン公演です。
 
 
ちょいと勘違いされてるかも? と思っていることに対して、ここで補足。
 
「この4/30のライブの成功が、Waiveが今後の活動を継続するかどうかを決める」
みたいなニュアンスに取られがちにレポートなどでもなっているけれど、
間違ってはないが、正しくもないな〜と思ってます。
 
DI:GAのインタビューでも話したんですが、
「やらない」と「やれない」は、全然違うものなので、
後者にならないことを願うと実質としてライブの成功が必要になってくる、という話。
 
例えば、またMUD FRIENDS含め、なんらかのイベントライブを実行するとかを考える上でも同じで、
「そんなの、もうできないよ」ってなってしまうと、そこで終わってしまう。
可能性が1%でもあれば確変は起きるけれど、0%になっちゃうと終わる、という話。
 
個人的には、別に
『過去最高動員を塗り替えたらライブ活動追加GIG!』
とかにしてもいいけれど(笑)、メンバーやスタッフも含めてどう考えてるかは知らない部分なんで、
現状でWaiveが公に言っているのは、上記の「やれない」にしないためにも、
みんなで目的掲げて、そこに向かおうぜ!!っていうところなんですよね。
 
それが、2019年4月30日のZepp次第で大きく影響する、と。
 
 
 
実のところを言いますと、
2005年の解散GIGのときに、俺は「Zeppがいいのでは?」と
当時、我々のライブ制作をしてくれていた近藤(コメット)さんに言ったのだけれど、
その直前の解散発表ツアーの券売状況が、あまりにも悪かったため
「難しいんじゃない?」と言われ、Shibuya-AXでの公演となった経緯があります。
結果としてAXではお客様が入りきらないような状態になってしまい、
「Zeppのほうがよかったかねぇ?」と後日言われたのを覚えています。
 
 
時が流れ2010年の再演のとき、発起人となったB氏に
「Zeppか、STUDIO COASTをやろう」と提案されたのですが、
このときは直前の2009年11月に、自分のソロワンマン公演がShibuya-AXでできたことで
『ようやくソロ開始から目的に掲げていた、バンドと同等規模までソロで集客する』
というところに達したばかりであったことや、
上記の近藤サンの事故死などもあり、『思い出の会場でWaiveを終えたい』という感情などから
「解散以前のキャパシティより広い会場では公演を行わない。最後はAXで終える」
ということを条件にして再演をすることにしたので、このときもZepp公演は流れました。
 
 
2016年の際(実質、内容を決めたのは2015年)は、
ベースの淳が「やるならZeppやりたい」と言ってきたのですが、
このときは前回のB氏含め、過去と違ってマネジメント無し、
鉄ぱいぷレーベルオンリー……ようするに自分で仕切るということがメンバー間の取り決めでもあったので、
今までに経験したことのない規模のことを取り仕切ることを億劫に感じたことなどから、
またしてもZepp公演は流れました(このときはAXが既に無くなっており、EXシアターになりました)。
 
  
そして今回。
 
 
インタビューなどでも話してきたけれど、
当初は別会場を狙っていました(TDCホール)。
 
実際、仮押さえした日程などもあったのだけれど、
それに向けての足並みがスタッフなどと揃いきらなかったことと、
「こうできれば」と思っていたストーリーの出鼻を挫かれてしまったので(笑)、
日程などから考え直すことになり、
以降、会場とコチラのスケジュールが折り合いつかず、
そうこうしている中で田澤クンが
「先日、Zeppに某アーティストを見に行ったんだが、あそこやりたい」
と言ったので、「じゃあそれで」と(笑)
 
 
今でこそメジャーデビューなんてどうでもいい時代になったけれど、
約15年前、Waiveが現役(?)で活動していた頃は、デビューが1つのアイコンで、
タイミングなどの兼ね合いが悪かったり、
最終的にはインディでの活動を宣言したりしたことなどもあって、
Waiveというバンドは、世間的なイメージよりアングラな活動を重ねることになったため、
実際、上記のとおり、解散以降10年にも渡って1500〜2000人キャパの会場を完売させてもらってますが、
2500とか3000を売り切る力があるかというと、正直ないと思っています。
数字的な意味だけでいうと、2005年もしくは2010年にやっていれば案外アッサリ届いたかもですが、
2016年と今回は、いろんな意味で壁が高い印象です。

俺は俺の人生しか知らないというか、
田澤くん、ニノカタ、淳の3人が、どんな感じの日々を重ねているのかを、ぶっちゃけあまり把握していないので、
俺の知らないところでニノカタが超人気で2000人ぐらい連れてきてくれたりしたらスンマセン(笑)
 
 
でもまぁ、先日も書きましたが、
なぜかバンドとして最も成熟しているのは2005でも2010でもなく、2018です。
多分、そういう意味では2018年より2019年なんじゃないかと思っています。
 
 
もちろんエンタメにおいて大切なのは、
成熟度だけではないし、ましてや演奏や歌唱力なんかじゃないと俺は思っているので
「今が最も良いものだよ」とは言いません。
失ったものだって沢山あるので。
 
けれど、何だろうか……この感覚を言葉にするのは難しいのだけれど、
2010年や2016年よりも、もっと現役時に近いフィーリングをもって
2019年という成熟された未来のWaiveが見られるのって、なんだかドキドキするというか
可能性って不思議なものだと思わせてくれる何かがあるな、と。
少なくとも2005年の12月1日に、俺は未来にWaiveのライブがあるとは思っていなかったし、
それが、こんなふうに過去を越えるものになると考えられるなんて、これっぽっちも思わなかった。
 
あくまで自分の感覚でしかない話、
他メンバーや、個々の活動などを見ている人たちにとっては、きっと違うものだろうけれど、
自分としては、解散発表時にMCで言ったように、Waiveが最高のバンドで、
もうこの先にこれを超えるバンドはないと考えていたので、
今また同じ「Waive」で「Waive」を上回ろうと考える日がくるとは……不思議以外の何でもない(笑)
 
 
ま、そんな感じで、、、
俺の考えは、あくまで俺の考えでしかなく、
バンドのいいところは、俺のことを嫌いな人でも別の人を応援できるところでもあると思うので(笑)
「杉本め、クソが!!」
と思っている人も、Waiveのことは好きになってチケット買ってくれよな!!!!!!
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
ここからは、少し別の話。
 
Waiveさん、現在BARKSで連載企画やってます。
 
 
上記記事のとおり、先日のMUD FRIENDSでWaiveを撮影してくれたのは

このビオラとの出会いには、ちょっとした縁があって、、、

2016年の公演時に、以前から知り合いで
『ゆず』の担当を当時していた某氏から名前と公式サイトのURLなどが送られてきて
「この子、WaiveのDVDとかも持ってるみたいで、すごく好きだったみたいだから、もし機会あれば〜」
的なノリで、紹介を受けたのです。
 
それから約2年が過ぎ、
今度は、ずっとWaiveの映像作品の監督をしてくれている野田サンからも
「今、某現場でビオラと一緒なんだけど、Waive撮ってみたいって言ってるよ」
と連絡が入り、こういう縁は形にしていかないと! と思い、発注に至ったのです。
 
そんなこんながあって、先日のMUD〜のときに会場で改めて
「はじめましてー(笑)」
という会話を交わしたのですが、
インスタにも書いていてくれたけど、曲を最初から知ってくれているからというのもあるのかな?
それとも、そういうの関係なしに抜きん出た才能があるとかなのか、俺にはわからないけれど、
「この瞬間が来るの知ってたの?」みたいなテイクがあったりで、驚いた次第です。
 
そんなビオラが撮影した先日の写真で、
イベントの短い時間の中で、こういうところも逃さないことに
「やるね〜」と思った1枚を置いておきます。
 
20181018_VK_0232.jpg
 
 
我々も業界長いからか、
最近は、こういう縁が増えています。
 
特に売れっ子作曲家に多く
「あの曲、大好きです!」
とか言ってもらうことが何度も何度もあるんですが、、、
なんか素直に喜べないぜ……(笑)





==================
Waive GIG「サヨナラ?」愛しい平成よ
2019.4.30
Zepp Tokyo
 

《チケット購入は、コチラから》
イープラス▷http://eplus.jp/waive-gig/
チケットぴあ▷http://w.pia.jp/t/waive/
ローソンチケット▷https://l-tike.com/waive
楽天チケット▷http://r-t.jp/waive
==================

↑このページのトップへ