_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4324.HEIC


どーーーん。




行ってまいりました。


大阪も箕面市にある

勝尾寺。


このお寺、
いたるところにだるまだらけなんですよ。


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4393.JPG
(なんか丸くぽつぽつ見えるのがすべてだるま)


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4394.JPG

訪れた人たちが小さなだるまを購入し
お寺のいたるところに置いていってるっぽい。



置き方に置いた方の個性が出ていて


こんな置き方もあるで!!


いや、これもなかなか。。!!


という楽しみ方もアリかと。




このだるま、もともとくじ引きが入ってて
だるまのお尻の方に穴空いてるんやけど

その穴に
ちょうど木の枝をさして置いてるスタイルもあり


やや、

だるまを不憫に思ったり。


(まさか俺、こんな置き方されると思ってなかった。。)
(という、だるまの心の声聞こえてきそうな哀愁が漂ってます)






なんでも、この勝尾寺、
草創は奈良期で
平安時代、当時の天皇の権力も及ばないくらいの祈願力で
天皇の病を祈願で治したところ
天皇はたいそう喜び、直々に

王に勝った寺
勝つ王子
勝王寺


としたらしいです。


でも謙虚な寺側は

それは恐れ多いと


勝王寺


勝尾寺

にしたとか。



なのでこのお寺、
勝運祈願で有名なよう。






ここ最近のわたしはこれといって大きな勝負事とかはないですけども





人生常に勝負なようなものかもしれない、


かの岡本夏生も


人生ガチンコすぎるわよ


というブログ名をつけてたくらいですし、


と考えたら
祈願することもたくさんある気がしたので
参拝しました。


(紅葉観に行くためだけ、とは恐れ多くて言えない)







参拝した理由はどうあれ
心が洗われるような素晴らしい景色が広がっておりました。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4392.JPG

紅葉の度合いはまだ100%ではなかったけど

寒さが深まるにつれ、息が白くなるに反して
木々は赤々としてくる

その色合いの移ろいを日々感じること。


それができる


日本の四季って良いな


という
シンプルな結論に至りました。




日本の四季っていいんですよ。


ビックリするくらい海外に興味ないわたしは
ここに惹かれてやまないのかもしれません。




(なーにしんみり言ってんだか。)




ほらほら見てみて。


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4409.JPG



なにわのロイヤルファミリー



西川きよし ヘレン夫妻の名前。
さすがです。


箕面市と勝尾寺への愛を感じました。





紅葉観に行くため



そうやったかもせんけど
しっかりと、諸々のお願いと報告をしてまいりました。



今年も早いことであと1ヶ月半。

楽しく過ごせますように。







@yosoiki_mari   ←インスタやってるよん
衣食住  が、主。