仮免の試験を受けました。





今日。






試験って何?







オーディションはよく行くけど。







試験って言葉大学生入試以来かも。







試験?







20年以上やっている役者業には正解不正解なんてない。







あるとしたら。








技術関係なく全てに置いて求めるものに合うか合わないか。








それが答えなんだと思う(笑)







でも一般的な試験には正解と不正解がはっきりしてる。








ちょっとドキドキしましたよね。









マークシート(笑)







意地悪な問題が多いだろうと思ってたからひっかけはないのか?と問題を三度読む返し(笑)







取りあえず2段階へ進みましたー。






思ったより優しい問題だった。







そんな今日の前日は。







これを見ました。



_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5951.JPG

ディズニープラスでハワード!!






ミュージカル界では超有名なあの方。







リトルショップオブホラーズを見たくなります。






いい曲いっぱいあるんだよー!!






アランメンケン。






ゴールデンコンビだよね!!







そして90年代ブロードウェイを襲ったHIV。






彼が戦ったHIVとそして彼のセクシャリティ。







そして残された作品。






考え深いものがありました。







そんな彼だったからあの有名はシーン。







そしてあの歌詞が作られたのかな?







なんて思ったら泣きました。






そして南部の唄の影響かどうか知らないが白人主義だったと言われるディズニーが去ったずいぶん後。80年代後期。不可能だと思える様な別世界の夢を歌うpart of your world。90年代。Beauty and the Beastと歌いHuman Againと歌う。そしてアニメではカットされたが
Proud of Your Boy。自慢の息子になるよとアラジンが歌う。
2000年代になれば黒人モデルの主演アニメを作り、そして氷の女王はありのままの姿見せるのよ。ありのままの自分になるのと歌う。そしてディズニー初のゲイ要素のある役を美女と野獣の実写版で表現したり、そしてアニメ版美女と野獣を作ったハワードのドキュメンタリーをディズニー+で配信したり。






時代の流れを感じた昨日でした。







そんなドキュメンタリーを見た夜は勇気をもらえた夜でした^_^







人生に正解も不正解もない。