エチゴヤの話の前に、先日行った文京区のとある中華。ミシュラン系シェフがいるだかいただかで、すごい天狗。
スケスケの店のガラスは汚れで曇り、廊下はヘドロ並みのホコリ。トイレはモップ出しっぱなし
味は化学調味料の塊。ラストオーダーと言いに来てさえいないのに、ドリンクを追加したら、
「もうラストオーダー終わって、締めてましてね〜」
と迷惑そう。
店員たちは無駄話ばかり。「3000円のコースでお願いしますって言われたけど、うちは5000円からですって言ったんだよ!」とか言って笑いあってる。それが丸聞こえ。
時間の問題…

さて、エチゴヤは、元々のお肉屋さんにカレーショップとレストランが併設。どこも上等な肉と家族の姿がある。安くて感じよく全ておいしく、手塚治虫先生もいらしたそう
何より、一族のプライドが感じられる。
お金もうけじゃない、富士見台にエチゴヤありなんだ!という気概。
お肉屋さんで買ったローストビーフの並べ方も、愛

富士見台 エチゴヤ
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4202.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4204.HEIC

なんてていねいな、まじめな味。
流したり、こんな感じで、というところが全くない。
隅々までおいしい。
魚ばかりなのに、決して飽きない。
頭を下げて静かにいただきたい、そんな気持ち(うるさくしてしまいましたが!)
人にごちそうになったお店はあまり載せないのですが、おいしかったから思わず例外にしてしまいます。

神楽坂 ほそ川
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4150.JPG
zcd11jcqR_.jpg
agjPeC93o7.jpg
Gu94VnAqR5.jpg
Zr50yp8L5w.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4147.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4150.JPG



シェフは体力気力向上心直感を兼ね備えた、いちばん良い状態。
マダムは落ち着き理性技術知性を磨いた安定の存在。
このふたりが組んだら、世界に誇れる水準のイタリアンレストランが育った。
ふたりの歴史を早いうちから見てきたから、感無量
なかなか予約が取れないが、行けたら全部任せられる

葉山  イル・リフージョ・ハヤマ
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4008.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4009.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4010.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4011.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4012.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4013.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4014.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4015.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4016.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4018.HEIC



↑このページのトップへ