新宿レイニーワンマンライブが終わって
もうすぐ1ヵ月になります。


今回のライブ終えて、今までに体験したことのないような幸せな気持ちになって
それが徐々に弱まりながらも今もまだ続いています。


この穏やかな気持ちは一体何なんだろうと思った時に思い当たる節は

思えば、こんなにファンの皆に喜んでもらおうということに重きを置いてやったライブは
なかったなと。


いやもちろん、これまでだってみんなに喜んでもらおうと思ったよ。
でも同時に「わかるやつだけついてこいや」とか
「俺がぶちかますけど、オマエら理解できるか?」
みたいな部分も半分ぐらいはあって。
それはロックシンガーとしては間違いじゃないし
むしろそっちが正解かもしれないんだけど。

どちらが正しいとか別にどうでもよくって、プライベートの恋愛に例えるなら
愛したい女を心から愛せた喜びとか
好きな女性をきちんとを守ってあげられた満足感とか
そんな気持ちに今の気持ちは似ているのかななんて思ってます。



かつてロック少年だった俺も、いつの間にか年齢を重ねて
デビューしてから25年、ヨシケンを名乗ってから20年もの時間が過ぎました。

こんな形でアニバーサリーLIVEができてとても幸せです。ありがとう。

でも俺だけが歳をとるわけじゃなくて

当然ファンのみんなも歳をとる。
結婚したり子供ができたり来れなくなった人もたくさんいるね。


本当は今回の公演には昔よくライブに来てた子や
原宿に来てた子達がたくさん来てくれるのではないかと思っていたんだけど
心のどこかでは「でもまぁみんな、それぞれの毎日があるから来れないだろうな」
なんてふうにも思っていて、結局やっぱり今回は
当時よく来てた子たちは来れなかったみたい。


でもその子たちにも届くように歌ったので自己満足かもしれないけれど
俺は満足してる。思えば2年前の赤坂BLITZに割と懐かしい子たちも集まってくれて
あの時も結構みんな無理してくれてたんだろうね。感謝してます。


そんな話を打ち上げでしていたら 

久保田さんが、「じゃあ毎年やれば?」なんて冗談言って

いやいや久保田さん。アニバーサリー公演はもう終わったので
次は
10年後とかじゃないですか。
なんて一応突っ込んで、その日はそれで終わったんだが。


2週間くらい経ってから

なぜかその会話が胸に降ってきて


毎年って……毎年


毎年!それだ!ってなった(笑)


発表するね。


俺は


毎年、今回の新宿ReNYくらいの規模のワンマン公演をを
「ヨシケンの日仮名称」ってことでやるよ

会場は今回の新宿ReNYとかO-ESTとかくらいで
通常のライブハウスよりみんなのためにいろんなことができる規模の会場。

その日は俺が会場のみんなに最大級の愛情を音楽にして届ける日にしたい。

時期は例えば毎年5月か6月のある日
(ヨシケン始動の7月決め打ちでないのは社内事情。笑)


日比谷野音とか、赤坂blitzとか、渋谷公会堂とか
もっと大きな会場でのワンマンがあるときはお休みしてそちらに集中。みたいな。


俺位の歳になってくると、凄く売れているビックスターの人たちだって
活動の規模が小さくなっていく。
日本武道館でやってた人が、中規模のホールになったり
中規模のホールでやってた人たちがライブハウス公演になったり。

そもそもがアンダーグラウンドな俺は
この先の活動一体どうやってやっていくのかな?なんて少し思ったこともあるんだ。


でも今回で思った。

ヨシケンは今回位のワンマンは毎年出来なくてはダメ。
懐かしい子たちが子育てが終わってライブを見たいなと思った時に
やっぱりバリバリのヨシケンじゃないとまずい(笑)

現在いつもライブやストリートに来て応援してくれてる人たちにも
いつまでも炎が消えない俺を見せ続けたいじゃん。
凄い奴のファンになったと誇りに思ってもらいたいから

頑張るし(笑)最大限の愛情を伝えたい。

それにね。今とってもフレッシュな気持ちなんだ。
まるで18歳の時東京へ出てきて音楽を始めた時くらいのフレッシュな気持ち。

だからまだまだ俺は新しいファンと出会って
新しい旅を続けていこうと思っているので
そのためにも年に1回のそのライブは必要なんじゃないかなと思ってるんだ。


こうやってやるって言ったからには絶対やるけど
大変なこともいっぱいあるだろうから、皆んな宜しくたのむね!


感謝と愛を込めて。


PS  もうすぐ新宿ReNY公演の完全収録CDDVDが完成します。
予約も始まるから、是非聴いて&見てね!
62194919_2752748228130559_3014092883079725056_o.jpg

62308579_2752749964797052_1501670267766702080_o.jpg