月別アーカイブ / 2019年12月

そして発表になりました。
毎年開催の〜ヨシケンの日「I Am Street Legend 2」公演
今年25th&20thで行った新宿ReNY公演がすごく良くてね。
毎年、これくらいの規模の会場(キャパ1,000人未満くらい)
でワンマン公演をやることにした。
もっと大きな野音とか渋公とかある年はそちらに集中するけど
そうじゃない時は必ず。

えっと、これは多々ある中の一例です。
いろいろあるが簡潔に一つのエピソードで
方向性を感じ取って欲しい。

下の動画。
これ今年のReNY公演の時に、2階に用意したガラス張りの
お子様連れ席なんだけど、来年の公演でもやります。
この日だけは
お子さんのいる昔のファンにも来れる様なライブにしたい 。

みたいに俺は「俺の気持ちを形にする」 ことで
皆が優しく笑顔になれる空間を作りたいと思ってる。
「ロックって愛なんだよ」恥ずかしげもなくそう言い切るれる
俺でいたい。

  



2020年"ヨシケンの日"スペシャルワンマン公演決定!
2020/6/10 新宿ReNY公演決定
https://www.yosi-ken.net/2019/12/01/info19-01-02-2/
最も多くの重要公演を行ってきた初夏、年1回ヨシケンの日としてスペシャルワンマン公演の決行を決定!
前売チケット12/1 18:00一般発売開始!

■ 公演詳細
2020年6月10日(水)
ヨシケンSPワンマン公演
「I Am Street Legend 2」
公演日:2020年 6月 10日(水)
会場名:新宿ReNY
開 場:18:00 開演:19:00 
席 種:特別席/指定席/自由席/FAMILY席 一部立見
企画・制作:Vanilla Sky Records

■ 前売りチケット先行予約/発売情報
一般発売:12/1(日)18:00 
席種
【特別指定席VIP スペシャルチケット】¥12,000- SP VIP席
 ★SPグッズ
 ★VIP席特典当日スペシャルイベント決行予定(詳細は後日発表)
【指定席B】 ¥4,500- 記念品付
【自由席C】 ¥4,500- 一部立ち見
【FAMILY席】 大人¥4,500/小学生以下無料

※入場整理番号順入場
※入場の際にはドリンク代¥600が別途必要です
※チケットの発送は12月中旬以降を予定しています
※特典等は内容が変更になる場合があります
※枚数制限なし


<購入ページ>
・VIP席: https://vsr.stores.jp/items/5de244685b18a5193ed8cd36
・B席: https://vsr.stores.jp/items/5de300b8d2003944112943af
・C席: https://vsr.stores.jp/items/5de30123f65aec4f579330cf
・FAMILY席: https://vsr.stores.jp/items/5de30241e562810ffb1ae5af

・同内容をメールでも受け付けます。 
 ticket@yosi-ken.netへお名前、ご予約枚数、ご連絡先をお送りください。
 ticket@yosi-ken.net/info@yosi-ken.netからの返信メールを要ドメイン指定解除設定

<支払い方法>
・銀行振込:チケット発送後到着時に同封のご案内に従いお支払いください。期限は2週間程度の予定
・カード決済:システムの都合上、購入時の決済になります
・コンビニ決済:システムの都合上、先のお支払いになります

<ACCESS>
新宿ReNY
新宿駅各線より徒歩8分
新宿区西新宿6-5-1 アイランドホール2F
https://ruido.org/reny/access.html

お問い合わせ
Vanilla Sky Records info@vanilla-sky.com
ヨシケンOfficial Web Site http://www.yosi-ken.net/
78587325_2999403260087253_4035162984803205120_o.jpg

 

ヨシケンのステージは
6月の新宿ReNY以来のTHE JETSとのステージ。
うずうずしてたから、最初からかっ飛ばすよね。

MY WAYのカヴァーをやっている。
フランクシナトラというよりは
ちょっとシドヴィシャスが歌ってたふうに。
歌詞は自分で勝手につけてる。
じつはずいぶん前に自分のアルバムに収録したかったのだが
洋楽の日本語カヴァーは独自の著作権システムになっていて
簡単に言うと、先に日本語訳詞をつけた 人の権利が強くて
あとから別の歌詞をつけるのは大変苦労がいる。
結局その時は「アルバムに間に合わない」ということで
すでにリズム隊はレコーディングしてあったにもかかわらずボツにした。
いつかその辺もクリアにして再トライしてみたいけどね。

でもライブで歌うのは良いわけです。 

この日ステージで発表した
毎年行う「ヨシケンの日」のテーマソング的な意味合いで
1曲目に持ってきたよ。動画もあるから見てね!

次回ブログでは
この日発表した来年6月10日「ヨシケンの日」公演について書くね!
お楽しみに! 


ライブハウスでのライブ
(特によくある対バンライブ)
90年あたりからずっと変わらずでマンネリ化してるように思う。
工夫して進化していかないと俺たちは滅びる。
最近、ミュージシャンやアーティスト仲間とあうと
必ずこんな話になる。

規模が違いすぎて比較対象にならないかもだけど、一時期衰退していた
野球やプロレスは、新たな観せ方やファン開拓で
以前よりも盛り上がっている。

音楽も「野外フェス」などは新たな層にアピールして
大賑わいだ。

もしかしたら
ライブハウスのライブはちょっとだけ取り残されてるのかもしれない。

ちょっと遅くなったけど
先日柏DOMeで行ったレーベルイベント
Vanilla Sky Records Release Party 
「Super Big Smile」について書くね。


「ジョブスが携帯電話を再発明したように、誰かがライブってやつを再発明しないとマズイ」

いやいや、俺は出来ないよ。
どこかの天才さんお願いしま〜す(笑)

でも
そこまで大袈裟じゃないにせよ
自分ところのレーベルのイベントなら
小さな工夫をして、最初から最後まで楽しんでもらえるように
努力は出来る。

今回は 1970年代にあった手法。
ホストバンドが、ゲスト のバックでも演奏をする。
(レーベルイベントだから、ホスト&ゲストじゃないけど) 
文音-ayane-とアキSONGBIRD   の後ろで演奏した。
これがTHE JETSだけならず
ヨシケンも参加。

トム・ペティー率いるハートブレイカーズが
ザ・バンドが 
ボブディランバックを務めてたでしょ。
ああいうのいいなと思ってた。
ちょっとやってみたかった(笑)

その他、各出演者
お互いのステージにコラボ参加したりしてね。
こちらも結束力が生まれるし、皆さんにも楽しんでもらえてたら嬉しいな。
Vanilla Sky Recordsはこれからも音楽をクリエイトしていくね。






 

↑このページのトップへ