月別アーカイブ / 2017年08月

新宿ヘッドパワー「Sound documentary」参加してくれたひと有難う!
熱いライブになったね!
FullSizeRender-15.jpg

1曲目は
「FUCKIN’ DREAMS COME TRUE」 
こんな王道ロックでいいじゃん。
夏だぜ。
真夏の甲子園のマウンド。

初球はは直球しか投げんだろ?的な選曲です。 
FMwDBroU_3.jpg


そして「EDEN」

スイッチ入ってソリッドなロックンロール感ビシバシ
で行けたと思う。 

t5S_eXeRP3.jpg

数曲はさみ、後半

「君がいた夏を忘れない」
この日はファン企画イベント「浴衣祭り」も

同時開催だった。それは嬉しいこと。 

2017年の夏

小さなライブハウスで、みんなで楽しめたこと

それだって時を巻き戻して戻ることはできないんだよな。

この曲は会場にいたみんなへ感謝の気持ち。
そして最後は「十五夜」
この日から始まった「ヨシケン日比谷野音プロジェクト」

この曲は野音で是非歌いたい曲なんだ。
東京の夜空をみあげてみんなで手を伸ばしたら
星さえ掴めそうな気持ちになるかもね。


とにかく熱いライブになったとおもう。

ありがとうね!
DIAfX0WV0AAR3jh.jpg

中村勝也君と浴衣の俺。
ありがとう!また一緒に歌おうぜ!


DIE-TdkV0AEORoe.jpg

その他の出演者、アキSONGBIRD、Takumi、関係者のみんなもおつかれ!
来月もロックしよう!




来月は9月27日。ぜひ会いに来てくれ!


「Sound documentary」 9月27日(水) 新宿ヘッドパワー 18時半開場 19時開演 チケット:¥2500 出演:ヨシケン、SAMURAI APARTMENT、アキSONGBIRD、Takumi、O.A中原裕太

チケット予約 ticket@yosi-ken.net



5/31赤坂BLITZのステージで
「次は日比谷野外音楽堂を目指す」と言った。
やるやらないで言うと野音は100パーセントやるつもりだ。

ただし、人気の会場だからなかなか押さえられない(笑)
音楽公演で使用できるのは、一年のうち4月〜10月の土日祝だけ。
そこを大手プロモーターやら、コンサートイベンターやら、レコード会社やら、放送局が争奪戦。
月に一度、抽選なんだけど、この間うちも参加したら全部で400社も参加してた。
狭き門だね。
抽選で取れると、一年間の準備期間がとれるから
なるべくなら抽選を当てたいのね。

で、抽選がどうしても当たらない場合は
どこかの会社が「持ってるけど、使わなくなった」日程を探して、譲ってもらうわけ。
(厳密には譲渡できないから、ビジネスとして主催してもらうことになるんだけど)
有名アーティストのコンサート用に押さえてたんだけど、結局使わなくなった的な日程ね。
これはわりと頻繁にあることなんだ(野音の日程滅多に無いが、こういう事案は多々ある意味)
ちなみに、ヨシケンの2002年渋谷公会堂は某テレビ局が持っていた日程を
コンサートイベンター経由で使わせてもらったんだよね。

ただこの場合・・・3ヶ月後とか、よくて半年後とか。
つまりは急に決まることが多い。

準備期間が無いと、困るよね・・・(汗)

そこで日比谷野音プロジェクトの出番です(笑)

つまり日比谷野音プロジェクトとは、いつ行われるかわからない
ヨシケンの野音を「何があっても参加するぜ!」っていう
アホな人の集まりとしたいんだ(笑)
そして、せっかくだからファンのみんなにも参加してもらって
ヨシケン野音をネタに盛り上がってもらいたいぜ。
学園祭の準備みたいな、あのワイワイした感じ。
(具体的には、みんなで広めて、仲間を増やそう作戦・笑)
教室に置き忘れてきた青春の欠片を、みんなでもう一度味わってさ
野音の歴史の中でも、「ヨシケンとヨシケン野音プロジェクトの連中は
すげえバカだったな」なんて言われたいなと思う。
ヨシケンだけの野音じゃなく、君たちの野音にしたい。
なので、協力よろしく頼むな!
IMG_7139.jpg


今日は新宿ヘッドパワー
マンスリーでバンドライブだから是非参加してね!

「Sound documentary」 8月24日(木) 新宿ヘッドパワー 18時半開場 19時開演 チケット:¥2500 出演:ヨシケン、中村勝也、アキSONGBIRD、Takumi

チケット予約 ticket@yosi-ken.net

ラウンドショルダーという言葉は
ギターを弾かない人にはあまり馴染みがないかな?
逆にドレッドノートのいう言葉は?
ドレッドノートは俗に言う「フォークギター」の代表的
な形ね。マーチンのDシリーズが元祖。
martin_d28b.jpg


で冒頭に書いたラウンドショルダーとは
ギブソンJ45のあのフォルム。
なで肩で、ややショートスケールで。

俺もギブソンではないけど
ラウンドショルダー型のギターを持っている。
でもあまり使っていない。
音程感が不足していてベースがいないと音楽的でないとか。
弾きやすいけどね。
gibson_j45i.jpg
 

だから俺のメインギターは
ジャンボと言われるタイプのもの。
ボディーも大きく鳴るし、ネックも太い。
たぶん普通の人からしたら弾きにくい(笑)
それでも、それをブチ鳴らすのがスタイル。

なんだけど
ちょっとラウンドショルダーいいな。
とか思い出して。
バンドマンが夜中に考えることなんて
大抵君たちからしたらどうでもよいことなんだよな(笑)

因みに昔に比べてギブソンも安いから
J45使ってる人なんてめちゃ無茶多い。

ただ、いままでJ45使ってる人に300人くらいは会ってるけど
「これはいいぞ!」と思ったのは・・・そんなに多くない。
ギターってそういう個体差が激しいからね。
YouTubeでみんなもいろんな動画みるでしょ?
俺は世界中のギター好きが、自分のギターを自慢してる動画を
見るのが好き だね。
「おお!どこかの国のおじさん。あんたのマーチンいいね〜」なんてね(笑)

 

↑このページのトップへ