月別アーカイブ / 2014年03月

 面白かった!
動物見るの楽しい。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/rankinzoo/

これはムツゴロウさんがロケに行ってて、
ムツゴロウさんが手で触った事がなかった
っていう動物と触れ合ってたり、クリス•ハンフリーさんと絡んでたり、
動物好き好きにはたまらん絡み!
そんなクリスさんのおすすめ動物をランキングで見て、
動物園好きの人が選ぶ次に来る動物園の人気動物のランキング。
あ!
アース撮った人のゴールデンウィークに公開される"ネイチャー"の映像がちょっとみれたり、
その監督の選ぶ何かのランキング映像があったり、
それをスタジオで見て、
あれは何だ?
これは知らない、何だ??
そんな疑問に、名誉園長のムツゴロウさんが答えてくれたり、
ちゃんとした、海生物博士と陸動物博士が分かりやすく教えてくれたりする。
理科の授業の豪華版!

蛇足

そんな番組の前説を"ヒカリゴケ"がやっていた。
前説、すげー笑かしてるなー
お客さん暖めるの上手なスタッフやなー
なんて思ってたら、後輩やった。
「前説ウケてたなー。」
「ありがとうございます!」
「どこの面白いスタッフやと思ったら後輩やん。」
「はい!ありがとうございます!!」
「でも、前説ウケてる芸人でうれた人見た事ないけどな。」
「、、、、、。」

ってのも踏まえて放送お楽しみ下さい。

サンキウホワイトデイ

  僕の中学時代(1986年辺り)バレンタインデイのお返しで、告白がオッケーならマシュマロ。
告白にゴメンナサイならキャンディ。
とか、そんなんがあった気がする。
でも、昨今ではバレンタインデイはそんな事ではなく、職場の人にあげる。
職場の人はそれにお返しをする。
お菓子業界が潤うだけの日となってる。

 学生時代の僕はといえば、
休み時間にトイレに行って、次の授業用の本を出す。
   ※僕が席外してる間にバレンタイン入ってるかも!と、机の奥まで手を突っ込んで、パンのカスしかない。
移動教室から帰って来てから、
   ※✖︎2くりかえし

帰り道、
「有野くーん!」
て呼び止められて!!
「あんたちょっと告白しぃさぁ。」
って言われるかも。
その隙を与えてあげないとな、男って大変やわ。
て思いながらすげーゆっくり帰宅。
すると母親に
「何時や思てんの!不良やな!!」
と叱られる。
で、
「はいバレンタイン。」
と板チョコをおらう。
「今年は森永やで!」
てな感じ。
こっちの想像する事は
毎年、全くなく。
女子同士で、"友チョコ"なるものを与え。
男子同士では、"ホモチョコ"なるものを与えるそうだ。
ドキドキが全くない。

で、現在、ぼくみたいな妻子持ちの腐れ芸人にも職場ではアイドル達がチョコをくれる。

なので、ちゃんとお返しをする。
「私、あげてないですけど!!」
と言われても、くれた女性は全員まんべんなくれているので、
「君、くれてへんかったからナシやな。」
とは、言えないので全員に差し上げる。
「私あげてないのになー!」
と何回も言われると、42のオッさんは少し傷つく。
あげたら、迷惑やったかな、と。

なので、土曜日のラジオの女性陣にも
差し上げる。
15個。
高かった。
なのに、まだ、Twitter、ブログ、一つにもお礼が上がっていない。
別にええけど、お礼は言われたいねんな。

1394903912775.jpg

こういうお礼でも、全く問題はない。
どこかしらで、お礼を言うのが大事。
ごちそうさま
の一言は要ります。

 Twitterをやってると、@マークで話しかけられる事がある。
勿論、コチラへのメッセージや。
知り合いからのモノは読むし、
映画の感想も読ませて頂く。
便利やなーってシロモノ。
誰にフォローされた
誰が気に入りに入れた
誰がこの記事をリツイートした
と知らせてくれる。
そんなTwitterの僕の中での遊びが、"ブロック"である。
これは後輩に限定してやっている。
後輩が嫌がって、次に会う時のコミュニケーションにもなっている。
「ちょっと有野サン、ブロック外して下さいよ!!」
「アカンで、次はスパムを報告ってヤツにしてやるねん」
「止めて下さいよ!」
てな感じ。

でも、人によっては
「ブロックを止めて下さい。気分が悪いです。」
ってのが@でお知らせしてくれる。
でもなぁって思う。
ブロックしてるってのをツイートしたりする僕も悪いのかもしれんけど、
個人的に楽しんでるモノで
僕という人間を面白がってくれてるからのフォローやと思うんです。
だったら、ミュートにしてくれても良いのに。

あ!こんな感じ
公園でやってる"鬼ごっこ"
「鬼が可哀想でしょ!」
って言うてる感じ。
「鬼決まってみんなが走って逃げてるのは見てて気分が悪いです。」
いやいや、あのね、でも、説明面倒くさい。

そんな中、誰にも見れないグループでのみ見れるLINEっていうのがあります。
ココでの僕の楽しみは
"既読"てのがある。
それが付いてはじめて相手は読んでもらえたと思うし、
"既読"したら返信いれて欲しい、となる。
"既読"付いてるのにほっとかれるのは寂しい
それが"LINE"の文化。
そこで僕がハマってるのが"既読"を付けない。
nose.jpeg


2件づつ増えましたが、ほたらかしです。
楽しいです。
言うほどでもないし、て思ってるでしょう。
だって、読んで下さい!
ってほどの事ならメールで来るやろうし、
大事なら電話で伝えるやろう。
そのどれにも当てはまらないのが"LINE"なんやろう。
ネット内も遊び方は自分次第。
"退室"しないのが僕の遊び方。
ただ、こんな先輩居ったら鬱陶しいってのも気づいています。

↑このページのトップへ