おせちはよく紹介しますが、おうちレストランは私もなかなかお伺いできず!
予約が取れないことや、いち子さんがお忙しいから。
「ふなふな船橋」の打ち上げだから自腹ではなかったのですが、残しておかずにいられない😆
季節の旬の取り入れ方や、セクシーな味つけに惚れ直しました。

上野毛  キッチンボルベール
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3682.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3681.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3680.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3686.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3687.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3688.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3689.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3690.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3692.JPG

全くブレないどころか、どんどんおいしくなり、遊び心も失ってない。すごい人たち。
お店は常に清潔で、オープンキッチンなのに全く気負わずコツコツ作るご主人。
ワインの合わせが完璧な奥さま。
カウンターでなかったらひとり2万以上だろうと思う。でも彼らはこのすてきな形態を選んだ。そこもすてき。

いろーんなビストロに行った、パリでも。
でも「ビストロエビスがいいな」といつも思う。日本の良さを感じずにはいられない、旬の味😋

恵比寿 ビストロエビス
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3641.JPG
Tx_GO7W9tU.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3645.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3646.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3647.JPG
rqrXq0jbLd.jpg

あくまで旅先でふらりと見つけた風の軽さ。
カタログやデータ的なものではないから、担々麺の店で担々麺載ってなかったりします。
写真もスナップ程度
基本は自腹で行ったお店のみ。
そして、記事として読んで、心に残った一行やひと皿のお店に、ある日たまたまふらりと寄ってほしいのです。

写真はいきなりステーキのヒレ
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3638.JPG

↑このページのトップへ