月別アーカイブ / 2012年10月

 姉妹にババ抜きを教える。
みんなにカードを配る。
同じ数字のカードを見つけて捨てる。
これで10分以上かかる。
長女はゆうくりやけど、確実に同じ数字を見つけられる。
次女はまだ難しいようや。
「コレとコレは同じ数字じゃないかな?」
「あ、そか。」
で、ゲームスタート。
手伝ってカードを捨てたので、次女のカードは覚えている。
次女がババを持っているのも。
次女が引く。
カードが揃う。
でも、捨てない。
「次女チャン、今のカード同じ数字のなかった?」
「あ、そか。」
捨てる。
次女、長女に引かせる。
「あ、ちょとまって。」
何をするのか?
ババを抜いて自分のお尻に隠した。
次女よ、ババ抜きとはそういう事ではないのだよ。
カードが少なくなって来て次女が言う。
「ばばぁぬき おもしろいねぇ!」

抜かないで良い所でカードを抜いて
要らない所に"ぁ"を入れる。
実に天の邪鬼、父似!!スマヌ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121026-00000014-isd-game

ニュースに!

http://topics.jp.msn.com/digital/game/article.aspx?articleid=1483541

確かに夢のような時間やった。
それがコチラ。

http://www.nintendo.co.jp/nintendo_direct/index.html#121025_m5

ツイッターに外国人からの書き込みも!
社長、ええ人やったなー。
これまでお話さしてもろたクリエイターの中でも
物腰が柔らかく、説明も丁寧。
良い学校の校長先生みたいな感じ。
終わってから、スタッフと話してたら、
アレ岩田サンが作られた
って話を色々聞いた。
あのシステム
あのゲームのあの部分
あの、、、、

と改めて、
凄い人やん!って思いました。

昭和の時代の仕事のやり方、獲ってき方、
のお話も面白い。新人とかベテランとか関係ない。
あの時代で頑張って来た人の凄い所は
頑張る程に
やらないといけない事が増えているけど、
やりたい事
やるべき事は変わってない。

バルーンファイトやってる時に黙ってたのがもったいない!

またお話さしてもらいたい!
社長の手が柔らかいうちにまた!

パンの焼く前の生地を思い浮かべたら岩田サンの手の弾力が解ると思います。








IMG_2085.JPG


なんじゃこりゃ?
ですよね。
何の格好してるかというとコチラ。

http://www.nhk.or.jp/nagoya/kintoku/

そうです。
松尾芭蕉の事色々教わって来ました。
こういう授業やったらもっと国語が好きになったと思う。
NHKですよ!
10月26日(金)午後8:00~8:43
お楽しみに。

IMG_2090.JPG


※本編と写真は関係ありません。

↑このページのトップへ