19-02-11-14-53-59-767_deco.jpg
何故?
君が家の次男に成ったのか
子供達が巣立つまで
君の存在は私にとって厄介だった
君からしたら私は君の世話係
気に入らない事があれば
牙を向けて嚙み付く。
その上、君は家族以外には
懐かない。
用事があって家を空ける時は
唯一預かって貰える場所は
君の生まれたブリーダーさんだけ
同僚から言われた言葉は
外犬のような家犬だね
躾しなかった私が悪いと
正にその通りだ。
君さえ居なければ
今頃私は自分のやりたい事が
出来たのに……と思っていた
私は最初から犬を飼うのは
反対だった。
私自身が大変な時期でもあった
あるときパパに思ってる事を
ぶちまけた。
君が居なかったら心置きなく
やりたい事が出来たのに。
パパが連れて行けば良かったのに
気に入らない事があったら
何時も嚙み付くし
可愛いと思えない。
するとパパが言った
だったら君を保健所に連れて
行くの?
お前は解らないの?
君がお前を守ってくれてるんだよ
君にはお前しか居ないんだよ
君はお前の事を母親だと思って
唯一甘えられる存在なんだよ
俺は面倒見れないから
だったら保健所に連れて行く?
お前そんな事出来るの?
そんな事は出来無いけど……
と夫婦喧嘩の原因は君
パパと私は子供達以外の事で
喧嘩をした事が無かった。
子供達が巣立ち、
鳥の巣症候群に成った私
かまってちゃんで寂しがりな
私が普通で居られたもの
君が居たからだ。
パパは君に母ちゃんの事を
よろしくと頼んで行ったらしい
君が居るから
パパも息子も娘も帰って来るのだ
子供達の成長と共に君が居た
そして犬神様として我が家を
見守り続けてくれた。
パパは君に会うために
必ず帰って来る
君が居るから会話が無くても
3人で居られるのだ。
君は自分の事を犬と思って無い
ずっと人間だと思っているようだ
間違い無いよ
我が家では君は次男くん
君が看取り期に入って
やっと君の存在や愛、忠実心に
気が付いたよ。
私は人として何か大切なものが
欠けているんだと思う。
君が教えてくれたもの
それが欠けてた部分では無いか
そう思う母ちゃんなのだ。
君を母親から引き離して
我が家に連れて来た時から
私が君の母ちゃんだから。
私の姿が見えないと唸って呼ぶ
ここに居るから
安心して良いよ(^-^)
19-01-17-07-15-29-928_deco.jpg