さてRound10を振り返る日記、これが締めです。
 
日本青年館、渋谷公会堂から始まった
俺の大会場ワンマンシリーズは、Raund10の今回をもって完結しました。
長きにわたり応援してくれたみんな
本当にありがとう!次は日比谷野外音楽堂へ!
これから関係者と開催時期、開催日など調整して行きます。
それについての準備やプロジェクト(野音プロジェクト)も、もうすぐ始まります。
IMG_1074.jpg


最近の俺は
あの赤坂BLITZ公演の映像を編集する作業の日々にいます。
ステージで暴れまくる俺を
カメラマン担当の人たちが一生懸命追ってくれていて
臨場感あふれる映像を見ながら、ふり返ると
歌っていると気づかなかったことに気づいたり、とても新鮮です。
IMG_6776.jpg
 

Raund10赤坂BLITZを見て自分で思うのは
(多々あれど)最高じゃん!
やるな〜ヨシケン!です。自画自賛という意味ではなく
自分なりの納得があるなと。

ハチャメチャだけど、ちゃんと光ってた。
ロックがバンドがやりたくて
毎日、心臓が止まるんじゃないかってほど
ワクワクドキドキしながら夢中だった10代の頃と
俺はあまり変わっていない。(良くも悪くも懲りないやつなのか・笑)
IMG_6788.jpg

IMG_6830.jpg

 

「自分らしい」公演になったと思う。
そこが何より嬉しい。
「自分らしい」公演になったから
そこが何より誇らしい。

いつの時代もガタガタいう奴はいます。
そんなの渋公の時だっていたし
多分この先もいるでしょう。
だがそんなことはどうでもいいんだな。

どんだけ理屈を並べようと
そんなの一粒の汗に勝てないんだからね。(みんなも覚えておいてね)
IMG_7208.jpg



IMG_6974.jpg
 

思ってることを詩にして
ミュージックにして
なんども語って叫んで繰り返して
やがてそれは誰かの想いと共鳴し
「現象」や「物質」となり目の前に現れる。
リアルってやつだ。
事実や現実としてそこに存在するものを
どんな屁理屈も消すことはできない。
抹殺できないものを生み出して証明する。
それでいいんだよ。
IMG_6739.jpg

 
IMG_0972.jpg

2001年の日本青年館から
17年かけてRaund10までやってきたことは
世間から見たら大したことじゃなくとも
俺には大きな意味があり、成長させてもらった。
たくさんの仲間や応援してくれる君たちに出会えたことが
何よりの財産だと思うよ。

楽なことばかりじゃないけど
振り返れば君たちの笑顔しか覚えていないよ。
ひとりひとり出逢ってくれた
そんな奇跡に拍手を
そしてありがとう!

最後に歌った(この日のために書き下ろした)
新曲の歌詞を載せておくね。


「THE LONG  AND KING’S ROAD」

ギグが終わった夜 ホテルのベッドで
酔いつぶれて浅い夢を見てた
彼女が立ってる 俺は手を振った
でも何故か悲しげに 君は首を横にふった

あの頃彼女の部屋の 狭いベッドで抱き合った
長い髪をかきあげると 甘い香り  キスしてくれた
孤独な男に 愛をくれたのに
傷つけたのはナゼ?青い傷跡

※ギター鳴らし声を絞りマイク握りしめる
この場所に立つことは他の誰にも出来ない
誰が止めたってここに来たくせに
振り返るな俺行くぜキングスロード

仕事を無くして 家族を無くして
友達は今日ニューヨークへ発った
来るあてのない 手紙を待つように
俺はいったい何を待っていたんだろう

テレビを賑わすヒットチャート
俺には縁がないけど 
灼熱のステージへと飛び出せば夢中になれた
生きているんだと教えてくれたのは
傷だらけのギターと 拍手と歓声

※くりかえし


今夜のギグはどうだった
俺の歌はどうだった?
拍手をくれよ俺も最高だったよ

バンドのプレイも最高だったろ?
このステージを作ったスタッフにも拍手をしてほしい
でも一番君の笑顔に感謝してるよ

でもこのステージが終わり 君たちは電車に乗って
現実へと帰る
明日目が覚めればいつもと同じ日常
それは楽しいばかりではないだろう

だから 今日のこの歌を 忘れないでくれ
そのためなら俺は命をかけるから

18歳のあの日みたいに もう一度旅に出ないか
今度の旅は戻る場所も 無いと知っている
生きているんだと教えてくれるのは
今夜の君たちの 拍手と歓声

ギター鳴らし声を絞りマイク握りしめる
この場所に立つことは他の誰にも出来ない
遥か遠くまで 空と道は続く
歩いて行くんだ
THE LONG  AND KING’S ROAD

遠い約束と 栄光を信じて
君もついてくるだろ?
THE LONG  AND KING’S ROAD
IMG_8333.jpg