昨日のその1と合わせて、歴代衣装と写真1枚毎に添えられた言葉、そして応援への感謝の言葉を見ながら、また涙が溢れてきました。

ライブでこの曲の演出を観た時の感動と衝撃が蘇ります。
歴代衣装全てを纏ったマモちゃんが一斉に踊り出した時には号泣しました。

10年の軌跡と魔法みたいな奇跡を感じて、そしてこれから先の固い約束も同時に貰えたような感動。

ラジスマにツアーの感想メールを送った時に、このMagicの演出を観た時の感動を書いたのですが、今日のブログが手紙の返事になっているみたいですごく嬉しくて…

10年間、楽しいライブをありがとう!!!
そしてこれからもよろしくお願いします!!!

KING SUPER LIVE2018、楽しみにしています(*^ω^*)

おめでとうございます💐🎂
10周年の節目でもある35歳の今の顔には、培ってきたものが滲んでカッコよく、そして美しくもあり見惚れます。
これからも思うままに突き進んで新しい景色を魅せ続けてください!
Because the life's so EXCITING!
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9711.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9710.JPG

宮野さんのブログがグランプリを受賞しましたが、計らずもこのタイミングでブログが止まっています…

29日の公演中止は、当日観劇された方や観劇予定だった方、そしてキャスト・スタッフの皆さん、それぞれにとって本当に残念で悔しい悲しい出来事だったと思います。

座長である宮野さんのブログの言葉も本当に胸が痛くなるものでした。



余程の事情がなければ予告なくブログを休止する事のない宮野さんのブログがそれ以降止まっている…

その意味や心情はこちらには想像しか出来ない。
ブログを突然休む事でファンが心配する事も承知の上沈黙しているのは、たぶんそれ以上に譲れない何かしらの思いがあるからなのだろうと。

確かに公演中止はあったけれど、その後もブログのグランプリ受賞の喜びとか、今日上弦チームが無事上演出来た報告とか、普段通りのブログを続けても何の問題もないはず。

それでも、それがどうしても出来なかったんだろうな…

宮野さんにとって、プロとして観客を楽しませる事はもちろん、まずは約束通りにパフォーマンスを届けるという事は、私達が考える以上に重い事なのかもしれない。


私達にとって太陽のような存在で、共演者にも同様に言われ慕われるムードメーカー。
でもその一方、ライブのトークや仕事への姿勢から時折覗く宮野さんの一面は、頑なでストイックだったり、どこかピリピリとして張り詰めたものだったりもする。

今の人気も実力も地位も、壮絶な努力と経験と人柄で築いてきたもの。
これだけ多岐に渡るジャンルで活躍出来るまでに努力が出来るという事は、それだけ貪欲で自分に厳しいという事。
そして周りが思うほど器用な人ではないのかもしれない。

だけどそのパフォーマンスは、いつも必ずといっていい程にこちらが期待した遥か上をいくもので、これでもかと笑顔と元気をくれるもので。
だから私達はまたそれを観たくなる。
何度でも観たくなる。


毎日のブログ更新は、特に宣言された訳でも約束された訳でもないけれど。
それでもいつの間にか、宮野さんと私達を繋ぐ大切なものになっていて。

明日(もう今日ですが)の公演が無事終わり、笑顔で読めるブログが更新される事を心から祈っています。
でもきっと、また期待以上に私達を安心させ元気にしてくれる言葉が待っているはず!

↑このページのトップへ