月別アーカイブ / 2018年02月

平昌オリンピックが始まりました。
オリンピック大好きな私にとっては、競技日程を確認したり、テレビを観たり録画したり、深夜のスポーツニュースや新聞のチェックとなかなか忙しい毎日です。

昨日の夜もNHKのジャンプ女子ノーマルヒルの生中継を観るつもりでいました。
ところが、たまたまチラッと目に入った民放のアイドルの特集番組。
青春時代の懐かしいアイドルが次々と紹介されていてすっかりハマってしまいました。

その中でも、石野真子さんの「狼なんか怖くない」に釘付け。
あのイントロが始まるとなんだかウキウキしてくるんですよね。
昨日気付いたのですが、作曲は吉田拓郎さんだったんですね…なるほど。
恥ずかしながら、今でもお風呂で歌ってることがあります。

あの頃のアイドルってなんかこうお嬢様っぽい人が多かったような。
言葉遣いが品がよくて可愛い感じなんです。
キャンディーズのインタビューなんか聞いていると「~なのね」とか…
今の若い人が使わなくなった、女の子っぽい話し方と声なんですよね。
その当時はそれが普通で特になにも感じなかったのでしょうが、今聞くと本当に可愛らしい。

「よかったなぁ~あの頃…」
っと、昭和を懐かしむフレーズが出たところで…

オリンピック中継にチャンネルを変えた私でした。

高梨沙羅ちゃん、銅メダルおめでとう🎉
よかったね😢

昨日はメダル3つ!

明日の平野歩夢くんのハーフパイプ決勝が楽しみです。
新潟県村上市出身、全力で応援します!


❄ ⛄ ❄ ⛄ ❄ ⛄ ❄
20180213_161054.jpg
除雪で山のようになった雪。
お隣さんの車庫の雪もなだれ落ちてきて、もうどこがなんだったのか分からない庭です。

全部融ける日はいつでしょうか…

東京から新潟に戻って、はや10日。
いまだに気持ちは東京にある私です。

東京滞在中に撮った写真を見ては、「はぁ~~」とため息。
あの青空の下に行きたい…

だって新潟はまた雪❄
ていうか、ずっと雪です。
今日も出勤前に2時間除雪。
職場で2時間除雪。
仕事帰りの道はボコボコのツルツル。

そして、職場ではインフル流行中。

…ストレスたまります🙍



不忍池からのスカイツリー(1月29日撮)
20180129_142102.jpg20180129_141957.jpg
ここは、春になれば桜が、夏には蓮の花が綺麗なんだろうなぁ。


上野恩賜公園の西郷さん(1月29日撮)
20180129_143922.jpg
初めての対面でした。
体の割にお顔が大きい。


前記事の旧岩崎邸庭園を見学した後、湯島天神に行こうと思っていました。
けれども、旧岩崎邸にすっかり魅せられてしまった私は、行くのを忘れてそのまま帰ってきてしまいました。
悔いが残ります。

次の機会には
🌹旧古河庭園→🏠旧岩崎邸庭園→📖湯島聖堂→🙏湯島天神→⛪ニコライ堂
このコースで行こうと思っています。
(行く順番はこれでいいのかな?😅)


ベランダからの朝の富士山(1月28日撮)
20180129_072444.jpg

早く春が来ないかなぁ🌸

1週間前の東京。
旧古河庭園を後に、山手線で上野へむかいました。
上野駅から歩いて15分くらいだったでしょうか。

旧岩崎邸庭園(重要文化財)です。
20180129_140855.jpg
三菱の創業者である岩崎弥太郎の長男で、三菱第三代社長の岩崎久弥の本邸として明治29年に造られたものです。

この日は見学者がそれほど多くなく、邸内の写真撮影もできて、ゆっくり見て回ることができました。

とにかく素晴らしくて、私はずっと感動しっぱなし。
ひとつひとつ写真を載せて説明したいところですが、ものすごく長くなりそうなので、ひとつだけ。

洋館2階客室の「金唐革紙」の壁紙
20180129_131820.jpgもともと、ヨーロッパで壁の内装に用いられた金唐革の技法を和紙で再現した日本独特のもの。

私の下手な写真ではこの素晴らしさは伝わらないかもしれませんが、凹凸があって立体的、そして本当に綺麗なんです。
金箔が使われていますが、派手とは感じません。
むしろ癒される感じ…
う~ん、上手く言葉にできなくて歯がゆいですが…
当時はこの洋館のあらゆる壁に「金唐革紙」が使われていたそうですが現存してはおらず、現在は2階だけ復元されています。
興味のある方には、実際に見てほしいです。


あと少しだけ紹介させてください。


🔶階段下の柱の装飾
20180129_131442.jpg

🔶美しすぎてずっと見ていたい階段
20180129_131547.jpg

🔶洋館と和館を結ぶ「船底天井」の廊下
20180129_132354.jpg

まだまだ紹介したいところは沢山あるのですが、きりがないのでこの辺で。

旧岩崎邸洋館は旧古河庭洋館と同じくイギリス人建築家ジョサイア.コンドルの設計です。

今度は建築に詳しい娘と一緒に訪れたいと思っています。

↑このページのトップへ