月別アーカイブ / 2014年09月

IMG_0068.PNG
 南条範夫原作、山口貴由画の漫画。
"覚悟のススメ"の頃から読んでた漫画家サン
10巻くらいで引っ越しやなんやで読んでなかったのが、
あ!
と思い出したら完結しててすぐKindle。
一気に読み終わった。
お話は
真剣を使わなくなって、木刀ではなく竹刀で練習するようになった時代に
"駿河城御前試合"を徳川忠長からの命によってやる事になる。
そこに表れた2人。
左腕が根元から無い隻腕の剣士、藤木源之助。
相手は
右足の指の付け根が足の甲まで裂けて引きずる盲人の剣士、伊良子清玄。
試合が始まる頃に時間が7年前まで遡る。
で、この2人の出会いから何で戦う事になるのかまでを描いてる。
漫画の中身も面白いけど、
巻末の山口先生が何故これを描くようになったのか
"駿河城御前試合"の本との出会いも面白い。
こういうのがあると、
どれが実在の人かとかこの流派は?
この試合方式はあったのか?
とか調べるのが面白い。
歴史の教科書には載らないけど、知りたい知識。

IMG_5687.jpg
 楽しかったです。
お昼の生放送なのにオープニングが
"千原ジュニア"サンと、"よゐこ"サンの
初めての3ショットトークから
っていう構成。凄いですね。
公開録音の分は年末あたりに流すそうです。
季節感、凄いですね。
また来年あれば。

IMG_5690.JPG

IMG_5675.PNG
 いよいよ明日。
今日からやってますよ。
公開生放送と
公開収録
やってもらいます。

構成がすげーです。
浜村サンに何してんねん
的な所から、
その人とよゐこサンを!
とか。
オープニングからすげー飛ばして行く感じです。

制作陣の殆どが40歳後半以上やのに。
勿論、朝まで生放送やってから、
スタッフは寝ずに行くみたい。

テレビでやれば良いのに
とは言わない。
ラジオでないと、こんなに集まらない。

追伸
 くっすんとは1秒も絡まないみたい。

↑このページのトップへ