弾き語りのライブってすごく難しいんだよね。
奥が深い。(路上ライブではなく、ここではライブ会場での弾き語りの話ね。)

ヨシケンを名乗って以来
ずっと弾き語りのライブをバンドライブと並行して
やってたんだけど
2016年に Vanilla Sky の月例アコーステックイベントをストップしてから
アコーステックでやる時も
誰か俺以外のメンバーがいて、アコーステックセットでやってた。
ちょうどバンドに若いミュージシャンが加わり
彼らを育てる意味もあったのだけど
いままで毎月やってたんだから、ちょっと気分を変えてもいいよね?
みたいな感じだった。


で、去年かな。2年半ぶりに
弾き語り再開したんだけど
最初にやったナカノステレオは足が震えたよ  (笑)
次に片岡くんに誘ってもらったライブも、公演自体はすごく楽しかったのだけど
自分のステージはあまり上手にできなくて
結構凹みました(笑)

それからまたイベントで歌わせてもらって
弾き語りの良さや可能性も十分再確認したので
次の展開として「アコギ1本でいろんな町に歌いに行きましょうか」という
話になり、それは俺も賛成なんだけど

「ちょっと待って」って俺が決めた。

弾き語りのヨシケンも、せっかく休んだのだから
その分進化したいよね。
なにせ今の弾き語りシンガーソングライターの人たちは
弾き語りに全体を特化させてる人が多い
という意味で。シーンのレベルは高いと思う。
俺とはタイプが違うけど、ステージに立てば同じ。
そんな中でも存在を示していかなきゃならないのだから。

つい最近
過去の自分の弾き語りを映像で見た。
ヨシケンって良くも悪くも無理やりロックなアコギ1本だよね。
だってヨシケンとしての最初の曲は「ラヴジェッター」だぜ?
あんなのアコギでやってたのが最初だからね。
でもそれだからウケたのもあるよね。

そしていつも
「結果を残さなきゃいけない」
「結果を残すための」アコギ1本だったように思う。
いつも大きな目標や野望があった。
ワンマンチケやCDもバカ売りしなきゃならなかった。
だから必死になって吠えていた。
それも良かったのだと思う。

それを踏まえた上で
もうひとつかふたつ
弾き語りヨシケンにも進化が欲しいと思った。
楽しみながら探していくね!

夏頃、水田さんや長門さんに誘ってもらったライブも
気の知れた仲間とのライブだったので
ゆったりと楽しみながら歌えました。(ありがとうございました)
そんなステージも一つ一つを重ねて重ねて
次に向かいたいと思います。

次回弾き語りは10月13日の江古田マーキーです。
その前に11日は秋田犬で「わりといいやつら」こちらはキーボード久保田響と歌います。

 EDDVFbVUwAAbUtq.jpeg

10/11(金)
秋葉原 Live Garage 秋田犬
「わりといい奴ら Vol.6」
日時:2019/10/11(金)
会場:秋葉原 Live Garage 秋田犬
時間:開場18:30//開演19:00
出演:ヨシケン/高川善和/川端深雪
チケット:前売¥1,500-(1D別)前売予約受付中
Access@秋田犬
千代田区岩本町3-7-11 神田KS B1F

10/13(日)江古田マーキー
会場:江古田マーキー
時間:開場18:30//開演19:00
出演:ヨシケン/菊池ともか
チケット:前売¥3,000-/当日¥3,500-(1D別)前売予約受付中
Access@江古田マーキー
東京都練馬区豊玉上1-10-10 江古田スカイビルB2