作りたい
と、妻に頼んで具を買った。

帆立貝柱
エビ
イカ
あとは残りものの、
ピーマン、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、生姜、ニンニク、
玉ねぎを妻に炒めて貰ってる間に、
野菜切って、イカサバク。
シーフードカレー作りたい!
て何で思ったのかなー
カレー粉入れる前の野菜スープ作って、
隣のコンロで、シーフードを炒めて白ワインで蒸してその出汁ごと入れる感じが好きなのかなー
て、その段取りを忘れて、
両手鍋でシーフード炒めてた。
酒で蒸して、野菜も炒めて、お湯入れてローリエ入れて、鷹の爪入れて、ニンニク入れて
あー、このいっぱい入れる感じが好きなのかな
「次女ちゃんに、今日パパのシーフードカレーだよ」
て伝えたら、
「あのー、変な感じのカレーかー」
そうだ!
前回は、隠し味に梅干し入れたのに、いつも通りの蜂蜜も入れて、変な味になった!
そのリベンジがしたかったのだ。
完成した。

「パパの作るのはいつも具が大きいんだよね」
て文句を言われたくて、またも大きめだ。
良く噛んで食べさせたいのだ。