彼女は、鈴木拓と同じく、木曜日に引越し。
「谷(まりあ)さんみたいに書いてくださいよ。」
と、言われました。
初対面?の頃はこんなん





そんな彼女は、バラエティをしっかりやりたがる人。
「これって、またおじさんの話になってますよ」
って、誰も気づいてないところを拾える人。

"やる月女王決定戦"
では、谷まりあ、若月佑美、鈴木美羽
で、色々競わせる企画で、若いもんが上に噛みつくのが見やすいのを察知したのか
まあ、噛みつく。
「負けるわけない」
「私が1番学生に近い」
「若さが必要な競技」
そんな前フリをして負けてくれる。
負けて負けて、やっと1勝!
大逆転みたいなテンションで喜んで最終問題でまた負ける
ひも引っ張り片足相撲では
枠から足が出る、手を突くで負け
のルールでは負けたくないから、最後まで手を出さず、スタジオの床に
   ゴン!

って、頭ぶつけて、スタッフに心配されたり、
(この辺から、美羽ちゃんの扱いが確定した感じ)
それくらいの負けん気にの強さがあるので、
女優業にいって欲しい。
で、番組宣伝とかで、本気で勝負に挑んで転んで欲しい。
そんな女優さん、みんな応援したくなるでしょ。
でも、本人はモデル業に興味あるのかな。
澄ましてたら凄い決まる顔してるからそっちでも良いやろうなー
ただ、話すとイメージと崩れる感じがあるからなー

(写真多いわけは後ほど)
こうなれば良いなー
とかはあるけど、事務所と本人の意向があるからな。
ただ、現場に来ると、すぐ話だしてくれるので
本番前のみんなの温度を上げれる人。
これはなかなか居ない。
そんな彼女も悩んでた時期があったみたいで、
放送中に、ロケであったり、スタジオであったりのやり方というか、迷いが出たみたいで、
「どうすれば良いですか?」
スタジオの答えは任せてたら良い
と、 出来る人らが居るので任せてたら良い。
僕は当時リモートやったので、聞かれ手に回ってるので
質問が来るまで、割ってまでは参加しないスタイルだったので、
言いませんでした。
これは質問の意図として、
爪痕を残したい
って思われたのかな。でも、美羽ちゃんの質問の意味としては
参加意識を持って何かしたい、居てくれて助かったと思われるような仕事をしたい
て意味やと思いました。 
何かしないと、任せっきりでは居る意味がないのではないか
そんな考えなんやろうなー
情報番組で紹介する人として参加してるなら
全部答えれるようにする
自分がふと思ったことはスタッフに聞いて答えを頭の隅に置いておく。
その質問が出ようと出まいと入れておくのが大事。
それで、スタッフなんて
(お!この子やる気あるな!)
って思ってもらえる。んで、台本にない流れが出てきたら
任せといたら良い
になる。ふとした疑問とか質問に答えれるなら答えて良いし、
無理に面白いコメントをひねりださなくても良い。
あとは、移動中のロケバスのドヨーンとした空気を上げて上げたら良いんちゃうかな。
「アレ面白かったですね!」
なんて言うだけで、芸人なんてイチコロですよ。
そしたら、ほっといても変な人やな
ってバレるから。
あ、詩を書くのが趣味で



はコチラ。
最後の日。
「写真撮って」
と、若月佑美との写真を撮って貰って
やけに長いな?
見てびっくり!!

「こんなにいらんよ」
って、言うより早く、
「エアドロップしますよ」
何それ?
と、僕が携帯出して、もたもたしてたら、
「ちょっと良いですか?あ、これです」
って、とん、とん、とん、って僕の携帯を触ったら
だららららららら〜〜〜
って写真が入ってきた
すげーせっかち
そうか、そんな性格やったのか
と、最後に知った。
腹立つ。
こんなに写真いらん

 

やっぱり、服が好きなんやろうな 
服似合うもんなー


あら?
美羽ちゃんと撮ったのって、この一枚しかないや。
次回、撮って貰おう。
あ、羊乳チーズクッキー今度買ってくる
て話したのに、忘れてた。
それも、次回かな。