月別アーカイブ / 2019年11月

JFBF のFLATLANDコンテストにジャッジとして参加して来ました。

既に、TOKYO 2020 オリンピックにはBMX PARKが正式種目として決定してる事は、殆どの人がご存知の通りですね。

そのオ○ンピックに出場するライダーを、決める為の大会でもあるJFBFのJAPAN CUP。
実は、現在2024 FLATLAND も決まるかも!?
と、言う重要な時期に突入してます。
その為、アジアやヨーロッパでも様々な動きがあります。

そんな中、開催された今回の大会。
#マイナビJAPANCUP

PxWWo6U5wh.JPG
前日から、京都入りして連盟や選手から様々な意見や情報を聴き勉強。
凄く有意義な、時間でした。

大会は、次世代の活躍が素晴らしかったですね。
そして、圧倒的な強さを誇る世界チャンピオンの佐々木 元。
アジア大会も、ジャッジしましたがやはり彼の強さは一番重要なタイミングで大きなプレッシャーを跳ね除けるだけのメンタル。
練習量と、高次元なスキルで予選、決勝共に圧倒的な強さを魅せて年間ランキングも堂々の1位を獲得してました。

リザルトは、下記のLINKでcheck出来ます。


8maM2IvOCy.jpg
URggvXZNtp.jpg
NBvsjHb9Y0.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0704.HEIC
BNARiFGbxU.jpg
VdIILKN9Tb.JPG
fGEF9b5kmL.jpg
N9CuOuypNU.jpg
ZisrA5XpOu.jpg
P65PmbnNh8.JPG
WUN1fUdBc3.JPG
IAYfb5WftX.JPG
xMwCUUE4el.JPG
今回のフロアも大会員長の出口と委員の西川が時間を掛けてセットした想い入れの強いフロア。
完成された平らなステージ、来年の大会自体の進化にも注目が集まりますね。

JFBFに、ついては下記のHPを是非checkして下さい。

11/18 
愛知県江南市のオートサイクルショップ後藤さんの夜練に参加して来ました。
全国的に、フリースタイルBMXを頑張ってる若い世代が沢山居ます。
日本でも、このカルチャーが根づいて行ってくれたら最高ですね。

集まったタイミングで、カスタムについても話し合ったりします。
初心者の子は、特に転倒するので軽量でフロアや、フレームにも優しい 軽量なプラスティックペグがオススメですね!
コレから、寒くなってくので握り易さもアルミや鉄製のペグより遥かに良いです。

最初のカスタムには、オススメのパーツの一つです!

57Ry_GLXL1.jpg
V-BARは、軽量で低いセッティングに出来る為、FLATLANDは勿論!本気のfreestyle PARK や STREET KIDS ライダーにもオススメのハンドルバーです!

メーカー在庫は、ラスト9本のみです。

Color: Mat Black
4130 Full Cr-mo

Height 200mm(7.9inch)

Length 674mm(26.5inch)

Up Sweep 3°

Back Sweep 10°

Weight : 705g


8Sdh5XdGLO.JPG
フレーム V  FRAMEも ワールドフェイマスのVIKI Gomez デザインです!
軽量で、強度の高い最高のプロダクトを是非checkして下さい!

↑このページのトップへ