なんかの自己啓発本に


「火は邪気をも燃やしてくれるから、火を使う料理をすると邪気がどっか行ってストレス発散にもなるからええんやで」


みたいなことが書かれてたんで



「ホンマかいな」



と半信半疑の気持ちを持ちつつも、



それを信じてみてん。




ちょっとここのところ

子供と24時間みっちり一緒におるけども


わたしはわたしで地味に真剣にやらんとアカンことが家事育児以外にもあって

それプラス、

家事育児。

みたいな生活を送ってて。



でも子供おるからそのやらなアカンことっつーのが思うようにはかどらず、


かといって家事育児に専念してやれるわけでもなく、


家事、育児、やらなアカンこと、


その3つ全てが中途半端で



全部中途半端なこの状況に、

それに対して多少なりとも


(・・いや少ない方に盛ったわ。  か・な・り! )


ストレスを感じてたわけですわ。



ほんでそんな中、

上記の

"火を使う料理をすると火が邪気をどっかにやってくれるからストレス発散なりまっせ"


みたいなのがどっかに書かれてたことを思い出し、


試してみる価値はあるわな、

ご飯もちゃんとできて、
ストレスも発散されて、

こんなウィンウィンなことないでな!


と思い、

晩ご飯に品数ちゃんとあるご飯を作ったんやん。


そしたら



見事に

ストレス発散なりましたで。







(わたしは真っ先に催眠術にかかるタイプなんじゃなかろうか)


(催眠術師のいいカモなんじゃなかろうか)



(そうならば誰か小心者でビビリなわたしに" わたしは万能だ "という催眠術をかけてくだされ) ←なんてこわい願いなの




いやね。
こないだスーパーでミニトマトが安かったんで買ったんやん。


(ウチの子たちはトマトが好きじゃないというのを知っておきながらね)



だけどトマトがどんだけ嫌いな姉妹でも

このメニューなら


ガッツくんです、


みたいな簡単メニューがあるんでそれ紹介しときます。



参考資料としては、これね。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3378.JPG
子供が寝静まったあと


勉強しながら、
眠気覚ましにキムチ食べながら

例のトマト料理も合うんでつまみながら



ストロングスパークリングを飲んでる写真ね。


(勉強の知識が入るのかどうかは明日の昼間に勉強したところを振り返ってみてわかるというギャンブルをしているわけですね) ←こんな母親いやですかね?




このミニトマト使ったレシピは以下の通りです!


トマト嫌いな我が子たちも
これなら両手で素手で持って
おっきい口開けて一気にいってますわ!




【材料】
春巻きの皮・・・10枚(10枚入りでしか売ってなかったから10枚なだけで10個も春巻きできても困りまっせな人は適当に減らしてよ)

ミニトマト・・・15個。(これも春巻きの皮の数に合わせてよ。春巻きの皮1枚あたりミニトマト1.5個やわ。)

とろけるスライスチーズ・・・10枚(これも春巻きの皮の数に合わせてよ。別にピザ用チーズでも問題ないけど綺麗にクルクルクルっと巻けるのはスライスチーズですなあ)


ハム・・・あの4枚入り3連です、みたいなやつ。ハム10枚あればいいかな。ってか春巻きの皮1枚あたりハム1枚ね。別に個人の自由で何枚入れてもかまへんけども。
(そんなん言うたら個人の自由でハムもチーズもトマトも何個入れてもええけども)



わたしが作るレシピは基本的に


普通の家庭の普通の冷蔵庫に入れるであろうモノでだいたいできあがります。

子供おったらやっぱり子供の舌ウケなレシピやないと食べてくれへんかったりするし
なにより材料に妙にコストかかったり
近所のスーパーに売ってへんようなオシャレ材料使ってる余裕は

別にないんでね。(切実)



親しみある材料で攻めがち、


っていうか親しみある材料で押し切り通してます。


①春巻きの皮を常温に戻しておく。

②ミニトマトを全部半分に切る。

③春巻きの皮を広げる

④ハムを1枚皮の上に敷く。

⑤ハムの上にスライスチーズを1枚敷く。

⑥その上にトマトを断面をチーズ側に向けて3つ横向きに並べる。

⑦巻く。

⑧終わりを小麦粉といた水塗ってくっつける。

⑨揚げる。
 (油の温度がお箸入れた時にほんの少しだけ気泡が出るか出えへんかくらいの低温で揚げ始めれば爆発することなく綺麗に揚がります。)



以上。
なんて簡単なの。




この日の春巻きを見た子供の感想がこちら。


↓↓↓↓↓↓↓


「今日の春巻き爆発してへんなぁぁぁあ!!




やかましいわ。


“春巻き 爆発”


でググったんや。

覚えたばっかやわ、油のええ温度加減。




簡単すぎてたいしたことない料理なんですが
子供はガッつくし大人も好きです。
お弁当に入ってたらテンション上がります。



このずっと家おらんとアカンという
逆に  非日常  な今の状況において

たまった邪気を火で燃やすのにも持ってこいです。

(“邪気”とかワード簡単に使うなよ、こわいねん)




みなさんも是非お試しあれ。