月別アーカイブ / 2018年11月

 既に色々と撮影されたりしてたりします。
ゲームセンターCXのもそろそろ、
「あけましておめでとうございます。」
って言うたりする。
年末やなぁ
って、新年のを撮ると、年末やなぁって変な感覚やけど、年の瀬を感じる。
その中で、年末ももう中盤かーって思う仕事。
ボムの連載だ。
だいたい月初めに取材してもらうけど、年明けはお休みを頂いてるので、
早めに来る。なので、12月はボムの取材が2本来る。
新年号と、2月号。
新年号では2018年に予想した 今年くるアイドル
が当たってたかを見直す。で、
2019年くるアイドルを予想する。
これがね、実は結構当たってるんです。
各事務所が
「え!この子くるの?有野が言ってるなら来んじゃね。」
って事務所が頑張るのか
「えー!有野サンがこの子推してますよ!先物買いしましょうよ!」
って制作陣が思い込んだのか
単純に有野サンが見る目あるのか 分かりませんが
実は当たっているっていうのを、ココでだけ発表しておきます。
さて、アイドルを洗い直さないと。

 僕のツイッターのフォローしてる人数です。
ラジオでちょこちょこ触れてはいたのですが、前回のオールナイトニッポンプレミアムで正式に答えました。
僕がツイッターをフォローしてるのは666人までとしています。
なんで?
本音を言うと、ほっといてくれ!
なんですが、そこは仕事場なので、ちゃんと答えました。
でも、ここでもう少し丁寧に。
僕がツイッターを始めたのは 2011年6月。
ツイッター連動企画の連載やったと思います。
mixiのが勢いがあった頃かな。
なので、ひねくれ者の有野サンとしてはそこには入りません。
で、ツイートされるのに返したりも 頻繁にしていました。
どっかの番組が 僕の写真で 僕が言いそうなことをツイートしてて揉めたりもありました。
それなら言うてくれたら書くし、見てる人が戸惑う。
で、本人認証マーク なんてものが出だして それがツイッターやってる芸能人の一つのステイタスになったり、
なので、ひねくれ者の有野サンとしては その本人認証つけていいですか?の確認を ずーっと断り続けたり、
でも、如何にもこうにも 本人認証がある方が良いとなって、つけてもらったり、
フェイスブックが出て、新し物好きの人らはそっちに行ったり、両方したり、
インスタグラムが出て、新し物好きの人らはそっちに行ったり、両方したり、
新し物好きの人らは、気がついたら、ツイッター、フェイスブック、インスタと全部やってて、仕事の合間もずーっと携帯触ってて全くコミュニケーションとらなくなったりして、
あーツイッターだけにしといて良かったー。
と、思いました。そんな激動のSNS時代を生き抜いてきた有野サンです。

 で、本題のフォロー
僕の中で、フォローするのは共演した人です。
 ※相手にフォローされようがされまいが関係ないです。
   ただ、フォローするだけです。僕の気のもんです←ココ大事。
番組のアカウントがあればフォローします。
もっと言うと、
その番組が終わっててもフォローは、しっ放しです。
「このたび終わることになりまして、云々カンヌン、、、。」
のDMももちろんないです。なので、今回のラジオでそこに気づかされたり、
で、フォロー数の増え時ってのがありまして、
年に一回13人ほど増える月があります。
毎日放送でやってるラジオに出てくるヤンヤンガールズ(という女の子ら)です。
これらがなかなかややこしい。
フォローしてされての関係やったのが、
ある程度なのか、基準が全くわからないのですが、ある日フォローを0にしてたりするんです。
披露宴に誰呼ぶ呼ばないが面倒臭い!だったら、披露宴もうやらない!
って感覚に近いんでしょうか?
わかりません。
番組が終わって、でも、アカウントは残ってる小さい怨霊みたいなフォロワーも取り憑いたままやのに、
こっちはまだ現役やのに、小さい怨霊扱いで全部除霊される。
でも、大丈夫なんです。
 ※×1

そんな引っ掛かりのある中、そんなラジオの
有野のフォローの見直し企画があったので、随分スッキリしました。
フォローはしてるけど、ミュートもしてる人も多いのを付け加えときます。
えーひどい!って言われる方もあるかもしれませんが、
ただのネットなので、僕の中ではそんなに重要ではありません。
  ※×2

DssK1fSUUAUEv_X.jpg
 すると必ずつけっぱなしに気づく。
だからなのか、買った服は一回洗わないと着れない人になってる。
Tシャツ、Gパン、トレーナー
新品やから汚いもんでもないやん
って説もわかるけど、洗わないと着れない。
なぜか?
こうなるからだ。
1日中、ポリポリポリポリなんか痒いなーって思いながら
うんこしなかったら 1日中チクチクすることになる。
やっぱり、洗うで正解なんやろう。

↑このページのトップへ