月別アーカイブ / 2017年01月

どんな小さなことでも
一生懸命やる人が好きだし、憧れる。
本当の一生懸命は、思ってる以上に
泥臭くて、地味で、もしかしたら
誰にも気付かれず、それでもコツコツと
積み重ねていくものなのかもしれない。

俺?
俺は、、、時々カッコつけてしまうからな。
カッコつけてしまう方が、楽なこともある。
だから、俺なんてまだまだだ。

ほんとうに一生懸命な人は
案外、君のすぐ近くにいるんじゃないかな。
例えば君のお父さんやお母さん。

俺も一生懸命生きるよ。

yoshiken_L_000z2.jpg
 

ふと立ち止まって振り返ると
「あれ?俺ってどうやって生きてきたんだっけ?」なんて思う時がある。

社会人になってからずっと音楽で飯を食ってきた。
その間、食えなくてアルバイトしたのは二年間だけ。

とはいえ、ヒット曲なんかないのにな(笑)
最初の頃は音楽業界の大人たちに期待され
メジャーデビューの機会にも恵まれた。
インディーズになってからは、自分の会社を立ち上げたけど
何よりスタッフや関係者、仲間に恵まれた。 

多分、相当珍しい人生を歩んでいる。
感謝しなきゃな。

それでも
ふと立ち止まって振り返ると、怖くなることだってある。
崖を登ってきた人が、下をみてぞっとするみたいなね。
「あれ?俺ってどうやって生きてきたんだっけ?」
今の俺は、その答えを知ってる。

どうやって生きてきた?
我武者羅に生きてきたんだ。
苦しかろうが、悲しかろうが、ただ前だけをみつめて
いつも「負けるもんか」と歩いてきた 
ただそれだけ。
これからも同じだぜ。
それが出来てるうちは、まだまだ遠くに行けそうだ。


久々のツイキャス。
録画残しておくね!見逃した人ももう一度観たい人もぜひ! 
 

理由はさまざまだが
時々、過去の映像をみることがある。
もちろん理由があって見てるんだが(例えばある曲をその頃どんなバージョンで
演奏していたかを思い出すとか)つい、見入ってしまうこともある。

時間を経てみてみると
懐かしさと同時に、時が経ったからこそ気づくことだってある。

例えば楽器や歌で、自分の得意とするフレーズと
反対に、苦手な フレーズがある。
当然、得意なフレーズのほうが上手・・・あれ???
苦手だと思ってたフレーズのほうが上手だぞ!?みたいな。

人間は自分自身のことは客観的に見れないものだね。

でも自画自賛だけど
過去の映像を見て俺は「ああ、俺はヨシケンとして生きてきて良かった」って思う。
自分でいうけど、結構かっこいいじゃん(笑)

だから、未来だって
カッコい最高なステージをやっていけると思う。

まだ知らない君も観に来なよ。 

※これは2006年のワンマンライブの映像だよ。偉そうに書いたけど
君が観てくれるなら本当はドキドキです(笑)

↑このページのトップへ