img_kashibon-2

最強のモテお菓子王は誰だ!? 第二回「菓子盆選手権」


オモコロの記事で審査員やりました。


楽しかった。
これは写真や文字で伝わりきらない面白さがかなりあって、撮影中は全員が菓子盆を指さし狂ったように笑いながら缶チューハイをあおるという光景が繰り広げられます。イベントでやりたい。
記事の反応をエゴサーチしていて面白かったのは、「○○(好きな漫画のキャラクター)の菓子盆を想像してる」というツイートが散見されたこと。なるほどー。そういう楽しみ方もアリなのか。

あと、瀬戸内れもんイカ天、うまい。これは記事の中で最も伝えたかったことです。














月刊ジェイ・ノベル3月号に品田遊のエッセイが載っています。
サイゼリヤを褒めちぎっています。
ところで褒めちぎるの「ちぎる」とはなんなのか。

鬼「いいコブですね(ブチィ)」

みたいなのを想像する。


実業之日本社
2016-02-15




Jpopの人ってわりといろんなきっかけでどこへでも行けるような気がしているが、そういえば僕自身はどこへでも行けるような気がしたことがない。

自分もどこへでも行けるような気がしたいと思ったので、歌詞サイトで検索して「どこへでも行けるような気がした理由」を調べてみた。
サンプル数は54ほど。



riyuu

いちばん多いのは「君がいたから」というニュアンスの理由だ。
よきパートナーを見つけることが、「どこへでも行ける気」を起こすためには重要なのだろう。
特に理由が述べられていない場合も思いのほか多かった。

次に多かったのは、なんらかの天候が「行ける気」を触発するパターンだ。
朝の到来や雨上がり、夜中などが多い。この場合、「キミと朝を~」のように、合わせ技だったりもする。

「あの日は」のパターンは、ノスタルジックな曲で多い。若かったあの頃はなにも怖くなかったのだ。

乗り物に乗車して触発されることもあるが、たまプラーザ行きのバスは、たまプラーザに行くのではないだろうか。





ロフトプラスワンで2/7に行われたイベント『IQ10からの文豪入門』無事終了いたしました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。


2016-02-07_06h18_37


けっこうウケて良かったです。
休憩中にマヨネーズ工場の映像にバリバリ最強No.1を合わせた映像を流したのですが、それはスルーされました。


イベントでは、本当に学ぶべき道徳の話などをしました。


2016-02-07_05h24_12

「主人公を作ろう」というコーナーでは、即興で主人公として通用する設定を考えました。
フグ毒で国連の要人を暗殺する女マフィアという魅力的な設定のキャラクターが生まれました。

ossan2

そのヴィジュアルはイベントに来た方だけが知っています。




ゲスト出演してくださったワクサカソウヘイさん、ARuFaさん、ありがとうございました!



ふざける力 (コア新書)
ワクサカ ソウヘイ
コアマガジン
2015-12-03




 

↑このページのトップへ