『騎士団長殺し』を読んでいる。

あんまり村上春樹作品を読んだことはなくて、これを買ったのも

村上春樹『騎士団長殺し』発売! あらすじを予想してみた


この記事を書くためというのが大きい。読む前にあらすじを予想するために買ったのだ。不届きな客。
積読にしておくのも惜しいので読み始めたんだけれども、おもしろい。
ただ、主人公の行動様式が全く自分と違うので戸惑う。当然のように人妻とセックスしているし、山で一人オペラのレコードを聴いたりしている。

聞いたところによると「村上春樹が書く男は居酒屋に行かない」のだそうだ。「この流れなら土間土間だろう」というところでイタリアンの個室に行ってしまったりするらしく、そこをイヤミっぽく感じる人も多いという。

かといって完全に浮世離れしているというわけではなくて、GoogleやFacebook、スタバなどは作中にも出てくる。もし村上春樹の中で「出すモチーフ」と「出さないモチーフ」が明確に決まっているとしたら、そのリストを見てみたい。

たとえば「サイゼリヤ」
村上春樹作品の中に、サイゼリヤはあるだろうか。村上春樹の中でもミラノ風ドリアは280円なのか。

ギリギリある気がする。根拠はないが、サイゼリヤは村上春樹マップの片隅にぽつんと建っているような気がするのだ。
逆にラ・パウザは絶対にない。価格帯はサイゼリヤより上だが、だからこそ、ない。


「村上春樹ワールドにあるかないかクイズ」というのも面白いかもしれない。
勝手な自分の感覚で判断してみたい。

「うまい棒」は、ない。
「ネピア」は、ある。
「クイックルワイパー」は、ない。
「がっちりマンデー」は、ない。
「東京スカイツリー」は、ある。
「水素水」は、ない。
「ごつ盛りソース焼きそば」は、ない。
「ポケモンゴー」は、ある。

作品全部読んだわけじゃないので、もしどれか作中に出てたらすみません。


「ふりかけ」は、村上春樹ワールドと外の境界線のギリギリに存在していると思う。
あるとないのちょうど中間。半透明かもしれない。村上春樹ワールドのふりかけは透き通っている。

これが固有名詞「のりたま」だと、完全にない。
存在しない。