台風19号で
被害にあった皆さん、心からお見舞い申し上げます。

さて、実はヨシケンも12日夜は避難所にいました。

11日がライブだったので
その日はVanilla Sky Recordsの事務所にもどり
過ごしたよ。

で、翌日12日 。
正直、小豆島で育った俺は台風直撃には慣れてる。
四国だと来る台風全部当たるからね。
だから、雨や風には驚かなかったけど
河川がヤバイと。

近くには荒川もある。
東日本大震災の後くらいだったかな。
ある日ジョギングしてたら
俺の背よりもずいぶん高い位置の電柱(電柱ではなかったかもしれないが)に
目印があって、よく見たら荒川決壊時の水位が書いてあった(2m以上)
調べたら200年に1回は決壊してるらしい。
「怖いね」ってみんなで話してた。

で、荒川もだけど、その前に近くの支流が
危ないとニュース。

警戒レベル4、その後5

スタッフ中島からもLINEがガンガン来てるし。

で、楽器や機材を高い場所に移動して
 初めて暴風の中、ひとりで避難所に行くことにしたんだ。

避難した感想。

迷った時は
避難する選択はアリだと思う。
何もなければ一晩で帰れるし
何かあっても、安全は守れるわけだから。

なのだけど・・・

俺もね、避難すると決めてるのに
心の中に「行かなくてもいいのでは?」という思いが溢れて来た。

「大袈裟んんじゃないか?」
「何もなかったら無駄足じゃないか」
「明日も公演があるし」
「カッコ悪いんじゃないか」
「場所もわからないし」
「窓割れたらパソコン類どうするの?」

家族で住んでる人ならもっと
「ご飯どうするの」
「小さな子供がいる」
「ペットもいるし」
「動けない老人がいる」
「眠れないんじゃないか」
「明日も仕事だし」

たくさんの「行かなくていいのでは?」が生まれ
「行けない」になるんだとおもう。

それでも迷った時は心の声をきいて、行動してみてください。

今度何かあった時
避難のハードルを下げるために書いておきます。

半分金髪のロックンローラーだって
避難するからね。無駄足だっていいじゃない。
むしろ無駄足を笑えるなんて幸せ。
命あってのものだからさ。

PS お陰様で俺も事務所も何もなく無事でした。
ご心配いただいてありがとう。