昨日のラジオにて



夜中のアイスの破壊力をまだわかってないようで。

「アリノサン、ワタシ、またアイドルニナリマシタ。」
と、カタコトで言ってきた。
どうしたいの?
ワーきゃー言われたいの?
「いや、それは無理です。」
無理だと言うなら、早めに辞めたほうがいいよ。
無理なのは分かってるけど言われたいってスタンスなら良いけど
そもそも、何をもってアイドルやと思ってんの?
と、僕のもつグループアイドル論。
アイドル誌ボムでは話せない持論の少しと、20代にわかる範囲で少し教える。
だいぶん辛口な話となるので



甘いものをあげる。
「ちょっと待ってください!」
と、加工アプリを使われましたが、遠いから加工されてない、景色扱い。写真撮ってコッチに見せる。
「コレで良いですか?」
知らん
の後、ワンショットも撮られる。コッチに見せる
加工してへんやんけ
とは言わない。


石狩の羊牧場のロケ企画が終了し
手伝ってくれはった方やらと記念写真。
ずーっとそれ見てた女性アナウンサー。
金城撮るぞ!
「え?良いんですか」

この命令口調の方が断りづらくって良いやろう
結局、制作が
「背景が悪いからこっちに、いやこっちですね」
と、ウロウロして撮れた。
命令しといて、有野サン全然主導権持ってない。

で、昨夜に戻ります。

「バイクに乗ってて焼けました。」
そんなに遠出したの?
「いや、渋滞で」
化粧水っをべたべた塗って、乳液とか乾いたら塗るってしないと
「乳液持ってないです!」
ヤンヤンガールズ女子3人おるやん、持ってるんちゃう?
聞きに行く、戻る。
「誰も持ってませんでした!」
未央奈ちゃんは持ってるやろ
聞きに行く、戻る。
「持ってませんでした!」
そうか。夜中のラジオってほぼ手ぶらで来たいもんな。

で、本番。
あ、俺持ってたな。
と、ホテルの備品の乳液あげた。


こんがり焼けたハンバーグでも乳液はありがたいようで。


感謝の気持ち は、モスセゴの方へ送ったってつかあさい。