月別アーカイブ / 2020年11月

 大友M、岡田M、岡本M、小林M、田附M、松村M、宮島M
辞めたマネージャー消去。
まだ消去したけど、メモってないからもう忘れた
ご飯屋さんも行かなくなったのが多い
お店は調べられるので消去
あと、
会わない後輩も消去。
半分減った。

業務連絡
後輩へ。なにかの報告で久々にかけて来る場合、
誰ですか?
て言いますが、ご了承を。

 

 何年かぶりにベッドから落ちた。
魔空間に引きずり込まれた! 
どうしよう、、、(0.5秒)
ドスン
あ痛っ。
ベッドから落ちたのか。真っ暗の中
「大丈夫?」
落ちた音で起きた妻である。
ベッドに上がる。
うん


良い夫婦である。 

 昨日、11月22日はいい夫婦の日でした。
何をもって良い夫婦ですかね?
夫婦?家庭とはラーメンスープのようなモノだという所に結論つきました。
なにそれ?
説明します。
SNSが普及して、 
一般の方も自分の生活を発信するようになったので、みんな家の事など発信します。
弁当、子育て、愚痴などなど。
なんでも良いです。
みんながみんな発信します。
それで、"いいね"をもらって、それで人気が出たら、書籍化にもなったりする。
芸能の人よりも人気がある方も出たりする。
あ、話がそれかけてる。
少し戻します。 

その夫婦の事を発信した部分は、ラーメンでいう完成型(ラーメン丼に盛られた状態ね)。
スープは余分な物は網で濾されて、綺麗に整えられた麺のような文、色とりどりの具材が乗っかったかのような写真や、読みやすい感じになり
どーぞ美味しく召し上がって下さい。
いいね 欲しい!
と言わんばかりの、
美味しそうでしょ の写真と文。
共感なのか、否定なのか。リアクションを求めて、
酷めに書き上げたり、
羨ましがらせるように、良いように書いたりします。
そんなつもりはないのかも知れませんが、
日常からしたらほんの一コマの切り取り(←ココがラーメンの完成型写真と思う所)。
この時点でもう加工と言えば加工。
本当の日常は手を抜くこともあるし、毎回手間暇かける人も居るやろうけど、毎回は書き記さない。
または、ほんの一コマの為に古い写真を引っ張り出したのか
出かけたりして撮った写真なのか?という場合もあるやろう。
それに比べると、
交際期間ってインスタントラーメンやと思う。
週末同棲?結婚してるみたいだね、的な事話してるんやろうけど、
そんなのはインスタントラーメンです。
もう、業者がトライアンドエラーを繰り返して作ったラーメンにお湯入れてるだけ。
週末同棲は3分で作るラーメンのよう。
片付けも丼と片手鍋だけ。
それに引き換え、家庭ってラーメンスープ。
片付けなんて何個洗い物あることか。何回手を洗うことか。
ゴロンゴロンした骨やら、ネギ丸ごとやら、人様に見せれるような中身ではないくらい、取り切れてないアクもあるし、そのアクをおいてる場合もある。
新婚の頃に思ってたスープではないかも知れない。もっと綺麗で透き通っててって願ってたかも。
自分が思ってた夫婦って、出来上がったラーメンのようなもので、
いざ、自分で作るってなったら、全然出来ひん。
それでも作り続けないといけない。 
夫婦、家庭、所帯を持つってもっと重たい(責任てやつか)。 
でも、時が経つにつれ、具材は増えて、減ってして
もー、近隣住民からは臭い!って言われてるかも知れない。
で、初めに書いた、家庭とはラーメンスープ。
寸胴に入ってるあれです。
煮込みの時間という夫婦の会話と距離こそがその店の味。
そのおかげで丼に盛り付けられるラーメンとなると美味しいかも知れん。
そこしか、SNSに載せへんからね。 
でも、作ってる方からしたら 
これこそが我が家なのです。
各家庭という店によって、
「あーそれ入れるのね、若いなー」
てのがあったり、
「あれ入れて失敗したけど、今は美味しいね」
「そこに手間かけるんだ」
とか、、、、
ん? 
例えが全く伝わらへんくなってる。
まとめると、
他店の作り方に誰も文句言わへん。そこが大事。
厨房はみせへん。
我々の夫婦の形はこれなんです、て完成型のラーメンがSNSに載ってるのかな。
なので、厨房は見ないでほしいやろうけど。
それを引っ剥がす所もあるやろうけど。
この味が好きで作り続けてる。 
良い夫婦ってのは実は他人が羨む関係ではあるけど、
実はその他人用に見繕ってる関係やだたりする。
なので、良い夫婦ってのは無くて
夫婦であり続ける事こそが大事やと思う。
その日その年で味は違うけど作り続ける。
安定なんていらない。
状況状況つどつど変わるもん。
そこに、お互いが支え合える。

PIC_88.jpeg
 (水族館行って当時の彼女に『撮って』って頼んだ1枚。今はかみさん)

本題。
良い夫婦って何?

↑このページのトップへ