_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5900.JPG
やっと見てきました。


君の名で僕を呼んで。




近年。




ムーンライトとか。




そう言ったLGBT系の映画も多いですけど。




多いと言っても昔からあったんだけど日本が配給しなかっただけだ思うけどね。




だから昔はゲイ映画祭とかでしか見れなかったけど今は近所の映画館で普通に上演されてるっていう。




時代は変わったよね。




とにかく素敵でした。




でも奇妙な映画でもあったかも。




ちょっとテンション上がって帰りにコンビニでスパークリングワインを買ってしまった。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5902.JPG
ペペロンチーノと共に。




最初ただの人様の恋愛を見せられているような。




BL的な感じで話が進んで行くんだけど。



これはなんなんだろうなーと思ってたんだけど。




当事者としては若さ故の葛藤もなくすんなり入って行くところとかすごい共感出来たけど。



俺も最初は葛藤なんかなかったもんね。




そういうの感じるの色んなことを知ってからだもん。




でもその恋愛模様見せられても当事者じゃなければなんだろなーと思うだろうな(笑)





でもとにかく美しかった。




映像も綺麗だし。




二人ともイケメンだし(笑)




でもアカデミー賞脚色賞とってるだけあって。




ちゃんとネタはありましたよ。



お父さん💗




素敵過ぎるはー。




あんなお父さんいる!?




素敵過ぎる。




自分の経験を話しながらもその気持ちを恥じずにいて欲しいと息子に言うの。




お前はゲイだとか一言も言わずにね。




二人は友情は素晴らしい。友達以上の関係かも知れない。その気持ちを恥じずにいて欲しい。



って。



最初から両親わかってさー。




それの接し方とか言葉の使い方とかがとにかく素敵。




おしゃれだった。




そして最後はこっちの世界にはよくある話のオチがあって。




エリオが暖炉にあたりながら泣く表情を見せながらのエンドロール。




音楽もなし。




おしゃれすぎない?





ちょっと椅子から立ち上がれなかったはー。




この作品の言いたいことはないか?




その説明台詞なんて1つもない。





見てる人が感じるしかない。





なんか今日はお洒落な映画を見れました。




いい映画だったー。



俺はお父さんの「その気持ちを恥じずにいて欲しい」が心に響きました。



泣いた。



そんなの当たり前の事であってほしいんだけどそうじゃなかったね。




僕の17歳の時は。



⭐︎出演情報⭐︎