Googleドキュメントには「共同編集」という機能がある。
これは、リンクを知っている人なら誰でも文書を編集できるというものだ。
しかし普段はあまり使わない機能なので、応用してみることにした。



2016-10-21_21h41_18


まずは「古池や 蛙飛び込む 水の音」とだけ入力して、Twitterで文書の編集リンクを共有。
集合知で芭蕉以上の俳句を作るように要求した。
すぐさま20人ほどが参加してきた。全員匿名なので、誰が何をやったかは分からない。
画面上に表示されたカーソルは最初、おずおずと移動を繰り返すのみで動きはなかった。

2016-10-21_21h42_25


1分後。後半が改変されて「鶏肉」というワードが登場する。
これをきっかけに、堰を切ったように改訂作業が始まった。

2016-10-21_21h42_35

古や 蛙って鶏肉っぽい

ネオ俳句誕生の瞬間である。


2016-10-21_21h45_08

次々と新たなワードが現れる。黒ギャルも登場。


2016-10-21_21h47_33

集合知、5・7・5のルールを完全に脱する。


2016-10-21_21h51_14

約10分でこうなった。


2016-10-21_21h53_50


芭蕉絡みのワードは常に残っているのが特徴的。

ここで最初の「全消し」が行われ、0からやり直しとなる。


2016-10-21_21h55_07

これ概念!?


2016-10-21_21h56_04

集合知は中央揃えを覚えた。


2016-10-21_21h58_14

アフィリエイトリンクを貼るものが登場する。


2016-10-21_22h00_19

スマップ

このあたりでアダルトサイトのリンクが多数貼られるようになる。


2016-10-21_22h01_21

注意を受ける集合知。


2016-10-21_22h03_49

短歌界に飛び火。


2016-10-21_22h05_35

ノイズまみれではあるが原型が一瞬戻ってくる(すぐに消滅した)。


2016-10-21_22h07_25

表の概念が登場する。
そろそろ潮時かと思い打ち切りを宣言。
開始からちょうど30分目であった。




終了時の俳句は次のようになった。

2016-10-21_22h12_17
2016-10-21_22h12_22

言葉が素手で殴り合ってて良かったです。
以上です。










★★宣伝★★


2016-07-08_18h24_27

キノノキにて『名称未設定ファイル』(品田遊)連載中








連作短編集発売中。




 


2016-08-04_00h04_18






もう発売から1年経っていたのか。
私が書いた連作短編集『止まりだしたら走らない』のKindle版が月額980円の読み放題プランに含まれてたので読み放題れます。さらに、30日の無料お試しがあるので、その間に読んでしまえば実質無料ということになります。良いですね。もし読んで「良い」と思ったらお友達に教えてあげてくださいね。「良くない」と思ったら別の良いことをして、「良くないと思った」と人に言うのは控えてくださいね。私は損をしたくない。

そもそもその読み放題プランが何かはこっち読んでください。

月額980円で電子書籍が読み放題の「Kindle Unlimited」のラインナップがシブい


個人的なオススメでは、紙の書籍で読んで欲しいです。
error403さんが手がけた挿絵の点数がだいぶ多い上に、かなり緻密に配置されていてたのしいので。


----------------------------------------------------------------------------------------------


「人に悪意を向けていると、その悪意がいずれ自分に返ってくる」
という話をたまに目にする。

これは因果応報のようなものとは違う理屈で正しいのではないかと最近思った。
悪意は言語だ。また、善意も言語だ。世の中にはいろいろなこと、ものがあり、そこに悪意を読みとることもできれば、善意を読み取ることもできる。悪意を使いこなすということは、悪意という言語が上達していくということでもある。ことばをしゃべるのが上手くなれば、読むのだってうまくなる。
ドイツ語が読める人は町の看板などに書いてあるドイツ語がよく目に入ってくるそうだ。悪意を扱うのに慣れれば、外部に悪意を読み取ることも容易になる。

つまり、善意に満ちた生活を送り続けたからといって、悪意を向けられなくなるわけではない。
悪意を向けられているということがわからなくなるにすぎない。
自分の振る舞いで世の中の流れが変わるような因果応報説に比べれば、こっちのほうが信ぴょう性がある気がする。



 

まず最近書いたけどここに連絡するのを忘れてた記事を紹介します。

『ポケモンGO』日本リリースで起きるであろう面白ハプニング50

 
 オモコロの記事です。めちゃくちゃに拡散してしまったせいで来るべき未来がちょっと歪んだ気がします。知らない人にいっぱい「性格悪い」って言われた。

『ファイアパンチ』の1話をみんな褒めるだけ褒めて忘れてはいないか

 
バーグハンバーグバーグの新メディア・ヌートンで書いた記事です。ファイアパンチという漫画が好きなのでレビューというか批評というか、「私はこういうスタンスで作品を楽しんでます」という話をしています。僕はなにかを褒めても悪口を言っていると思われることが多いです。違います。




IMG_1542




最近、素直がブームのような気がする。

というのも、みんな、わりとブームに素直に乗っかりますよね。
ここでいう「みんな」っていうのは、なんていうのか、僕に似ている人たち全般を指す。つまり、ネットで何か発信していて、物事を俯瞰で見るクセがついていて、マジョリティとマイノリティなら自分はマイノリティだと信じているような人たちのことだ。クラスに1人いる根暗なタイプ。ぜんぜん「みんな」じゃないな、これ。

そういうタイプの人たちは、20年前ならたとえば「Pokémon GO」なんてやってなかったと思うのだ。クラスに1人の根暗は、ポケモンの話題で盛り上がるクラスに20人のマジョリティを尻目に爪を噛みながらつげ義春の漫画を読んでいるべきではないのか。

なのに最近のマイノリティ系・世間を斜めから見る系の根暗族は、とりあえず流行に触れてみて、なんなら結構楽しんで、へぇ、いいですね。みたいな感じを普通に出せてしまう。

ネットのおかげのような気がする。

根暗族が流行に乗りたがらなかったのは、かれらが世間と自分との間の感覚のズレを重視していて、流行に乗ることで自分自身のオリジナリティみたいなものが蔑ろにされてしまう危機感を持っていたところが大きい。クラスのアイツと俺とはちがうんだ、みたいな。

ところが、ネットがつながってるとどんなマイノリティの母数も膨れ上がる。クラスに一人しかいない根暗も、全国規模で見ると何十万人もいることがわかってしまう。マイノリティだろうがマジョリティだろうが、それは単なる「マイノリティ組」「マジョリティ組」という規模の違うサークルがあるだけで、どっちに所属するか、という問題にしかならない。

ようは、流行に乗らないということが、まったく己のオリジナリティを担保してくれない。

なので、もうみんなそこはどうでもよくなっているのだ。とりあえず素直に乗るだけ乗ってみて、そのあとにどんだけひねたことを考えられるか競っているのだ。


という、仮説。

 

2016-07-08_18h24_27

名称未設定ファイル_02 亀ヶ谷典久の動向を見守るスレpart2836


短編小説が更新されました。

某巨大掲示板を模したお話です。
こういうコミュニティの文体模倣は楽しいのですが、流行の移り変わりが早くてすぐに古臭くなってしまうので、なるべくネット特有のスラングは入れないようにしてみました。本当はAAとかいろいろできると思うんですが、それやると逆に陳腐になってしまう気がして。

ところで、創作物に出てくるネットの書き込みってみんななんか同じ感じじゃないですか?
同じじゃない? と思ってこれ書きました。わりとリアルなはず。



ポケモンGO

2016-07-08_18h24_27

名称未設定ファイル_01 みちるちゃんの呪い


短編の連載がはじまりました。
『名称未設定ファイル』シリーズです。毎回いろんなお話を書きます。テクノロジーにまつわる話が主体になる予定。

名前が「名称未設定」なのは、単に思いつかなかったからです。他の候補が「虹色レインボー」くらいしかなかった。
だから決してバンド名を「NO NAME」とかにしてしまうアレではないのです……。

むしろ、アレは良い。

20160705113158

食べ物は埋めてから掘り起こして食べるとうまい? 第一回「発掘メシの集い」



記事をかきました。
一応楽天のPR記事です。つまり、「スコップを楽天のサイトで買ってね」というメッセージが込められてます。

受け取ってくれ、メッセージを。




↑このページのトップへ