月別アーカイブ / 2019年07月

Eaan0KGXP1.jpg

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。

監修をお手伝いしたジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中ロ朝鮮半島の激変から人とお金が向かう先を見抜く 』(講談社+α新書)が大反響で発売後たちまち3刷となりました

東洋経済オンラインの連載の中でインタビュー秘話を掲載しています。

ジム・ロジャーズ「私なら10歳で日本脱出計画」
「滅び行く日本」にしがみついて生きるのか


厳しいメッセージを発信しているにも関わらず多くの人に関心を持ってもらえたようです。

「日本の悪いことを言わないで」というメッセージも多かったものの、「目が覚めた」という読者も多かったようです。


どの国で国籍を得て、資産運用をして、子育てをして、仕事を持って、バカンスを過ごして、老後生活を送るのが有利なのか。
その場所は一つの国に止まらないことも多々あります。

このPT(終身旅行者)という考え方は欧米ではごく一般的です。

日本は国籍を持つにはよい国ですが、ビジネス、資産運用、居住地(子供の教育も含めた)としては他にも選択肢があると言えます。

私のメルマガでは、国家というシステムと個人の幸福とをテーマにいかにして抜け目なく生きるかをお伝えしています。

時として、国家というシステムによって個人の幸福は守られたり、脅かされる場合があるからです。


時代の過渡期に翻弄されることなく、ガッチリと富を得て、どこの国でも生きられる華僑のように賢い日本人になりましょう。初月は無料なのでぜひお試しください。

HFBYoGS8UC.jpg
監修をさせていただいたジム・ロジャーズ氏の本が本日7/20発売になります。
発売前からアマゾン総合2位!カテゴリー1位!
シンガポールの紀伊国屋書店に並ぶのに少し時間がかかるかもしれません。8/3に著者によるサイン会が本店で行われる予定です。

『日本への警告 米中ロ朝鮮半島の激変から人とお金が向かう先を見抜く 』(講談社+α 新書) ジム・ロジャーズ 花輪陽子他 監修 7/20 発売

日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書) | ジム・ロジャーズ, 小里 博栄, 花輪 陽子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでジム・ロジャーズ, 小里 博栄, 花輪 陽子の日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。ジム・ロジャーズ, 小里 博栄, 花輪 陽子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く (講談社+α新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
www.amazon.co.jp

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4534.PNG


yz9AwFf026.jpg
まぐまぐの有料メルマガ「花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編」を隔週で発行します。


詳細はこちらから。

花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編 - まぐまぐ!
シンガポール富裕層の教えを受けて、駐在妻から海外で起業と資産運用を実践。読者の皆さんの一歩先を行くメンターとして、FPという専門家としても、メルマガで実践的なノウハウを提供。Q&Aにも回答。
www.mag2.com
 

日本居住者の方から海外投資のご質問を多数受けるようになりました。


また、「どうしたら本やコラムを書いたり、発信できるようになるのですか?」

「好きと得意を見つける方法を教えて下さい」

「どこの国に住むのがトクですか?」

「どこのインター校がいいですか?どうやって入る?」

などといったフリーランス&起業のキャリア形成や

グローバルライフプランニングの相談を受ける機会も増えました。

 

メルマガでは赤裸々な記事が読めるだけではなく、Q&Aにも回答していきます。

FPなので現実的で実践的なアドバイスをご提供できるように心がけます。

 

海外居住者向けには、シンガポールでできる資産運用のお悩み相談の会員サイトも立ち上げました。

無料で読める記事もありますので、まずはぜひ無料登録を!

 

「海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消する」

100 My Life Plan|海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消する
海外、特にアジア圏に住んでいる日本人は、自分のお金や資産運用に関してどうしたらいいかという漠然とした不安を持っている方が非常に多いです。 人生100年時代、成長期にあるアジアでどのようにしていくべきなのか、みなさんの疑問・課題を集めてし、様々な解決策を共有解していくサービスです。
100mylifeplan.com


↑このページのトップへ