今を生きる君よ。
楽しいことや胸のすくことばかりではないだろう。
絶望するほど愚かではないと君は言うが
絶望なんて言葉をわざわざ持ち出して口にするほどの
痛手だったんだね。

深く誰かを愛して
失って傷ついて
それでもまた誰かを好きになったりしてさ。
そんな人間らしい君が、俺は嫌いじゃないけどね。


「失恋時代」
作詞作曲 ヨシケン
 
君の細い指を
アイツの手が握りしめる
その時僕の恋が静かに終わったのでした
零れ落ちるな涙 
男はいつだって
好きな女の幸せを 祝福してやるもんだぜ

ああ空は青く
未来よ高らかに 
虎猛麗琵(木漏れ日)の鼓動(湖道)を
歩く恋人たち

人は誰もたった一人で
この汚れた世界に生まれ来るから
ああだから他人を好きになる
はかない夢だと知りながら
失恋時代のど真ん中

 
俺はロッケンローラーだ
文句があるかよ!
いつでも金髪Big Jump&Shout!
ファッキンエブリデイ
俺は腐った時代に
指をおっ立て叫んだ

※生きてるか (Oi!Oi!Oi!)
吠えてるか (Oi!Oi!Oi!)
生きてるか (Oi!Oi!Oi!)
吠えてるか (Oi!Oi!Oi!)

 
よく似た長い髪
笑うとあどけない眼差し
すれ違う人ごみの中に
君を探してしまうよ

 今はもう届かない
想い出になっていく君
せめて君のために
僕はパンクを歌うよ

 こんなに好きだったのかと
今さら思い知り
心の片方をどこかへ
無くしてた気がするよ 今も
今も・・・

 ああ僕の涙 いつか乾くだろう
移り行く季節が 
街を染めるだろう

 人は誰もたった一度だけ
この汚れた世界で生きていくなら
嗚呼!僕は人を愛したい
答えなき旅だと知りながら
失恋時代のど真ん中

※Repeat