月別アーカイブ / 2014年05月

 ダニーボイル監督の映画。

絵画泥棒の話。

絵画を盗むヤツ
手伝うヤツ
手下のヤツ
巻き込まれるヤツ

って入り口やったのが、
進んでくうちに、その役が変わって来る。
何コレ?
どうなんの?

って進んでって
もー色んな事があってぇ
最後なんでそんなに爽やかになれるんや??

て作品
気になったのは
"28日後"ってホラー
"スラムドッグ$ミリオネア"
"ビーチ"もあるし
"ロンドンオリンピック"の開会式の式典演出もしてるのに、
いまだに、"トレインスポッティング監督作品"
ってでるのが、宣伝部宣伝部の宣伝の仕方嫌やなぁ。
あれ1996年の作品ですよ。


 Kindleに"ZETMAN"が入ってた!
く〜!
一気に"19巻"まで買った。
でも、1冊だけ "ZETMAN パーフェクト"ってのがあったけど
アレなんやろ?
スターターとかは興味ないから買わへんけど、
ん〜〜。
まぁ、久々に一巻から読み進めよう。
新幹線が楽しくなる。
これも"ちちんぷいぷい"の経済効果。

 有野独りの"鎹(かすがい)"ではなく、
別モノ。
「若手とやって下さい。」
と、前のマネージャーに言われて、
言いに来られると断れないので、
(手放しでこっちがやるんじゃなくて、一緒に考えるんですよ)
って意味で、
これとこれとこれと、考えて教えて。
と、いくらかマネージャーに伝える。
それを受けて、こんなのをやろうと思います。

http://www.kadoza.jp/shinjuku/schedule/2014/06/05.php

5人が1人の悩みに答えるライヴ「ごろくにん」

ラジオ的なイベントにしようと思います。
その意味が分からない人は
ラジオ的ってのを確認しに来て下さい。

悩んでる後輩も緊張もするでしょう。
でも、その先輩とは絡んでて知ってるでしょう。
答える4人の後輩も緊張するでしょう。
でも、良く知る人らに囲まれてるんでしょう。
僕からしたら、5人ほとんど知らない人。
そういう意味での"ごろくにん"でもあります。

どうなるか分からないライヴのドキドキの
ヒリヒリする感じ!
堪らないですね。
楽しみです。

6月の思い出にどうぞ。

↑このページのトップへ