お久しぶりです。アシスタントです。



みなさんいかがお過ごしでしょうか。はい、、寒いですよね。。。

ただ、寒空の中のラグビー観戦、国内の大会においては、いよいよ本番!って気がしてきますよね!現在、各カテゴリーの頂点を決める大会が各地で行われていて、先日トップリーグ、日本選手権の決勝を兼ねた試合も行われました。


神戸製鋼さん、、強かった、、本当におめでとうございます。


来年のラグビーワールドカップに向けて各スタジアムなどでもイベントなどがあったりなど、いよいよという感じがしてきましたね!




はい。そんな今回は、高校生の最大の大会である、花園での全国高等学校ラグビー大会が現在、行われているということもあり、藤田選手に高校時代の思い出について質問していこうと思います!
ぜひ最後までお付き合いください。(いい話満載です!)




A こんばんは、またまたやってまいりました。今日もよろしくお願いします。
たくさん質問するので覚悟しといてください!


F のぞむところです!



A では。花園の怪物と呼ばれ、花園3連覇。国内戦81戦無敗。7人制日本代表最年少での選出。
  SEVENS WORLD SEREISでの活躍。ニュージーランド高校選手権3位。本当にたくさんのことがありましたが、まずは、原点である、東福岡高校へ進学しようと決めたきっかけを教えてください。



F はい。とにかく、日本一になりたかったんです。小さい頃から、花園での高校生たちの試合を見ていて、その中でもヒガシは強くて、かっこよくて、独自性があり、憧れていました。


_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6915.JPG



A なるほど、藤田選手にとって少年時代から憧れの高校だった訳ですね。
そして3年間、文字通り勝ちまくりました。


年によってそれぞれだとは思いますが、負けなかった理由、強かった要因って何だったのでしょうか?



F 一貫して言えるのは、選手たちが自分たちで考え、戦略を立て、行動していました。そういったところで、自主性がずば抜けていたと今では感じますし、コーチ陣が本当に信頼してくれていたと思います。そしてチーム内の仲の良さですかね。今でも高校時代のチームメイトや友人たちとは、仲良くさせてもらってますよ。




A なるほど。現在、トップリーグでもヒガシの出身選手たちはたくさん活躍していますよね!



たくさんあるとは思いますが、3年間で特に強く印象に残っている試合を教えてもらえますか。




F 僕が3年生で出場した、サニックスワールドラグビーユース交流大会での準々決勝、南アフリカの高校との試合ですかね。もちろん優勝を目指して臨んだ大会でした。



南アフリカのパールボーイズとの試合で、終了間際、1トライ、5点差の状況だったんです。そこから仲間がなんとかトライを決めてくれて、コンバージョンキックが決まれば逆転勝利の状況でした。



そして最後、僕がそのキックを外してしまい、同点になり、トライ数の差で負けてしまったんです。試合後、辛すぎて、号泣で歩くこともできませんでした。それでもチームメイトのみんなが慰めに来てくれて。。
ほんとうにこのチームで良かったなと感じた瞬間でした。




A いい話、、(泣)現地で観戦してみたかったです。。。



ただ南アフリカの高校には負けはしましたが、国内の高校相手には81戦負けず、花園では3連覇を達成されました。



3連覇の瞬間ってどんな気持ちだったのでしょうか?



毎年、その一瞬一瞬は格別に嬉しかったです。ただ当時は、連覇や何連勝っていうのはあまり意識していなかったので、それぞれ一戦一戦の積み重ね、という感じでしたね。



それよりもチームの仲間たちと毎試合戦ってこれたことが楽しかったですし、振り返ると、宝物ような時間でした。


_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6916.JPG



A高校生ながら、立派な大人たちのようなマインドですね。。普通ならプレッシャーに押しつぶされそうな気がしますが。。




さて学校生活についてお聞きします。


 今では福岡県では数少ない男子校にして、スポーツ最強で有名な学校。


 どんな高校だったでしょうか?

 


F ヒガシは文武両道で勉強スポーツをする環境が充実していて
人間として成長させてくれる場です



A いや、お城ですね、、、、笑 


_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6917.JPG


観光名所になってもおかしくありませんね、、、、、


 おすすめする理由も何となくわかる気がします。


ヒガシは今年も花園出場が決定していて、現在も花園の大会真っ只中です。




そんな後輩たちにひとことエールをお願いします。



F 一試合一試合を大切に、自分たちが準備してきたことをグランドで100パーセント出せるようにやりきってください。そして思いっきり楽しんでください。



A きっと今年も頑張ってくれると思います!



東福岡高校の活躍、そして年明けのトップリーグカップ戦の藤田選手の活躍、期待しましょう!


今回もありがとうございました。




何かご要望ややってほしい企画、質問などがありましたら、コメントにてお願い致します。




それではまた次回にて!