みんな久々のブログです。
元気だった?
俺はヨシケンを名乗って以来初めて
こんなにものんびりとした夏を過ごさせてもらったよ。
デビュー25周年、ヨシケン20周年の記念公演が6月5日にあって
ちょうど区切りだったので、少しゆっくり考える時間が欲しかった。
この先10年何ができるのか、どう歩みたいのか。
ぼんやりとイメージできた時間が有難かった。

今ね、世の中がものすごく変革を遂げようとしている時期だと思うんだ。
俺が生まれてから感じて信じていた「価値観」がひっくり返って
新たなものが生まれていく感じね。
それはずいぶん前に登場したインターネットやコンピューターテクノロジーを
起源に IAやブロックチェーンといった新たな技術がスピードに拍車を
かけて「遂に!」というところまで来ているように思う。

例えば身近なところでいくと、増税でも度々話題に上がる、キャッシュレス。
それは単に「紙幣や硬貨をお財布から出さなくていい便利なもの」という
だけではないよね。
「紙幣や硬貨ではないものが、対価としてやり取りされる」ということで
新たなサービスや需要が生まれるだろう。
仮想通貨は国家さえ飛び越えて流通し価値を形どる。
「コミュにテー内の価値」なんんて無限に生み出せる。
今まで「遊び」と思われていた「ゲームが上手」とか
「インターネット上でフォロワーが多い」ということは
「すごいけど、遊びじゃん」だったけど
そういうものにも価値を生み出せる。
極端な話だけど
いま「政権のバカヤロー、最低賃金あげろ」と運動している人達も
せっせと毎日汗水流して働いている人達も
結局AIに仕事を奪われ、いままで「何やってるの君。働きなさいよ」
と言われてた人たちが、想像もしない価値観=ビジネスを生み出すかもしれない。

いやもう実際そうなり始めているわけで
昭和生まれの男としては納得いかない部分も多いけど

一つ言えることは

新しい価値が生まれた時
古い価値は死んでいく。
新しい仕事が生まれ
古い仕事が死んでいく
新しい時代が生まれ
古い時代が死んでいく・・・それは誰も止められない。

俺が信じてきたものが、砂の城のように
すべて崩れ落ちた時
その時俺はどうするのかな。  

それでもやっぱり歌っていくんだと思う。
AIやブロックチェーンで救えないものがきっとあるから
人の悲しみや  喜びは無くならない
殺伐とした荒野のような丘にさえ
歌の花を咲かせたい
「音楽は死なないからね」
強く思ったそんな夏だったよ。

 

11月のスケジュールを発表!

まずは11月3日は大坂で歌います!
勝詩と前田くんと。
ご来場お待ちしています!(^^)

「いつまでも変わらぬ歌を・・・」
11月3日(日):心斎橋 酔夏男
出演:ヨシケン/勝詩/前田和亮
開場/開演:18:30/19:00
チケット:前売り¥2,500-/当日¥3,000-
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-3-29 ミヤプラザ302
70891703_3053416468063732_8062947228676784128_n.jpg


そして、ひさびさにレーベルイベント決定!
今年リリースのあった4アーティストによる共演!コラボあり!
ヨシケンは久々にTHE JETSと共に熱いヤツやります!

11/22(金)
Vanilla Sky Records Release Party 
「Super Big Smile」
会場:柏DOMe
日時:2019/11/22(金)
出演:ヨシケン/Samurai Apartment/アキSONGBIRD/文音-ayane-
時間:open18:30/start 19:00
チケット:前売¥3,000-/ 当日¥3,500-(1D別)
主催:Vanilla Sky Records
Access@柏DOMe
〒277-0011 千葉県柏市東上町2−2 ライブハウスDOMe
https://goo.gl/maps/ZJ7huwPsBdkkVcL39
f191122.jpg


もうひとつヨシケンのライブじゃないんだけど
Vanilla Sky Records「Girly Sky 」アーティストのインストアライブがあります。
アキSONGBIRDはヨシケン全面プロデュース。
文音-ayane-はサウンドプロデュースを担当。
無料イベントなのでお近くの方はぜひ!


11/17(日)
「アキSONGBIRD & 文音-ayane- Wリリース記念インストアミニLIVE」
場所:タワーレコードセブンパークアリオ柏店
日時:2019/11/17(日)14時〜 無料 (ミニライブ終了後・即売サイン会となります)

Access@セブンパークアリオ柏
千葉県柏市大島田1丁目6番地1
http://sevenpark-ario-kashiwa.jp/web/about/access.html
f191117.jpg


さてあの日の
LIVE DVD(11曲収録、バックステージなどの特典映像あり)と
完全収録LIVE CD(全23曲2時間40分をノーカット収録)がもうすぐ完成です。
いつものようにライブ当日に会場で予約を募ったのですが
今回は終演後イベントなどの関係で「予約できなかった」という声が多かったので
特別に本日から21日までメールにて予約受け付けます。

なお両方を予約してくれた方には
素敵な特典があります。

それは
全編映像上映会への無料参加(イベントは8月の週末を予定。近日発表)です。
DVDは11曲収録。CDは全曲収録ですが音だけですよね。
ですから、全編の映像を観れるのは、この特典イベントだけです。
(※一般は入場料がかかるところ、特典対象者は無料になるという意味です。)
昼夜二回回しの予定なので、参加しやすいとおもいます。

なにせ初めての試みですが、楽しんでいきましょう。

下記作品詳細。
そして一番下に予約方法です。 



2019年6月5日(水)
ヨシケン20周年 デビュー25周年記念のスペシャルメモリアル公演
「The Act of I Am Street Legend」
公演日:2019年 6月 5日(水)
会場名:新宿ReNY

LIVE MOVIE 2枚組【初回版】
価格:¥6,000(税込)
時間:約90min

収録曲

Disc 1
1.傷だらけの天使たち
2.旅立ち
3.夜のハイウェイ
4.彼女の太陽
5.渇いた、ひまわり

Disc 2
6.失恋時代
7.Dreamer
8.ヒューマンタッチ
9.路上
10.ブリッジ
11.青空と君の太陽

※その他特典映像満載(バックステージ、リハーサルなど)
jk_dvd_Reny190605-2.JPG
dvd_disc1.JPEG




完全収録LIVE CD 2枚組【初回版】
価格:¥10,000(税込)
時間:約2時間30分

オーバーチュア
1.傷だらけの天使たち
2.ライドオン
3.北斗七星
4.旅立ち
5.DOWN
6.自由までの暴走
7.最後のキス
8.真夏の十字架
9.夜のハイウェイ
10.ゼロサムゲーム
11.ステファニー
12.彼女の太陽
13.渇いた、ひまわり
14.BOYS&STYLE
15.失恋時代
16.Dreamer
17.ヒューマンタッチ
18.路上
19.歌い続けて行くだけさ

アンコール

20.ブリッジ
21.ラブ★ジェッター
22.終わらない約束
23.青空と君の太陽

jk_cd_Reny190605.JPG
cd_disc1.JPG



ご予約方法
お届け先のご住所、氏名、電話番号、希望商品を明記の上
下記までメールでお申込みください。
今月中にお届けいたします。


 





新宿レイニーワンマンライブが終わって
もうすぐ1ヵ月になります。


今回のライブ終えて、今までに体験したことのないような幸せな気持ちになって
それが徐々に弱まりながらも今もまだ続いています。


この穏やかな気持ちは一体何なんだろうと思った時に思い当たる節は

思えば、こんなにファンの皆に喜んでもらおうということに重きを置いてやったライブは
なかったなと。


いやもちろん、これまでだってみんなに喜んでもらおうと思ったよ。
でも同時に「わかるやつだけついてこいや」とか
「俺がぶちかますけど、オマエら理解できるか?」
みたいな部分も半分ぐらいはあって。
それはロックシンガーとしては間違いじゃないし
むしろそっちが正解かもしれないんだけど。

どちらが正しいとか別にどうでもよくって、プライベートの恋愛に例えるなら
愛したい女を心から愛せた喜びとか
好きな女性をきちんとを守ってあげられた満足感とか
そんな気持ちに今の気持ちは似ているのかななんて思ってます。



かつてロック少年だった俺も、いつの間にか年齢を重ねて
デビューしてから25年、ヨシケンを名乗ってから20年もの時間が過ぎました。

こんな形でアニバーサリーLIVEができてとても幸せです。ありがとう。

でも俺だけが歳をとるわけじゃなくて

当然ファンのみんなも歳をとる。
結婚したり子供ができたり来れなくなった人もたくさんいるね。


本当は今回の公演には昔よくライブに来てた子や
原宿に来てた子達がたくさん来てくれるのではないかと思っていたんだけど
心のどこかでは「でもまぁみんな、それぞれの毎日があるから来れないだろうな」
なんてふうにも思っていて、結局やっぱり今回は
当時よく来てた子たちは来れなかったみたい。


でもその子たちにも届くように歌ったので自己満足かもしれないけれど
俺は満足してる。思えば2年前の赤坂BLITZに割と懐かしい子たちも集まってくれて
あの時も結構みんな無理してくれてたんだろうね。感謝してます。


そんな話を打ち上げでしていたら 

久保田さんが、「じゃあ毎年やれば?」なんて冗談言って

いやいや久保田さん。アニバーサリー公演はもう終わったので
次は
10年後とかじゃないですか。
なんて一応突っ込んで、その日はそれで終わったんだが。


2週間くらい経ってから

なぜかその会話が胸に降ってきて


毎年って……毎年


毎年!それだ!ってなった(笑)


発表するね。


俺は


毎年、今回の新宿ReNYくらいの規模のワンマン公演をを
「ヨシケンの日仮名称」ってことでやるよ

会場は今回の新宿ReNYとかO-ESTとかくらいで
通常のライブハウスよりみんなのためにいろんなことができる規模の会場。

その日は俺が会場のみんなに最大級の愛情を音楽にして届ける日にしたい。

時期は例えば毎年5月か6月のある日
(ヨシケン始動の7月決め打ちでないのは社内事情。笑)


日比谷野音とか、赤坂blitzとか、渋谷公会堂とか
もっと大きな会場でのワンマンがあるときはお休みしてそちらに集中。みたいな。


俺位の歳になってくると、凄く売れているビックスターの人たちだって
活動の規模が小さくなっていく。
日本武道館でやってた人が、中規模のホールになったり
中規模のホールでやってた人たちがライブハウス公演になったり。

そもそもがアンダーグラウンドな俺は
この先の活動一体どうやってやっていくのかな?なんて少し思ったこともあるんだ。


でも今回で思った。

ヨシケンは今回位のワンマンは毎年出来なくてはダメ。
懐かしい子たちが子育てが終わってライブを見たいなと思った時に
やっぱりバリバリのヨシケンじゃないとまずい(笑)

現在いつもライブやストリートに来て応援してくれてる人たちにも
いつまでも炎が消えない俺を見せ続けたいじゃん。
凄い奴のファンになったと誇りに思ってもらいたいから

頑張るし(笑)最大限の愛情を伝えたい。

それにね。今とってもフレッシュな気持ちなんだ。
まるで18歳の時東京へ出てきて音楽を始めた時くらいのフレッシュな気持ち。

だからまだまだ俺は新しいファンと出会って
新しい旅を続けていこうと思っているので
そのためにも年に1回のそのライブは必要なんじゃないかなと思ってるんだ。


こうやってやるって言ったからには絶対やるけど
大変なこともいっぱいあるだろうから、皆んな宜しくたのむね!


感謝と愛を込めて。


PS  もうすぐ新宿ReNY公演の完全収録CDDVDが完成します。
予約も始まるから、是非聴いて&見てね!
62194919_2752748228130559_3014092883079725056_o.jpg

62308579_2752749964797052_1501670267766702080_o.jpg
 

↑このページのトップへ