年に一度の贅沢、悔いなし
決して宿中心ではない、泊まる人中心のありかた。普通の宿が真っ先に手を抜くところ(最低限のそうじですませる、朝食や夕食時間をそろえる、部屋着での食事を禁ずるなど、宿はそうとう楽になる)を常に気を抜かないで絶え間なく進化している。
20年以上のおつきあいで、板さんもずっと同じ。全くお料理の質が落ちません。
驚異の宿。

新潟  著莪の里 ゆめや
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1847.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1849.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1853.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1864.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1855.JPG