ローマには、そこそこ安くておいしくて店員さんが明るくて気楽な店が山盛りある。
山盛りあるから、人々はよほどの観光客用の高くてまずい店以外、食事で決して失望することはない。それがローマ人たちをいつも生き生きさせてる。
このレストランは、いい意味でギリギリを攻めている。うわあ、若い人たち用のカジュアルな店?と思うのだが、どんなに悩ましく見えるフロアの人たちも、ギリギリで何か大切なものを守っている。そのバランスがすごくて、経営陣の志を感じる。
味はイタリアのイタリアンそのもの!
とにかく、なんかいい、なんかちょうどいい。東京におけるカジュアルな店という基準だと、奇跡的。

渋谷 ビオデナミコ

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7196.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7197.HEIC

働く人たちの不思議なクールさはすでに彼の国
たまにすんごいスパイ風ロシア美女が出入りしたり。
場所もヤバい。
でも、完璧なロシア料理、全く日本に寄せてなくてすばらしい。壺焼きもボルシチも羊もつけあわせの芋までもすごいクオリティ。グルジアワインやウクライナのウォッカもある。
いつも予約が取れないお店だけど、こんな時期だから取れました。地下だけど清潔感もあり、旅をしたみたい。

新宿 スンガリー

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7068.HEIC
xbj0iirZ6N.heic
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7072.HEIC
FZlH52BiJy.heic
KcO7Q2hvCL.heic

自粛期間の遅れを取り戻すかのように、追い上げる私(対策はちゃんとしています)。
ジャニーズの店に入場制限があることにより、やっと行けた。いつもむちゃくちゃ混んでいたので。
このラクサのスープの海老🦐感はほんもの。見たところカヤトーストやチキンライスもちゃんとしていた。
ビールの冷え方も完璧!
なにより店のお姉さんのたたずまいが「できる人」「わかってる人」。
目と目が合えばわかる、互いのできる感!
小さいサイズもあるし、また行きたい

原宿 Singapore holic  laksa
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6367.HEIC

↑このページのトップへ