月別アーカイブ / 2019年03月

IMG_2447.jpg
 デパートの地下にて、おかず買って帰ろう!って日に
ウロウロしてて、おじさんが一人で柱のとこで売ってた。
大量の瓶の横に山積みのゆず。
僕は欲しいのはサササって決めるタイプなので、待ってる間おじさんと話す。
「何にでも合いますよ。」
まあ、ゆず自体なんでも合うわな。
「この1本に青ゆず40個絞ってるんです。」
40〜50だか言うてはった。それはすげーな。
「本日で最後なんです。」
あ、買う。
買ってびっくり、ほんまに何にでも合う。
ドレッシングにこれ足すだけで、お!ってなる。
炒め物の最後に入れても良い。
お風呂に
は入れない。
っていうのが去年あり、
ラジオのスタッフに誕生日、バレンタインのお礼に持って行こう。
と、久々のお取り寄せ。

 テレフォンオペレーターに色々聞く。
僕の手口は、オペレーターが電話口に出る
「担当の〇〇です、どうされましたか?」
そこで、〇〇さん と、メモる。
で、困ってることを言う、
やり方を習う。
やる。出来る。
おお、できました、ありがとう
「お役に立ててよかったです。」
と言われる。
クレームもいう
ココこうしてないとおかしくないですか?
「そうですね、伝えておきます。」
お願いします。
「他にご用はありませんか?」
はい、ないです。
「では、有野様、ありがとうございました。」
ここでメモをチラ見
ありがとうございました、〇〇サン!
「!!」
少しドキッとしてるい
「いえ、ありがとうございました」
ココ!
口角が上がってるのがわかる返事!
これが好きで、毎回名前をメモってから、オペレーターと話します。
相手も気分良いみたい!

 連れてってもらいました。
帰りに、お誕生日祝いをいただきました。
魔法のレストランってことは絶対美味しいやつ!
写真はもうありません。
ごちそうさまでした。

↑このページのトップへ